【悪役令嬢レベル99 ~私は裏ボスですが魔王ではありません~】 七夕 さとり/Tea カドカワBOOKS

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

RPG系乙女ゲームに悪役令嬢ユミエラとして転生した私。でも実はユミエラは、本編ではショボいが、エンディング後には裏ボスとして再登場し勇者と渡り合うキャラで――つまり超絶ハイスペック! ついゲーマー魂に火がついて鍛えた結果、学園入学時点で私はレベル99に達してしまっていた。
ゲームのストーリーには関わらず目立たず平穏に過ごすつもりが、入学早々レベルがバレて、ヒロインや攻略対象達には魔王と疑われてしまい……!?

パトリック、作中の印象だともっと大柄でガタイ良さそうな大人びた男性なんだけど、デザインだと普通に優男だなあ。
生まれたときから両親の顔も知らずに育ったユミエラ。一度も会いにも来ない両親に対して寂しいとも思わず、自分に向けられる悪意にも敵意にも無頓着なユミエラは感情がないわけじゃないのだけれど、どうにも淡々としている。感情の抑揚が少なく、どんな言葉をぶつけても暖簾に腕押しな彼女。これで行動も大人しかったら、存在感の薄い子かいじめられっ子ルート、或いは孤高の美少女というところなのだけれど、彼女の無頓着さは常識の方にも大いに発揮されていて、平穏に暮らしたいとか思っていながらレベル99の力加減をあんまり考慮せず、普通の人からするとわけのわからない規模の力をポンポンと炸裂させ、それはないだろうという行動を悩みもせずに行ってしまう。結果、だいたい盛大にやらかすことになるのだけれど、それでやっちまったと焦ったり後悔したりもせず「……まあいいか」くらいの適当さで流しちゃう子なのだ。
おかげで周囲の人間はユミエラの事をいつなにをしでかすか分からない導火線に火がついたまま自由気ままにその辺を転がりまわる爆弾岩みたいに畏怖されることになる。魔王呼ばわりされても仕方ないよね? これで目立たないで平穏に、のつもりがわりとあるあたりその時点で常識がない。まあ出来てないなあという自覚があるあたりはマシなのかもしれないけど。

ただまあ、こうして見ているとユミエラって他人にも世界にも対して興味がないのだろう。無関心ゆえに、何を言われても気にしないし、動じないし、結局どうでもいいのだ。一人であることを寂しいなんて思わないし、自分が他人からどう思われていてもわりとどうでもいい。彼女の淡々とした態度があんまり乾いていたり冷たい感じがしないのは、それなりにお一人様でレベル上げしたりやれる事を楽しんでいるからなのだろう。別に、世界がつまらないとか退屈している、という風に現状に飽いていたり絶望していたりするわけじゃないのだ。だが、他人と繋がることだけは最初から諦めている。期待していない。そして関心を抱いていない。自分の異常性については、ちゃんと自覚しているのだ。まあ治す気もさらさらないし、どこが他人と違うのかについても比べるつもりもないし、だからこそ常識はずれのことをやり続けるのだろうけど。

しかし、そんな他人との壁を埋めるつもりがないユミエラに、何故だか近づいてくる人間が学園に通うようになってからちらほらと出始めるようになった。その筆頭がパトリックだ。
彼の存在を意識しだすことによって、初めて他人との人間関係、そして世界との関わり方について彼女は考え始めることになる。
パトリックとの関係について、しばらくしてよく一緒に居るようになってからも、彼との関係が友人関係ではなく、知り合いレベルだと発言してパトリックをへこませていたのは、あれユミエラが鈍感だとかではなくて、それだけ自分が他人から距離を置かれる存在であるという自覚が深くに根ざしていたからなのではないだろうか。人間関係そのものに関心や興味がないからどうでもいい、と思っていたのだろうけれど、自分が普通の人間から受け入れられる存在ではないのだという思いはあったはずなんですよね。自然とフィルターがかかってしまう。
だから、パトリックがどれほど好意をぶつけてきてくれても、それをうまく理解できないし、自分自身に隔意ある解釈で納得してしまう。パトリックの苦労が忍ばれる。
でも、他人からの好意は理解できなくても、自分の中から生じて湧き上がってきた感情、好きという思いには目を逸らさず受け止めるユミエラは、傍目のアレっぷりとは裏腹に純真で素直な娘なのだろう。単純明快シンプルな生き方考え方をしている、とも言える。
何気に、同じ貴族令嬢でアホの娘を極めているエレノーラと同類なんじゃないだろうか、ユミエラって。
エレノーラの方も、ユミエラの突拍子の無さの影に隠れているけれど、この娘はこの娘でだいぶぶっ飛んでいるんですよね。アホの娘すぎるが故にユミエラの異質さ、異常性、普通の人間との差異について全く理解していなくて、だからこそ一度打ち解けてしまったら無邪気に無防備にじゃれついてくる。ユミエラがどれほど途方も無い事を仕出かしても、エレノーラはそれがどれだけ大事だったり常識はずれなのか理解してないので、ほいほいと受け入れてしまうのである。この娘はこの娘で作中でも随一の大物な気がするなあ。作中でも随一の常識人であるが故に、ユミエラのしでかすことに毎回目を回しているパトリックの苦労が忍ばれる。あれだけヒーヒー言いながらも、直向きにユミエラについていくパトリック、こいつはこいつで充分大物だと思うのだけど。

ともあれ、パトリックとの交流やエレノーラに懐かれ纏わりつかれて、国王夫妻や学園長からは(生)暖かく見守られ、という学園に入るまでは経験したことがなかった人との交わり、好意を向けられるようになったユミエラは、徐々に人の心を学んでいく、とまで言ったらさすがに過言でしょうか。
でも、いざ面倒くさいことになったら国を出奔して自由に生きたいように生きればいいさ、というある意味自分の一人の世界を生きていた彼女が、他人との関係を意識し感じることになったそんな折に、自分と同じような黒髪故に差別されイジメられる男の子と出会ったことで、世界に蔓延る一方的な差別意識に自分なりに出来ることがあるんじゃないか、と模索をはじめる。世界に対して自分が出来ることを考え始めるのである。
自分以外のことに対して関心を持たず、興味を持たず、最初から諦めて期待をしていなかった彼女が、自分から世界に関わり始めた。誰かを好きになって、その人から好きになって貰いたいと思うようになった。
能力的には最初からカンストしていたユミエラだけど、こうしてみるとちゃんと彼女の成長物語にもなっていたんだなあ。