前回、今年の上半期に読んだウェブ小説のおすすめ紹介記事です。



半年ごとのウェブ小説紹介であります。
わりとマメに新作チェックしているの、歴史ものなだけなせいか、必然的に歴史モノが多くなってしまうんです。
二次創作の方も、わりと歴史シミュレーションとか戦記物風味のをよく摘んでいますし。


<小説家になろう>から


薩摩転生 〜サツマン朝東ローマ帝国爆誕〜(ほうこうおんち)



天正十五年(1587年)正月、桜島の異常な光に包まれた薩摩半島は、島津家ごと西暦1453年の黒海沿岸に転移してしまう。
島津家の十字の紋を見たビザンツ帝国と戦争中のオスマン帝国皇帝メフメト2世は、謎のキリスト教徒を屈服させるべく、薩摩の地に踏み入る。
オスマン軍を迎え撃つは、島津家四男・家久。
一方、オスマン帝国によって滅亡の危機に瀕していたビザンツ帝国皇帝コンスタンティノス11世は、起死回生の一手として島津家との同盟を申し出る。
だがそれは、島津家に「ローマ帝国再興」を大義名分としたヨーロッパ征服のお墨付きを与えるものであった。
ビザンツ帝国に臣従し、皇帝を傀儡として神輿に担いだ島津家は、中断された九州平定の憂さを晴らすかの如くヨーロッパ、アナトリア、ロシア、北アフリカで猛威を振るう。

出オチ! かと思うでしょ!? 思いましたよ、自分も。しかし、違ったんです。最初から最後までオチだったよ!!
百年先の未来から来た蛮族たちがヨーロッパを領土的だけじゃなく、思想的にも政治的にも宗教的にも引っ掻き回し、侵食していくのである。当時15世紀の欧州の怪物たちが触発されたように覚醒していき、サツマニアというあまりにも凶悪な触媒をきっかけにして激変していく欧州史。
勇躍するワラキア串刺し公、台風の目となるブルゴーニュのシャルル突進公、復活のジャンヌ・ダルク。他にも北はロシア、東はオスマン、西はスペイン、北アフリカの地中海沿岸地域に至るまで、各地の奸物、妖怪、英雄、怪人が激動の欧州史を彩っていく、むちゃくちゃ面白かった!
キレイにこれすでに完結していて、本当に最後の最後まで予想のつかない展開であり続けてた怪作でした。


今年は幕歴417年です!!(甲殻類)


ソビエト幕府爆誕!! 史実においてロシア帝国を滅ぼす形で誕生した共産国家ソビエト連邦が、なにをどうしてか徳川幕府から進化する形で「ソビエト幕府」として誕生してしまう歴史改変シミュレーション。いやもう「ソビエト幕府!」のパワーワードで全部持っていっているでしょうw 
徳川初代将軍信康からはじまったこの世界の徳川幕府は、なぜか北へ北へと進出することになり、シベリアの大地に勢力圏を築くことになり、ここから世界史は正史と全く異なる様相を呈していくのである。
これまでも数々の歴史犯罪を企ててきた作者さまでありますが、今回のはまたぶっ飛び具合ではとびっきりであります。


平民宰相の世界大戦 〜原敬兄弟転生〜(巽未頼)


日本最初の本格的政党内閣の総理大臣となった原敬。彼は総理大臣在任中に東京駅で暗殺され、元老たちにも、そして多くの政党政治家にも惜しまれた。彼の死後協調外交は破綻し政党は腐敗を加速させ、日本は軍の手綱を握れなくなっていく。そんな原敬と兄・恭の兄弟に転生した2人が、自分のため、家族のため、日本のために二人三脚で歴史を変えていく物語。 ※一部通説以外を採用して物語を構成している部分もあります。ご理解いただけますと幸いです。

【斎藤義龍に生まれ変わったので、織田信長に国譲りして長生きするのを目指します!】を完結させた作者さまの新作は、舞台幕末。のちの平民宰相として知られる原敬と、その兄・原恭の二人が転生者として目覚め、彼らの故国である盛岡藩をもり立てて、幕末期を乗り越えていくお話となっている。原敬が、盛岡藩の士族の出だったのも知らなかったし、盛岡藩の幕末当時の動きなんかも全然知らなかったのでこのあたりは本当に興味深かった。原兄弟の働きで経済的にも技術的にも雄藩と言うべき力を持ち、激動の幕末の中でも頭角を表していく盛岡藩。西国諸藩が中心だった幕末の動きが、盛岡藩をきっかけに東北諸藩も無視できない力を蓄えるようになって、史実とはかなり動きが変わっていて、まだ明治に入る前なのにめちゃくちゃ面白いことになってるんですよね。
でも、このまま行くと宰相にはなっても、平民宰相とは呼ばれませんよね、原敬w


肥満令嬢は細くなり、後は傾国の美女(物理)として生きるのみ(八針来夏)


もう獣将姫さまの戦利品〜身代金さえ惜しいんだろ? たとえ奴隷でも高く『買って』くれる相手を選ぶ権利はある。知る人ぞ知る王家の奴隷、知らぬは当の王家のやつばかり。 (八針来夏)

