【ゴブリンスレイヤー外伝 2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》(中)】 蝸牛くも/ lack GAノベル

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

「――強いか弱いかしか興味ないヤツって、たぶんもう、冒険者じゃないよね」
怪物と成り果てた「初心者狩り」を打倒した君の一党はさらなる迷宮の深淵に挑む。そこには、未知の怪物との邂逅と、ある一党との出会いがあった――。
女司教と因縁のある一党と、彼女を賭け、迷宮探険競技をすることになった君は、暗黒領域《ダークゾーン》へと一党とともに挑む。
「小鬼になぞに、関わっている暇はないのです! 何故ならわたくしが……わたくしたちが、世界を救うのですから!」
「ゴブリンスレイヤー」の10年前を描く外伝第2弾。これは、蝸牛くもの描く、灰と青春の物語。

「――強いか弱いかしか興味ないヤツって、たぶんもう、冒険者じゃないよね」
これって何気にゴブスレ本編の方のシリーズ通じても重要なポイントになるんだろうなあ。これを語っているのが自身冒険者ではない「女情報屋」であることも相まって。
「冒険者(アドヴェンチャラー)」であるという事は、生きていく上での指針としてもきっと大事な事なのだ。作中、迷子の女の子を保護者を探して連れて行く、というイベントをこのダンジョン都市でも一位と二位のパーティーの強者たちが当たり前の事として真面目に取り組むシーンがあるんですね。人として当たり前、というのもあるんだろうけれど、それを彼らは「冒険者」として当然、と宣うわけだ。ダンジョンを探索するのも、迷子の姉を探索するのも、クエストとして変わらない。冒険であり依頼の達成であり、そいつこそ冒険者のお仕事であり醍醐味であり矜持なのである。
「冒険者にまかせとけ」。頼もしい台詞じゃないですか。
義務でもなく使命でもなく。
そう考えると、本編の方のあの妖精弓手の「冒険に行こう」というお誘いはほんと大事なことなんですよねえ。勇者ちゃんたちはちゃんと「冒険」出来ているんだろうか。
此度は、そんな「冒険者」足ることを考えさせられるお話でもありました。それは、ダンジョンの第4階層で、そこより奥に行く道が見つからずに探索が行き詰まり、ダンジョンに潜ることが未知を探索するのではなくただモンスターを倒して富を収奪するのみの行いになってしまうのではないか、という現実を前にしての困惑と苦悩であり。
ひたすら強くなることで世界を救おうとするパーティー、かつて女司教を置いていった彼女の友人たちのパーティーとの相対であったり。
「冒険者」とは? と、問うときに大事になってくるのが冒険者としてパーティーを組む仲間たち。ということで、より仲間たちとの関係に踏み込んでいく話にもなっていました。
主人公の「君」が、強敵を前に人事不省の重傷を負ってしまい、リーダー不在絶体絶命の危機に陥ってしまう展開も、まさにそれだったのでしょう。それまで不和らしい不和もないままだったパーティーが、いざ追い詰められた時明らかになる考え方の違いによる対立。それをまとめるべきリーダーの不在が、じっくり話し合う余裕のない危地がより顕著に浮き彫りになっていく。
ここで動揺して感情的になってしまい冷静さを失うのが女戦士で、逆にいつも大人しいのに判断を間違えずに動揺を抑え込む女司祭。そして普段のポワポワさが嘘のように、弟が死にかけているのに冷静沈着に臨時のリーダーを務め、短絡的に主人公を回復させずに撤退の指揮を執る従姉。
女性陣のメンタル強度が引き立つエピソードでもありました。
ゴブリン相手にはトラウマでグダグダになってしまう女司教ですけれど、それさえ関わらなければおどおどしているようでほんと判断は的確で情に流されないんですよね、この人。言うべきことはしっかり言いますし。従姉に至っては、見直した以上にゾクゾクする頼もしさでした。この人、本来これだけ出来るのに、普段ムードメーカー的にほわほわしてるのってそれだけ弟くんに任せっきりにしてるというか、それだけ信頼もして色々と預けきってるんだろうなあ、というのが今更ながら伝わってきたり。
一方で、女戦士の方は思ってた以上にメンタル弱々だったなあ、と。そもそも、前の巻からそういう側面は隠すこと無くわりと率直に見せていましたけれど、思った以上に折れやすかったな、と。このあともたびたび戦闘中にメンタルやられてグダグダになってしまう事がありましたし。
ただみんな、彼女がそういうキャラだというのはもう分かっているので、あんまりごちゃごちゃ言わないし、「君」に至ってはフォローうまいんですよね。それとなく励ましてテキパキと彼女のグダったメンタル立て直すんだよなあ。
普段は自分に自信がなくて弱気や迷いも多い女司教に対しても、的確にフォローし励まし勇気と自信を与えるリーダー。従姉は彼に関して女性の扱いがなっちゃいない、と苦言を呈していますけど、いやそんな事全然ないんじゃない!?
いやまあ、それは仲間に対しての扱いであって女性に対しての扱いはまた別なのかもしれないですけど、探索が行き詰まって落ち込んでいる所を元気づけるために買い物に誘ってくれた女司教に、ちゃんとその意図を汲んでしっかりとエスコートまでこなしたり、とわりと女性に対しての扱いもベスト尽くしていると思うけどなあ。
一巻ではデビューしたてでまさに初心者、というぎこちなさがあった君たちのパーティーだけれど、いつの間にかどんどんと最前線に追いついて、気がつけば探索深度に関しても稼ぎに関しても、一位に追いすがる二位の所まで来ているという上達っぷり。
ってか、普通にドラゴン倒せるほどになってるんですけど!? ゴブスレさんたちでは追い返すのが精一杯だったドラゴン。まさに冒険の象徴たるドラゴン退治をさらっとこなすまでに至っていたのか。
一度は死にかけてエラいことになったとはいえ、君のリーダーシップも胴に入っていてほんと一線級の冒険者パーティーになったんだなあ、と。
そして、挑むは視界の聞かぬ闇に包まれた暗黒領域。マップも何も見えないダークゾーン、というのはダンジョン探索RPGでは定番も定番ですけど、実際挑むとなるとやべえてなもんじゃないですよね。マップも見えない現在地もわからない何も見えない、って普通に死ぬじゃないですか。落とし穴など無くても、スペランカーよろしく段差で死ぬw
こうなってくると視力にあんまり頼らない女司教の重要性が段違いになってきます。ってか、マッパーとしても鑑定師としても優秀、奇跡だけじゃなくて魔法も使えます、ってどんだけ有能なんですか、というキャラなんですよね、女司教。そんな子がいらない子なわけないじゃないですか。これでもまだ自信を持ちきれない、というあたりに彼女の闇が伺えるわけですけど、キレイに闇を払うんだよなあ、この侍。
ってか、今回の話見ていると完全に女司教がメインヒロインの如く也けり、なんですけど、それでもあくまでサムライくんとは仲間としての信頼関係親愛関係なのか。10年後、ゴブリン絶対殺すマンなゴブスレさんがヒーローでメロメロになっちゃってるわけですしねえ。

女司教の元の仲間たちに関しては、再会の仕方があまりにもおかしかったので違和感どころじゃなく確信に近いものがあったのですけれど、むしろアンデットか精神攻撃かなにかなんじゃないのかと思ったんですよね。でも、街中で堂々と現れてるので実体はあるようだし、表に出て大丈夫で周りからも違和感持たれていない以上アンデットでもないようだし、さて露骨に描写される装身具も合わせてどういう仕組なんだろうとは疑問に思っていたわけですけれど。
いやこれ、最後のところまで「生きてた」のならそれはそれで残酷なんてものじゃないですよ。邪悪だー。
女司教への試練が厳しすぎるなあ。幾らメンタル強くても、さすがにねじ曲がりそう。まがった結果が、ゴブスレ本編のあの結構面倒くさくて重たそうな剣の乙女様なのか。まー、元々こんなん、とも言えるのかもしれませんが。