【聖剣学院の魔剣使い 5】 志瑞祐/ 遠坂 あさぎ MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER


「よくもあたしを殺してくれたわね、レオ♪」波乱に満ちた聖灯祭の余韻も残る中、レオニスの前に現れたのは、倒したはずの〈竜王〉ヴェイラだった。暴虐の竜王に脅され、しかたなく都市を案内するレオニス。「大変、レオ君が誘拐されたわ!」こっそり二人を追うリーセリアだが、なぜかプールでヴェイラと勝負することに。そんな平和(?)な時間も束の間、第十八小隊に与えられる〈巣〉の殲滅任務。その目的地である〈死都〉では、魔王軍大参謀ゼーマインが、恐るべき〈不死者の魔王〉を復活させる陰謀を企てていた――!

ヴェイラ、あれで死んでなかったのか。どころか、あれで死んでないのどう殺しても死なないんじゃないだろうか。単細胞生物のスライムでもあるまいに、侵食汚染された部分切り離して自意識も覚醒させる、ってほぼ何でもありなんじゃないのそれ?
不死者の魔王顔負けの不死っぷりである。わりと力押しの脳筋っぽい竜王ですらこれなのだから、段々と情報解禁しだしている他の魔王たちもこれ、絶対死んでないだろうし格下に利用されるようなタマじゃなさそうなんだよなあ。絶対曲者揃いだ。
魔王同士よく衝突していたみたいなことをレオニスは常々語っていたけれど、ヴェイラとの気のおけない様子を見ていると、他の魔王とも別に仲が悪かったわけではなかったんだろうな。単にコミュニケーション方法が暴力的だっただけで。
ヴェイラを案内するレオニスの様子はデートみたいな雰囲気とは程遠かったものの、一応この戦術都市は自分の王国扱いしているレオくんなので、現代初体験のヴェイラに対してどーだすごいだろー、的に自慢気に案内して回る姿がちょっと可愛かった。いや、君が作った都市じゃないでしょうに。
レオくん、わりと中身も見た目相応に子供っぽくなってる疑惑は常々あったのだけれど、魔王時代からの知己であり同格であるヴェイラ相手ですら子供っぽさが抜けないあたり、完全にメンタルも幼くなってるぞ、これ。お陰で魔王ムーブかましている時もちびっこが背伸びしてカッコつけてるようにしか見えないのも気の所為ではなかったのかもしれない。名探偵コナンのコナンくんみたいに小学生してるの演技だけで中身ふてぶてしい高校生なのとは、全然違うっぽいんですよねえ。
それがレオくんの可愛らしい魅力につながっているし、お姉さんたちに可愛がられるのに違和感を感じない要因なのでしょうけれど。
とはいえ、お陰で周りはみんなレオくんを弄り回すお姉さんばかりなので、実は対等に接するヴェイラというのはなかなか新鮮な関係者でもあるんですよね。その他では見られなかった対等な関係に、セリアが触発されてこいつは見逃せねえ、と危機感を覚えるきっかけになるのですが。
今まで、他の女性陣が接触してきてもこんな風に嫉妬を感じることあまりなかったですしねえ。
現実的にも、魔王であるレオニスと対等に接する事のできる相手というのは同格の魔王しかいないだけに、そのヴェイラとこうして気のおけない関係でいられるというのは得難いものなのかもしれません。場合によっては、彼女を眷属化していた可能性もあるんですよね。それを回避出来たのは良かったのでしょう。彼女とは対等の関係であるほうが気持ちの良い間柄でいられそう。
とはいえ、こんなにあっさり遊ぶだけ遊び倒したら出ていってしまうとは思いませんでしたけど。でも、敵側にもヴェイラが生存している情報は知られていないだけに、彼女が遊軍としてフラフラ徘徊してくれているのは、いざという時かなりの助けになりそう。
生存が知られていない、というとまさに主人公であるところのレオニスもまだ封印されてると思われてたんですねえ。
敵側が今度は不死者の王を復活させる、とドヤ顔で暗躍しはじめた時は、なんかもう微妙に間抜けた図に微笑ましさすら感じてしまいました。その魔王さま、とっくに復活していらっしゃいますから。現代満喫していらっしゃいますから。いや、満喫してるのは部下のメイドとわんこの方かもしれないけど。
ただこうしてみるとレオニスの復活というのは本当に想定外のイレギュラーなんだなというのがわかるんですよね。敵サイドはそれなりに綿密なスケジュールと計画に基づいて動いているみたいですし、その中で眠れる魔王が勝手に目を覚ましている事態、なんてのは全く考えられていなかったようですし。となると、その事態を引き起こしてしまった、つまり本来なら絶対に目を覚まさないはずのレオニスを復活させたセリアという娘の異常さが際立ってくるわけです。

さらに、タイトルにもなっている聖剣と魔剣についてもかなり不穏な状況が見えはじめてきました。【聖剣学院の魔剣使い】というタイトル、単にみんなが聖剣使ってる学校の中でこっそり魔剣使って無双します、程度の意味合いだと思っていたのが、聖剣と魔剣に深い相関が見られてきたんですよね。ってか、レオくんが使う魔剣と、今回語られた聖剣が暴走した形での魔剣って全然別物? それともなんか関係あるんだろうか。今の所、レオが使うのは魔王時代から使ってたもので、現代に目覚めたらなんか知らんけど人類が使うように為ってた聖剣ってものに関しては全くレオくん知らなかったので関係は見えてこないのだけど。
ただ、レオの魔剣が女神を殺すもの。聖剣が変転した魔剣たちが、女神を復活させるために焚べられる生贄だというのを鑑みると、関係がないはずもないのか。
ともあれ、ここまで聖剣が怪しいものだとは思わなかった。なんかそういうものとして普通に受け入れてたもんなあ。聖剣の誕生、人類の中で発現するようになったこと自体仕組まれていたのか。となると、どうしてセリアには聖剣が目覚めなかったのか。レオの眷属になって初めて聖剣が目覚めたのか。それにもちゃんと理由がありそう。それに、咲耶が他の魔剣に侵食された使用者と違ってちゃんと自我を保ったまま魔剣を使えるというのも、そろそろ彼女が物語の中心に入ってきそうな予感。
今まで、ワンコと遊んでるのとメインの外側で一人でずんばらりんとヴォイド斬りしてたばかりでしたもんねえ。というか、ワンコと遊んでばっかりじゃないかw
そのワンコことブラッカス、いやもう君実質飼われてないかい? 咲耶の後見の翁はこの誇り高き獣は誰にも飼うことは出来ませぬ、と言ってくれてたけど、実質君学院では咲耶のペット満喫してましたよね。むっちゃ飼われまくってたよね?
本人ならぬ本犬、ご満悦そうなので別にいいのですけど。