【お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について】 桜木桜/clear 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

嘘の婚約から始まる同級生の美少女とのピュアラブコメディ、開幕。
お見合い話を持ってくる祖父に「金髪碧眼色白美少女なら考える」と、無理難題な条件をつきつけた高校生・高瀬川由弦。数日後、お見合い会場にいたのは同級生の雪城愛理沙!? 由弦が予想外の事態に戸惑っていると、愛理沙から養父の強引な勧めでお見合いを受けていると聞かされ、お互い婚約を望んでいないことに気づく。共通の話題から少し距離が縮まったと感じた由弦と愛理沙は、面倒なお見合い話を避けるため偽りの『婚約』をすることに。二人は嘘を貫き通すため、由弦の家でご飯食べたり一緒に勉強するなど同じ時間を過ごすのだが、同時に愛理沙の由弦に対する気持ちや態度に変化が表れはじめ……。

さらっとなんか「男女とも15歳から結婚可能」と法律が変わってるんですが、一体何があった!?
現状、15歳で結婚する子たちが増えてるなんて話もなく、作中でも結婚なんて早くても大学出てから、という話になっているので流石によほど特殊なケースに限られているようだけれど。
それでも、実際に高校生から結婚できるという状況は子供たちにも結婚というものに現実感を与える要素になっているのかもしれない。さらに、大人達にも子供たちの将来に思う所が出来るきっかけになっているのかもしれない。
お見合いなんて話が持ち上がるのも、決して関係ないとは言えないだろう。まあ、一般家庭で今どきお見合いなんてものを家族親族が主導して推し進める、なんて事はないだろうから、いわゆる血筋や家同士の繋がりを重視する上流階級だからこその話なのだろう。
ちなみに、本作の主だった登場人物は主人公・ヒロイン・親友たち含めて全員上流階級である。なんだそれ、少女漫画か!? と思うところだけれど、あそこまで浮世離れしていない分、旧家で財力があり権威がある家柄、というのがこの場合えらい生々しく感じられるんですよね。
当人達に、あんまり金持ちとか他者に影響力がある家の子であるという自尊心みたいなものがなく普通の学生として過ごしている一方で、ちゃんと自分の家が特殊であるという自覚は持っていて、自然と高い意識は持っている、みたいな所なんぞは地に足のついた感じがして現実的なんですよねえ。
主人公もそういう家の子なので、自分にお見合いの話が持ちかけられる立場にあるという事自体は受け入れているんですよね。その上で嫌がっているのですが、一般家庭の子がいきなりお見合いなんて話持って来られて意味分からんと嫌がるのとは意味合いが違っていると言うかなんというか。
いざというときはちゃんと覚悟がある、とでも言うのだろうか。
だからか、家庭の事情もあって愛理沙から偽装でいいので婚約という形を結んでは貰えないか、と頼まれたときも由弦は決して軽薄に後のことを考えずに受けたわけじゃなくて、彼女の事を慮った上での配慮という形で偽装婚約を受けいれているんですね。ここのどっしりと落ち着いた対応は、性格的に大人びているというのとはまた少し違う、しっかりと教育されている感があってこういう所に彼の上流階級の人間という香りを感じるんですよねえ。

ともあれ、偽装だろうとなんだろうと、実質的にはお見合いしてそのまま交際をはじめたのと全く同じ形である。
当初は二人共お互いに、いい人だけど別に恋しているわけじゃない、と考えてるんですが。
いや、当たり前じゃないそれ? 
お見合いして交際をはじめる、って一目惚れではなかったらまず付き合ってみてそこでお互いに相手を知っていくという行程の途中であって、本当にお見合いして交際はじめた人もいきなり恋なんかしてないですよ。当初から、相手の良い所を見つけて一緒に過ごしていて普通に楽しかったり、となっている時点で普通にお見合いしていてもこれ以上無いくらい順調な滑り出し、くらいの塩梅ですよ。
両家とも、強引に結ばせようとしているわけでもなく、ダメだったらダメで構わない、というくらいの姿勢で良心的ですし。
ぶっちゃけ、由弦にも愛理沙にも敢えてこの婚約を破談で終わらせる理由ってないんですよね。お見合いに気乗りしなかったのも別に特別な理由があったわけではなく、押し付けられる事への面倒さというのが大半だったわけですし。愛理沙の方は家庭の事情が複雑で、彼女の立場上何度か行われていたお見合いを断り続けていて、これ以上断り続けることが難しくなっていた、というのがあったわけですけれど、由弦とのそれは文句なしに良縁だったのですから。
まあ愛理沙の方はむしろ由弦に惹かれていくほど、引け目を感じていってしまいそうな傾向がありますが。
この娘、愛理沙って何気に面倒くさそうな面がありそうなんですよねえ。両親がいなくて、伯父の家に引き取られている関係もあって肩身の狭い思いをしているようなのですが、義母に相当嫌われて虐げられている事もあってかなりメンタル追い込まれているようで。余裕が全然ないなかで鬱屈溜まっていてそれを吐き出せないままどんどんと溜め込んでしまっているようなんですよね。
結構愚痴や不満を内心でグツグツ煮込んでいるような所もあって、言いたいことを相手に言えない子なのかと思ったら、由弦には結構本音や我儘をぶつけることが増えているのを見ると、なんだろうわりと相手を見て態度を変えてしまうタイプでもあるんじゃないだろうか。
それだけ、由弦に心をひらいているから、とも取れるし、頭ごなしに一方的に言ってくる相手には何も言えずに怯えてしまうタイプなのかもしれない。
ただ……わりとあの伯母さんと似てる所もあるんじゃ、と感じる所もあるんですよね。ただイイ子ではないんだろうな、と。
でも、現時点で愛理沙は別に嫌な人間的な言動をしたことはないですし、そういう子とは思わないのですが。でも、面倒なところはありそうだよ、という事で。まあ由弦の方がそういう面も加味して受け入れそうな器の持ち主っぽいので……いや、そういう所が余計に愛理沙に引け目感じさせそうでもあるんだよなあ。同時に、そういう所にこそ惹かれているんだろうけど。
ともあれ、ずっと縮こまって生きてきたせいか、些細なことでも敏感に恐れを感じてしまい大仰に構えてしまう所があるこの娘の心を、由弦がどれほど解きほぐしていけるか、という所でしょうね。そして由弦が落ち着いて紳士的で気が回る分、強引に自分の欲望や望みを相手にぶつけることをしたがらない事が予想できるだけに、この婚約を本物にしたいと思った時に彼がどんなふうに行動できるのか。待つのではなく、自分から行動して愛理沙を頷かせるような振る舞いに打って出るのか。そのあたり、興味をそそられる所なんですよね。愛理沙の方は、自分から望むことを戒めそうな立ち位置でありますし。

しかし、親友にして幼馴染の宗一郎の方がまた、同じ幼馴染二人に好かれていつも三人一緒にいる、とかこっちもラブコメの主人公みたいな事してるんですが、二股も法律的にありな世界なんですか、ここ!?


桜木桜・作品感想