【信長の庶子 三 織田家の逆襲】 壬生一郎/土田健太 ヒストリアノベルズ

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

織田信正、通称帯刀。織田信長の庶子とされ、ごくわずかな史料にのみ名を残す彼は、一般的にはその存在を認められていない、“幻の長男”である。帯刀は、その知力と、母から与えられる謎の知識で、織田家の勢力拡大を後押しし、信長の上洛を“一年早めた”。そして朝倉家、仏教勢力との戦端が相次いで開かれる。彼は織田家に待ち受ける運命を変えられるのか―?

実父信長、義父の村井貞勝、そしてもう一人の義父の織田信広、と三人の親父が同じ説諭を帯刀に諭そうとして、あとに行くほどその話はもう聞きましたから、と扱いぞんざいになっていくの、彼が三人の父親とほんと仲良いの伝わってきて好きだわー。ってか、最後の信広パパが全部言わせて貰えなくてちょっと可哀想なんですけど。聞いてやれよ、帯刀w
というわけで、この三巻では戦国の信長モノの中でも歴史の特異点として描かれることの多い宇佐山城の戦いが幕を開ける。
畿内で戦う信長たちの本軍と本国尾張美濃との連絡線を断つため南下する朝倉浅井連合軍を、交通の要衝たる近江宇佐山城に籠もる森可成以下数千の寡兵で迎え撃った戦い。
ここが落とされれば、本国との連絡が断たれて織田本軍が挟撃を受ける事になり壊滅しかねない危機的状況だったわけで、ある意味金ケ崎撤退戦よりも織田家の未来を左右する戦いだったかもしれない。
ここで史実で討ち死にする森可成は、信長股肱の臣として活躍していた人物で、ここで死ななければ或いは秀吉や明智光秀に匹敵する立場に立っていてもおかしくない人でした。
なので、織田信長を軸として描かれる戦国モノでは、この宇佐山城の戦いは重要なターニングポイントとして描かれる事が多いわけです。それでも、それぞれの作品の主人公となる人物がこの宇佐山城の戦いに直接参加することは稀なのですが、織田帯刀信正はここで初めての死地を経験し、手ずから敵を殺す体験と身内や家臣の死を経験する事になるのである。
本作の特徴として、他の作品ではスルーされガチな末端の織田一族についても詳しく触れることが挙げられるんですよね。信長の兄弟・子供は多いのですけれど、登場するのはせいぜい子供は信雄・信孝くらいまでで秀勝は秀吉の養子となる事から度々名前があがるくらいか。弟に至っては信勝以外では信包か後の有楽斎くらいなのですけれど、本作では庶兄である信広が重要人物として描かれているのに加えて、他の帯刀から見ると叔父になる人たちや従兄弟たちにも言及してるんですよね。
実際、信長の兄弟はそれぞれそれなりに戦場に立っていて、激戦の中で討ち死にしている人物も結構目立つんですよ。この宇佐山城の戦いでも、叔父である織田九郎信治が壮絶な最期を迎え、介錯した帯刀に大きな影響を遺すことになるのである。
このあと、文章博士の官位を信長パパが貰ってくれるように、平仮名の導入や滑稽本の執筆などどちらかというと文治で名を挙げていた帯刀でしたが、宇佐山で修羅場を潜って以降、武将としても戦線の一角を担っていくようになっていく。冒頭で父親三人に言われたのは、死地をくぐり抜けて顔つきが変わったという変化でしたが、実際言動もどこか引き締まって大人びていった感じがあるんですよね。
同時期に、名前を義父の村井貞勝から名字を貰って村井重勝と変えることで、名実ともに臣籍降下して信長の息子ではあっても織田一族の臣下となるという立場を表明したことで、色々と帯刀自身も振る舞いを変えていった、というのもあるのですが。
まー、けっこう不評が飛び交っていた気もするのですけれどw
尊敬する兄から二人きりでも家臣として接せられて、親父みたいに拗ねる奇妙丸とか。同輩となることで羽柴殿と畏まった態度を取られて前みたいに気軽に斉天大聖と呼んでくれなくなった事に残念がる秀吉とかw
可愛い弟に拗ねられて、困った顔をしながらちょっとだけ兄らしい態度を見えてあげる帯刀くん、そういう所ですよ、弟妹たちから懐かれ慕われるのは。

一方で、宇佐山城での戦いは浅井朝倉連合軍との戦いであったと同時に、介入してきた延暦寺の僧兵たちの増援が叔父たちの死の要因でもあったために、叔父信治が死に際に坊主たちへの呪詛を吐きながら帯刀に介錯されたのも相まって、自分たちの利益のために俗世に武力介入してくる仏門に帯刀は不信感、嫌悪感を募らせていく。
総じてこの三巻は伊勢長島の一向宗や延暦寺との争いが頻発する仏門との争い、という感も強かった気がします。まだ、大坂本願寺との戦いは本格化する以前なんですけどね。
しかし、堕落した延暦寺などの仏門への怒りを募らせる帯刀に対して、村井の爺様は母直子はそれぞれの言葉で彼の凝り固まろうとしている感情を諭していく。決して彼の怒りを否定するものではないのだけれど、視野を狭め思考を固めず判断を預けず自分の頭で考えろ、という趣旨の言葉は帯刀の中にこれもまた積み重なっていくんですね。
母・直子が彼女独特の価値観で帯刀の思想に一定の方向性を示唆していくのも面白いのですけれど、親父三人衆の中で村井貞勝の爺様は、武士のあらっぽいそれとも違う教示をくれることが多くて、帯刀の人格形成に大きな役割を果たしているように見えるんですよね。
こうしてみると、帯刀の父親である信長、義父の信広、村井貞勝はそれぞれ、違うタイプの父親として帯刀を教え導いていることがわかって、彼に三人もの父親がいるというのは結構作品としても大きいものだったんだなあ、としみじみしたり。

