【カノジョの妹とキスをした。2】 海空りく/ さばみぞれ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

初めての恋人・晴香と付き合って一ヵ月。親が再婚し恋人とそっくりな義妹が出来た。名前は時雨。晴香の生き別れの妹だ。
俺はそんな義妹とキスをした。重ねられた時雨の唇の感触が忘れられない。晴香とキスはそれに塗り潰されて思い出せないのに。時雨を異性として意識する時間が増える。
でもそんなのは晴香に対する裏切りだ。俺は晴香との仲をもっと深め、時雨と距離を置こうとする。
だが俺がそう決意した日、時雨が高熱を出して倒れてしまい……?
彼女の双子の妹からの告白。高2の夏休み。お泊りデート。動き始める“不”純愛ラブコメ、『堕落』の第二巻!
これは、とんでもねーなあ。いや、これはもう博道に同情してしまう。
てっきり、悪いと思いながら裏切りと知りながら、徐々に時雨の愛に蕩かされていく、堕ちていく背徳一直線の不倫モノになるのかと思ってたんですよね。
ところが、博道は想像以上に誠実で晴香に対して一途でした。自分が信じた愛に初々しいほど一途だったのです。時雨の誘惑をはねのけて、晴香から目を逸らさなかったのです。時雨とキスしてしまった罪悪感が、余計に彼を一心不乱にしてしまったのかもしれません。時雨の愛の深さ、愛情の激しさをその身に体感したことによって、より晴香への愛情の深度を高めてしまったのかもしれません。
それが、自分を追い詰めていくとも知らずに。
これ読んでいると、博道が晴香を裏切って後ろめたいことをしているというよりも、博道が精神的に追い詰められていく中で時雨の存在がどうしようもない救いに見えてくるんですよね。博道は悪くない、これは仕方のないことなのだと思えてくる。彼の晴香への愛情は本物で彼は一途に晴香に愛を捧げているのに、それを一方的に否定し踏み躙ったのは晴香のように見えてくる。
あのシーンあの瞬間、繊細で純真だった少年の心が、ズタズタに傷つけられたのは間違いないんですよね。センシティブな問題が絡んでいるとは言え、彼の愛はその相手から一方的に否定されたのである。汚らわしいものとして嫌悪されたのである。
それは、価値観とか恋愛観、愛情の在り方の相違であってそれだけならどちらが悪い、というものではなかったと思うんですよね。本来なら、それは話し合いや対話、コミュニケーションの積み重ねによって擦り合わせていくべきものなのでしょう。しかし、晴香は過去の家族崩壊に関するトラウマや父親からの刷り込みなんかで自分の恋愛観に疑い一つ抱いていなくて、それが絶対正しいものだと考えているようなんですよね。一方で博道の方は時雨との事での罪悪感も後押ししたのでしょう、自分が悪いと決めつけ思い込もうとしながら、晴香の恋愛観の方に無理やり自分を合わせようと四苦八苦しながら、晴香への愛情の深さ故に自分の中からこみ上げてきた自然な想いを否定する事は出来ずにいた。晴香の恋愛観を肯定してあの時の行動を間違っていたとするのは、そのまま自分の感情を想いを否定すること、晴香への愛情そのものが間違いだ、ということになってしまう。
晴香に対して誠実であろうとする、彼女の愛情の在り方に寄り添おうとすることが、自分の晴香への愛情を否定することになってしまう矛盾。そして、自分が信じてきた愛情が、否定どころか嫌悪されて踏みにじられた事への痛み。愛をただの肉欲と貶されてしまった悲しみ。それが、少年を苦しめ疲弊させていくのである。一緒に過ごすことが幸せだったはずなのに、恋人と過ごす時間が徐々に苦痛へと、恐怖へと変わっていく。
この変転には、もうなんかゾクゾクしてしまいました。愛している事は何も変わっていない、愛が薄れていっているわけではないのに、心の距離がどんどんと離れていく、幸せが辛いに変わっていく光景は、衝撃ですらありました。
そして、気のおけない義妹である時雨と過ごす時間の方が癒やしになっていく、追い詰められ精神的に崖っぷちに立たされるほどに疲れ果てた博道の救いに、時雨の存在が成っていく。ここで時雨は別に疲弊する博道につけ込んで、博道の愛情を独り占めして奪い取ろうという積極的な行動に出てるわけじゃないんですよね。ただ、博道を否定せずに受け止めているに過ぎない。むしろ、彼の晴香への愛情の在り方を肯定しているとすら言えるんですよね。あれほどの甘い毒を注ぎ込みながら、時雨は博道に何かを求めたりしなかったのです。そんな自然な、自分の価値観を強いしてこない、自分の欲求は伝えてきても、そのために自分に合わせる事を求めてこない、そんな時雨の存在こそが彼の救済になっていくのである。
これ、時雨の存在がなくても晴香とは早晩うまくいかなくなってたんじゃないだろうか。それとも、時雨によって注がれた甘い毒が、博道から晴香と接する際の余裕を失わしめていたから、罪悪感が晴香と正面から意見をぶつけ合う自信を削り取ってしまっていたから、こんな有様になってしまったのだろうか。
晴香も本当に博道を愛しているからこそ、彼にも同等のそれを求めたんだろうけれど、それが彼をどれだけ傷つけたかを想像もしていない以上は、無理解と言われても仕方ないよなあ。
晴香のプラトニックラブの考え方に対する時雨の肉の喜びありきの考え方も結構極端寄りだとは思うのだけれど、博道への理解という点ではこの時点では確かに時雨の方が正確に捉えていると思うし、だからこそ時雨が姉に抱いてしまった憎悪に正当性を感じてしまうのである。
なんか、いつの間にか読者である自分の方にまで毒が回っているじゃないか。時雨の方を選ぶほうが正しいと思えてしまうように作り変えられてしまっているじゃないか。
ラスト、感情に任せて決定的な一歩を踏み出してしまった時雨。前巻のラストも時雨が感情に任せて決定的な一歩を踏み出してしまった事ですべてが始まってしまったわけですけれど、今回もまさに二度と元に戻れない関係になってしまうのか。どう転んでも泥沼は必定、修羅場必至、一瞬たりとも気が抜けないこのお話のどこに「ラブコメ」のコメがあるんですか!?
いやほんとにとんでもねー作品だこれ。