ちょうど西暦も2020年という切りの良い年。折角なので、20年前の2000年……は、ブログどころかHPの方の運営もはじめていない時期(2001年末始動)だったのでさすがに無理!
というわけで、十年一昔の10年前を回顧してみようかな、と思い立つのでした。
幸い、年間通してのその年の面白かったライトノベルについてまとめた記事に関しては、2004年から。2005年は書けなかったのですけど、2006年以降は昨年まで毎年途切れることなく続けることが出来ていますので、10年前も大丈夫。

その書籍感想・年間オススメ作品総括がこれです。



んでもって、2010年度の年間ベストライトノベルの記事がこれでした。



ちなみに、その年売れたり流行ったりしたライトノベル作品ではなく、あくまで私が個人で盛り上がった作品について取り上げた記事なので、その年のライトノベル世情を物語っているのではないのであしからず。

2010年に殿堂入りとして取り上げたのがこの作品群。

【秋田禎信BOX】 秋田禎信
【カンピオーネ! 7.斉天大聖】 丈月城/シコルスキー スーパーダッシュ文庫
【シャギードッグ 5.虹の幕間 Interlude:Scraps of rainbow】 七尾あきら/宮城 GA文庫
【世界平和は一家団欒のあとに 10.リトルワールド】 橋本和也/さめだ小判 電撃文庫
【“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店 7】 御堂彰彦/タケシマサトシ 電撃文庫
【カンピオーネ! 6.神山飛鳳】 丈月城/シコルスキー スーパーダッシュ文庫
【うちのメイドは不定形】  静川龍宗 原案:森瀬繚/文倉十 スマッシュ文庫
【ココロコネクト キズランダム】 庵田定夏/白身魚  ファミ通文庫
【神明解ろーどぐらす 2】  比嘉智康/すばち  MF文庫J
【猫物語(白)】 西尾維新/VOFAN 講談社BOX
【俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7】 伏見つかさ/かんざきひろ 電撃文庫
【まおゆう魔王勇者 1.「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」】 橙乃ままれ/toi8 エンターブレイン



そして殿堂入りまでは及ばずとも5つ星を送った作品群がこれらでした。

【[映]アムリタ】 野崎まど メディアワークス文庫
【お茶が運ばれてくるまでに 〜A Book At Cafe〜】 時雨沢恵一/黒星紅白  メディアワークス文庫
【レンタルマギカ 銀の騎士と魔法使い】 三田誠/pako 角川スニーカー文庫
【レンタルマギカ 白の魔法使い】 三田誠/pako 角川スニーカー文庫
【ミスマルカ興国物語 7】 林トモアキ/ともぞ 角川スニーカー文庫
【空色パンデミック 1】 本田誠/庭 ファミ通文庫
【ココロコネクト カコランダム】 庵田定夏/白身魚 ファミ通文庫
【僕は友達が少ない 3】 平坂読/ぶりき MF文庫J
【神明解ろーどぐらす】 比嘉智康/すばち MF文庫J
【神明解ろーどぐらす 3】 比嘉智康/すばち MF文庫J
【神さまのいない日曜日 2】 入江君人/茨乃 富士見ファンタジア文庫
【影執事マルクの道行き】 手島史詞/COMTA 富士見ファンタジア文庫
【銀の河のガーディアン】  三浦良/久世 富士見ファンタジア文庫
【アンチ・マジカル 〜魔法少女禁止法〜】 伊藤ヒロ/kashmir 一迅社文庫
【アップルジャック 2.―Pousse-cafe―】 小竹清彦/mebae 幻狼ファンタジアノベルス
【ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 1.接触編】 柳内たくみ アルファポリス
【ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 2.炎龍編】 柳内たくみ アルファポリス
【傾物語】 西尾維新/VOFAN 講談社BOX
【月光】 間宮夏生/白味噌 電撃文庫
【無限のリンケージ 5.ナイト・オブ・ナロート】 あわむら赤光/せんむ GA文庫



十年一昔って本当だなあ、という印象。いやあこうしてみると今とはまったく隔世の感があります。二十年も遡らなくても、充分にライトノベル業界は激しく変動しているのが見受けられるんじゃないでしょうか。
なんかもう雰囲気が違うなあ。
一方でこうしてみると、10年経った今でも現役バリバリで活動していらっしゃる作家さんが多々見受けられる事に気付かされます。というか多数派と言っていいかもしれません。
作家さんに限らず作品そのものに目を向けても、ゲートや物語シリーズなんぞ未だに続いていますし、カンピオーネなんかも若干形を変えながらも新刊出てますしねえ。俺妹も、今ちょうど別ヒロインルートのスピンオフが展開されてますし。

毎年山程の新人作家がデビューし、しかしそのまますぐに消えていくのがライトノベル作家のデフォルトとして語られますが、やはりある一定以上の面白い作品を書く方は息が長いと言えるのかもしれません。

この頃は新人さんのデビューは新人賞が主だっていたおかげで数もそこまで膨大ではないので、その年にデビューした新人についてもまとめていました。



こうして新人作家さんに限定して見てみると、10年後の現在まで残っていらっしゃる方はやはり相当に限られてしまいます。まあその大半は翌年には続刊や新刊を出すことなく姿を消しているので、この当時の作家さんは1年2年というあたりが一つの壁で、そこを越えて続けることが出来たなら、それ以降もずっと頑張っていくことが出来ていたんじゃないでしょうか。

この年の新人さんを見ても、今も最前線で活躍している方が多数見受けられます。

【探偵くんと鋭い山田さん】でこのラノでもランキング入りした玩具堂さん。
ホラーと純愛のハイブリッドを排出し続けている綾里けいしさん
【七つの魔剣が支配する】などで今も電撃文庫の最前線を担う宇野朴人さん。
【落第騎士の英雄譚】や【超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜く】などアニメ化作品を描き、今【カノジョの妹とキスをした。】で読者を阿鼻叫喚に陥れている海空りくさん。
この記事の中にはありませんけれど、【[映]アムリタ】以降大怪作を連発する事になる野崎まどさん。

他にも、壱日千次、さがら総、高木敦史、大泉貴、長岡マキ子、裕時悠示、むらさきゆきや、似鳥航一、美奈川護、なめこ印、春日部タケル(敬称略)という方々が今年も本を出していらっしゃってます。
こうして結構沢山の新人作家さんが、今ベテラン作家として現役でライトノベル界隈を支えてくれているのを見ると、長年見続けてきた読者としてもなんか嬉しくなってきます。
今年は本を出さなかった方も、しばらく期間を置いて再び活動再開される方も結構居ますし、去年一昨年には本を出した方もいますので、来年以降の復活を期待してもいいですよね?

昨今、3巻どころか1巻で打ち切りも珍しくなくなりました。近年デビューした作家さん達は、果たして一昔の人たちのように息長く続けていけるんでしょうか、なんて事をふと思ったり。

そう言えばまだネット小説発という流れが殆ど見受けられない2010年ですけれど、ここに【ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり】と【まおゆう魔王勇者】というネット発の大作が登場した年でもあるんですよね。
そう考えると、この年あたりがネット小説発の流れの黎明期にあたるのかも知れません。




これが2010年の月ごとのおすすめ作品まとめ記事。これ見ても、今も現役の作家さんが結構いらっしゃいますなー。
ちょっとリンク関係ボロボロな部分が見受けられるので、これ時間あるときに昔の記事もちゃんと直しておきたいなあ(時間あるかなあ)。