【覇道鋼鉄テッカイオー】や【メサイア・クライベイビィ】、ダッシュエックス文庫がまだスーパーダッシュ文庫だった頃に活躍していた作家さんで、自分もずっとファンなんですよね。
テッカイオーの武侠モノとしての特色はホント好きだった。「十絶悪鬼」とか語呂がヨすぎて未だに舌の上で転がしていますもの。
そんな八針来夏さん、小説家なろうでの連載もしていらっしゃって、今年は特にこの2つの長編シリーズを手掛けていて、非常に楽しませていただきました。どちらもファンタジー戦記寄りの世界観なのですが、キャラクターの思想・性格の根底に武侠モノの侠の気質が備わっていて、腐りきった悪漢をぶっ飛ばし、尊敬できる好敵手と命を懸けて槍を合わせ拳を交える痛快さを味わえて、堪能させていただきました。


我輩は猫魔導師である! 〜キジトラ・ルークの快適ネコ生活〜 (猫神信仰研究会)


猫は可愛いだけで偉いし、神様みたいなもの。そんな宇宙の真理に基づいて、下僕なヒトたちに猫に尽くすという幸福を与えるために、猫な神様に下界に遣わされた元人間の猫による快適ペットライフである。
ちなみに、この作者の猫神信仰研究会さんの別名は、渡瀬草一郎先生とおっしゃる方であります。
渡・瀬・草・一・郎・先生、ですよぅ!!


ハーメルン

雛森「シロちゃんに『雛森ィィィィ!』と叫ばせたいだけの人生だった…」(ろぼと) 原作:BLEACH


愉悦部と化してしまった雛森桃による、大好きなショタ幼馴染の顔を曇らせて悦に浸るために道という道を片っ端から踏み外してしまった、通称・悦森さんによる大暴走劇である。
彼女の目的欲望をぜんぶ承知した上で、めっちゃ協力してくれる藍染さまの理解ある上司ムーブがまた面白すぎて、いやもう今年もっとも酷い! 酷いお話で最高すぎました。ちょっとヤバいくらい面白かった。


和風ファンタジーな鬱エロゲーの名無し戦闘員に転生したんだが周囲の女がヤベー奴ばかりで嫌な予感しかしない件(鉄鋼怪人) オリジナル


銀河英雄伝説の二次創作【帝国貴族はイージーな転生先と思ったか?】の作者さんによる、オリジナル作品。この作者さん、ほんとドSすぎて、オリジナル作品になってもひたすら主人公がトラブルに巻き込まれ、敵味方問わずにヤバい病んだ連中に目をつけられ狙われて、いたぶられ精神的にも肉体的にも追い込まれていく、というやべー話である。とかく、ヒロインが全員ヤンデレというのがひたすらヤバい。純粋無垢な半妖のシロちゃんだけが癒やしであるが、この子も一歩踏み外すと途端に外道落ちした大妖怪に変貌してしまうので、主人公も心を許しきれないという救いが限りなく少ないという、控えめにいっても地獄かな? ヒロインたちにはベタぼれされているはずなのだけれど、惚れられれば惚れられるほど、死亡フラグが立ち、バッドエンドフラグが立ち、まともに人間の形で死ねなさそうなフラグが立っていくという。



メスガキ銭ゲバCEOアズニャエルの経営拡大記ー腹一杯食べようではないか!ー(作者:Dixie to arms) 原作:機動戦士ガンダムSEED


なんかやべー作品しか紹介してない気がするが、これもとびっきりのやべー作品である。原作の機動戦士ガンダムSEEDが、一歩間違えれば憎悪の連鎖で国益関係なく人類絶滅戦争へと行きかねなかった危険性があったのを、ひたすら救いなく国家間の選択肢を一番ヤバい方へと振り続けた展開にしたのが、この作品であります。
戦争の無差別拡大、狂気に侵された首脳による戦争指導、加速度的に戦争が国家間の勝敗を位置づけるものではなく、人類そのものの生存を脅かすものへと広がっていくのを、多くの人が制止の意思を持ちながら誰も止められない加速度を得ていく、人類の絶滅へのカウントダウンがはじまってしまう絶望感。戦争というものを冷徹にシビアに描き続けてきた作者さんが描くからこそ、余計にゾッとさせられる人類の愚かさの淡々とした生々しさを味わえるんですよね。

真・恋姫†無双〜李岳伝〜(ぽー)原作:真・恋姫†無双


長らく続いてきた傑作三国志戦記も、このたびついに完結。
別に記事書いて、完結を祝させていただいてますが、本当にとてつもない大作でした。
真・恋姫†無双の二次創作という枠にとどまらず、三国志モノとして尋常ならざる素晴らしい物語でありました。ここまでドキドキワクワク、鳥肌が立ちまくった作品は滅多とありませんでしたよ。
本当に、凄い物語をありがとうございました。これほどのお話を読めたことに、ひたすら感謝を。