【古き掟の魔法騎士 1】  羊太郎/遠坂 あさぎ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」羊太郎、新シリーズ!

「お前の王道を見せてみろ」――伝説時代最強の騎士と謳われると同時、野蛮人の異名を持つシド=ブリーツェ。キャルバニアの若き“王子”によって復活を遂げた男は、魔法騎士学校の教官として、新たな生を決意する。

いやいやいや、全然野蛮人じゃないじゃん! せいぜい、物腰がワイルドで口ぶりがぞんざいというくらいで、いわゆる粗でも野でももちろん卑でもない。ぶっちゃけ、イラストがもっと見た目蛮族なおっさんだったら、野蛮人呼ばわりも仕方ないかなと思わないでもないけれど、細マッチョの爽やか黒髪イケメンですし。
まああくまで野蛮人というのは、伝説で伝わる異名ですので現在に蘇った彼を見て評された呼称ではないのですけれど、それにしてもむしろ性格も全然野蛮っぽくないんだよなあ。
堅苦しい所がなく自由人っぽいのは宮仕えしてる騎士には確かに見えないのだけれど、怒鳴ったり威圧したりせず、常に落ち着いた言葉で語りかけてくる当たり温厚そうにすら見えますし、いつも騎士たる者云々と騎士格言を口癖みたいに口ずさんでいるあたり、ちょっと騎士好きすぎるだろうというくらい騎士然としてるんですよね。
その騎士格言も、武や強さ云々に関わるものではなくて精神性、心構え、騎士としての在り方を語るもので、騎士道の探求者であり体現者であることを常に志しているような高潔さが見え隠れするんですよね。
旧主から頼まれて仮の主君となったアルヴィスへの対応も、これまた非常に柔らかい。
あくまで主君に頼まれたから守るのであって、忠誠を誓っているわけではない、と前置きしておきながらも、アルヴィスを試すような真似をしたり旧主と悪い意味で比べたりせずお前なんぞ主人とは認められんなあ、と突っかかったりせず、ほんとに仮ですか? と言いたくなるくらい親身に接してくれるのである。いい加減な対応は絶対にしないんですよね。
紳士的ですらある。
いやほんとに、どこに野蛮人要素が?

なぜ彼が伝説で悪名を謳われるようになったのか、忠誠を誓いながらなぜ主君アルスルに討たれる事になったのか。今なお結ばれるアルスルとの約束とは。など、彼の過去にまつわる謎、秘密に関しては今回では語られることはなかったのですけれど、いやほんとになんでこの人が野蛮人なんだ?

ちょっと面白いのは、千年近く前の伝説の騎士が蘇った、という突拍子もない話がわりと普通に受け入れられてしまっている所なんですよね。
シドの正体を隠すことなく、むしろ喧伝する形でアルヴィスが王家に伝わる秘術でシドを復活させ、騎士に列っした、と公に明らかにしているのである。それを、誰も嘘だと思わず疑わずに、シドに対する感情はともかくとして、彼が本当にシドであることについては誰も文句は言っていないのである。
千年も前の騎士が蘇る、そんな出来事が普通に受けいれられてしまう土壌が、この世界観にはあるわけだ。妖精がその身を変えて形作ってくれた妖精剣を騎士たちが身につけ、魔法が存在し、古き盟約が今も息づき、亜人や巨人、半妖精が人間と別け隔てなくヒトとして生きている世界。この世界は神話・伝説とまだ地続きの神秘が当たり前のように残っている世界に見えます。
未だ神代に片足を突っ込んでいる時代。そんな中では古き騎士の復活というのは滅多とない奇跡でありつつもあり得ないと疑うほどの出来事ではないのでしょう。
大概の異世界ファンタジー世界は、神話時代が遠くに去ってしまった時代なことが多いので、こういう時代感はちょっと新鮮でふわふわした感触がしていいなあ。

物語は、アルヴィスが男装の姫ながら弱き民を守る王としての資質を見せ、シドから真の忠誠を得るまで。シドが真の騎士としての在り方を、未熟で落ちこぼれの従騎士たちに示し、彼らに騎士として教官としての真の尊敬を得るまで、のお話。なんですけど。
アルヴィスについては最初から覚悟決まっていて、常に自分らしくあるままで、それをシドもわりと最初から好ましく見ていたので、彼らが真の主従となるのはわりと順当な流れだったんですよね。
むしろ、自分こそがアルヴィスの騎士であるとシドに反発し、しかし自分の未熟さを痛感して挫折しかけ、それでもシドに叱咤されて立ち上がる、というアルヴィスの幼馴染であるテンコの方が紆余曲折たどってるんですよねえ。
他の従騎士仲間たちのメンツは、まだちょい役すぎて名前もキャラクター性もあんまり覚えられず。この段階で、この中からあれを出してしまったのはちょっと早計だったんじゃないだろうか。まあ紛れ込んでいたという形である以上、長く居着いているとすