【グリモアレファレンス 図書委員は書庫迷宮に挑む】  佐伯 庸介/花ヶ田 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

図書委員の仕事は……迷宮探索!? 異能の力を秘めた魔書を見つけ出せ!

国内有数の蔵書数を誇る宇伊豆学園の図書館には、広大かつ深遠な《地下迷宮》が存在した。
高等部に所属する図書委員の守砂尊は、ある日、立入禁止の《閉架書庫》に足を踏み入れ、この図書館に隠された真実を知る。――地下に収められた奇書や希覯本、異能の力を秘めた魔書を手に入れるため、図書委員たちが果てなき迷宮探索に挑み続けていることを――。
秘密を知った守砂は、他の図書委員とチームを組んで、妖魔が跋扈する迷宮で未知の蔵書を探す《地下レファレンス》をすることに。しかし、それは楽しくも波乱に満ちた日々の幕開けで……!?

なんかフブルさん居るんですけどー!? 佐伯先生の現在進行中のもう一つのシリーズ【昔勇者で今は骨】のかつての勇者パーティーメンバーで大魔導師にして宰相のザ・ロリババアなフブルさんが、しれっとこっちでも司書先生してるんですけど。しかも既婚で子持ちとな!? 情報量が、情報量が多い!
一瞬、昔勇者の方と一緒の世界観なのか、と疑ってしまったがこっちはあくまで現代ベースの世界観で魔法関連も基本的に一般的に存在も知られてないようなので、あくまでスターシステムと思われるのだけれど、フブル先生の場合平行世界に並列的に存在していても不思議ではないのでなあ。

ともあれ、世間一般には魔法だのダンジョンだのは周知されていない現代。そんな中で、宇伊豆学園の図書館地下には地下迷宮が存在し、学園の図書委員達は日々未発見の蔵書を探すためにパーティーを組んでこの書庫ダンジョンへと潜っているのだという。
なにしろ、学園の名前からして「宇伊豆学園」……「ういず学園」と読むそうで。ういず、ういず、ウイズ、ウィズ……Wiz……「Wiz学園」!!
ちなみに、本家ウィザードリィと違ってロストが存在しない親切設計。ロストの代わりに迷宮に潜るための魔書との適合が不可能になるという、迷宮探索から永久に弾かれることになるというリスクはあるものの、実際に死ぬことに比べたら随分と軽いリスクだ。
それに、迷宮に潜れる期間も十代で魔書との適合率が落ちてしまうとのことで、実質探索に費やせる時間は学園に通っている間だけ、なんですね。
そして、この迷宮が存在することで人類に危機が訪れる、なんて事も今の所確認されておらず、迷宮探索に対して切羽詰まった切迫的な事情は存在していないのである。
なので、図書委員達の大半はこの迷宮の図書探索を部活かバイト感覚で行っているのだ。死亡後数日、迷宮に死体を置き去りにされたままだと資格を失ってしまうが、この切迫感のなさ故に殆どが自己責任で処理されてしまっている。死体をわざわざ持ち帰ってくれるのは自分のパーティのみであり、他のパーティーとの協力関係なんぞ殆どありえない。ましてや、わざわざ他のパーティーの遭難を救援して、死亡者が居た場合は連れて帰る、なんて慈善事業は皆無に等しかったわけだ。
もし、このダンジョンに人類の存亡の危機が備わっていたり、それでなくても本当に死んでしまったり取り返しのつかない後遺症が残ってしまう、という危険が存在するならば救援に関するシステムは早晩構築されていただろう。それがなければ、迷宮探索事業そのものが立ち行かなくなる可能性が高いからだ。
しかし、この書庫迷宮ではあったら助かるけれど、決して必要不可欠なものではないからこそ、依頼があれば他のパーティーの遭難を助けて回る、なんて事をするやつも考えるやつもいなかったわけだ。
彼にとっては、必要でないのにやる、という事が重要だったようだ。

主人公、守砂尊は元探検家である。そして、事故によって激しい運動が不可能になり二度と秘境や高山などの難所に挑むことのできなくなった、夢の果てた残骸であった。
そんな身体機能を損なった彼でも、全盛期以上の動きが魔書との適合によって叶うようになり、彼はもう一度二度と見ることの出来ない景色を夢を見るだけの可能性を得ることができたのだ
探検家としての夢をもう一度。