一方で、親兄弟とも友人とも先達とも部下とも違う、不思議な関係なのが竹中半兵衛なんですよねえ。
元々、彼の智をひけらかす性格を毛嫌いしていた所に親友であった森可隆の死を貶されて以来、嫌い抜いている相手なんだけれど、嫌い嫌いというわりには無視できなくていつもその動向を気にしているあたり、帯刀と半兵衛の関係はこれなんと言えばいいんでしょうかね。
今回、可隆の死を匹夫の勇と貶されたのを逆手にとって、半兵衛の私生活での不摂生にキツイ一言を食らわせてぐうの音も出ない一撃を与えた帯刀ですけれど、それってやり込めたと同時に半兵衛の生活態度への忠告にもなっていて、実際半兵衛は生活を改めて早死フラグを断つことになるわけで、本当にただ嫌っているなら、そういう絡み方しないはず。
素直な性格に見えて、帯刀って相手によってはやたらと素直じゃないというかツンデレかます所がまた可愛いというか複雑なキャラクターをしているというか。
延暦寺焼き討ちの際に出会った僧・随風に対しても、妙にひねた態度を示し続けてるんですよね。こちらは半兵衛相手ほどには刺々しい態度は取らないのですけど、若干デレてるようなツンツンして甘えているみたいな態度なんですよねえ。毎回、論議をふっかけて言い負かされるのに凝りずに突っかかっていって、見事に返り討ちにされるところとか。いつか言い負かしてやる、と負けん気募らせている一方でなんか言い負かされるのを楽しんでいるようなところもありましたし。
カチンと来る言い方をする半兵衛と違って、随風の物言いは柔らかくて鋭い指摘なんかをされても思わず納得してしまうような深い思慮が感じられる、というのもあるのでしょうけれど。
ちなみに、この三巻の書き下ろしは随風が主人公の彼の放浪の旅、出家した彼がその旅の中で様々な出来事に行き合い、その過程で五戒を破っていく姿を描いたものでした。
僧侶として破ってはいけない5つの戒め。それを、彼は自らの信じる道を歩むために一つひとつ破っていく。彼が作中で語るこの時代の仏門の在り方への憂い。それに対して自分がどう振る舞えばいいのかの悩み。旅のさなかに巡り合った人たちとの出会い。と、これが実に面白かった。
当時の仏門がどうして武力を持つに至ったのか。その客観的事実、正当性と避難されるべき在り方を僧の視点から、組織に属さないものの自由な視点から語られるそれは、非常に興味深かった。
そんでもって、随風なる僧の正体についても。これ、ウェブ版ではどこまで触れられていましたっけ。直子が随風の名前から、後に彼がどういう名を名乗るかについては察していたようですけれど、彼の俗世での名前については幾つも風聞があるわけで、直子も詳しい正体については知らなかったでしょうし。
さて、件の帯刀の母こと直子ですけど、ますます怪しさが増しましているといいますか、彼女の正体を知らないと本当に化生かなにかじゃないのか、と思えてしまうような妖しさ、得体の知れなさがその発言や態度から漂ってくるんですよね。
これ、本当に一巻の書き下ろしで全部バラしちゃったの勿体なかったんじゃないのかなあ。
いやでも、このお母様の全部見透かしたような物言いといい、知識量といい、尋常でなさすぎてあの書き下ろしの話、どこまで本当かよ、と思ってしまう所ありますよねえ。伝聞で、あそこまでの知識とその未来の知識に対する感じ方、価値観を習得できるものだろうか、と。
メンズブラへのハマりっぷりとか、おかしいから絶対w

そして、もう一人の作中屈指の怪人物である大剣豪・疋田豊五郎景兼がついに登場。この人に関しては、取り敢えず現状では戦国最強の剣士という認識でOKなんだろうけど、精神面がとにかく振り切っちゃってる人でもあるんですよね。その様子はまだチラリとしか垣間見えていないのですけれど、作中屈指のやべえ人であることは間違いなく……。
松永弾正のお茶目っぷりも大好きなんですけど、帯刀のスカウトの仕方、欲深爺転がし極めていたほんと好きですわーw
あと、月歩(ムーンウォーク)で去っていく茶筅丸(信雄)のイメージが面白すぎて、頭に焼き付いてしまったんですが、どうしてくれるw
各所でバカ殿扱いされる信雄ですけど、本作ではおバカは馬鹿なのですけど、愛される馬鹿になっているのはイイなあと思うんですよねえ。