なんて、単純な夢の再生話、とはいかなかったんですけどね。主に、尊という主人公の在り方において。
探検家生命を失った遭難事故は、守砂尊の生き方や価値観を根底からぶっ壊したと言えるのでしょう。彼は、その探検家人生においてまったく価値を感じていなかったものに、その生命を繋ぎ止められ助けられた。それはこれまでの彼の在り方を根っこから破壊してしまうものであり、たとえ身体能力が戻ったとしてももう二度と同じ在り方には戻れなかったんですよね。
まあ、それがわかってくるのはだいぶ後半なのだけれど。尊という人物の内面は最初から多く語られているのだけれど、さらにその奥からチラチラと垣間見える獰猛な唸り声ややけどしそうな吹き上がる火の粉は、彼が決して一筋縄ではいかない人間であることを示していたのですが、同時に容易にその本性を覗かせることがなかったんですよね。
彼の口からこぼれる言葉や態度は偽りではなく本物であると同時に、語られない側面を抱えているように見えたのです。真っ当なことを言っているけれどそれは本心からのものなんだろうけれど、でもそれは善意とか正義感に基づくものじゃない、という感覚が。
やがて、尊の昔の野心や欲望剥き出しの在り方と、遭難事故の際に何があったのかが語られたわけですが。
それで反省したとか心を入れ替えた、とかじゃないよなあ、こいつ。というのはもう明らかだったんですよね。単純に、ごくごくシンプルに、感化されたんじゃないかと。あれを、やってみたい、と思うようになったんじゃないかと。方向性が変わっただけで、あの自分の衝動や欲望に対して貪欲で傲慢で素直で一途なところは何も変わっていないんじゃないかと。
いや、事が終わったあとにエピローグでフブル先生たちが思いっきり直接的に尊の本質について言及して暴いてくれて、その辺明言してくれていたのですけどね。
ただ、全く彼が遭難前と何も変わっていないのか、というとそうではないと思うんですよね。
新しい嗜好の方向性が、人を助け送り届ける、という所にある以上はかつてのように傲岸不遜に振る舞うことは害悪にしかならず、あらゆる手段を使って目的を達して楽しみを得る、衝動を発散し、欲望を満たす、という彼の在り方からしてもわざわざ悪手を取らずに、社交性を保ち人当たりを良くして、というのはまあやって然るべき外見の繕いだと思うんですよね。交渉を優位に進めるにあたっても、コミュニケーション能力は高く維持しなくてはならないし、他人との関係は良好にしておくにこしたことはない。
ただ、利害関係だけで人間関係を捉えているのかというと、かつて人を人とも思わなかった尊とは、そこんところが決定的に変わっている、と思うんですよね。
周りとの交渉でも、うまいこと利益誘導してWin−Winの関係を作り出す巧みに人の間を泳いでいる彼だけど、ミカ姉とあの後輩二人、エスキュナと大国だけは尊に対して利益度外視なんですよ。自分に何のメリットもないのに、何の利益ももたらさないどころか彼らにとっては苦労ばかり背負うような提案を、彼らは何の存念もなく快く承知してくれるのである。尊の方も、彼らに対しては変に利益を与えようとせずに率直に頼ってるんですよね。その代わり、彼らに対しては自分の出来る限りをしようとしている。慕い慕われ、信頼しあう関係。自分さえ良ければそれで良かった過去とは、決定的に違う他人との関わり合い方。その中でも利益の介在しない関係であるミカ姉と後輩二人とのそれは特別に見えるんですよね。同じパーティーメンバーでも津久澄先輩についてはちょっと微妙に違う感じなんですけどね。この人は、実利じゃないんだけど尊に色々と求めててきっちりそれを回収してますし。趣味とか嗜好を満たす意味で。まあ信頼に関してはこの人に対してこそ尊は絶大なものを寄せているようにも見えますけど。
いずれにしても、今の彼にはちゃんと「仲間」がいるわけだ。生命を預け信頼を寄せて、命運を託せる人たちが。そういう人たちを大切に思えるようになった。確かに彼の本質は変わらなかったのかもしれないけれど、人生観は変わったんでしょうなあ。

ところで、今回の登場人物たち。主人公の守砂尊がスサノヲ、のようにキャラの名前って日本神話モチーフ、なのかな? 津久澄先輩はツクヨミ? 大国はオオクニヌシ、他にもアメノウズメとか迦具土とか。ミカ姉は武御雷か天津甕星かしら。そんな中でエスキュナだけわかんなかったんですよね。この娘外国人なんで、日本神話関係ないという場合も。なんて思いながら今、ウィキペディアをつらつらと見てたんですが、当てはまりそうなのスクナビコナかしら。大国主の相棒的なポディションだし、外国人説がある神様だし性格的にイタズラっ子みたいだし。ちょっとすっきりした。

しかし、本作ってメインヒロインって一応ミカ姉っぽいんですけど、表紙は尊のパーティー限定なのがちょっとめずらしい。あの集合写真的な表紙絵好きなんですけどねー。エスキュナーは後輩に徹しているので、あんまりヒロインという感じではないですし。だいたいミカ姉はもう愛が深すぎて、ライバルキャラなんぞ出たら即座に切り捨てそうなんですが。実際、ちょっと魅了の魔術かけただけのモンスターまであばずれ呼ばわりでズンバラリン、でしたしw
これ割って入るの、命がけだぞー。

佐伯庸介・作品感想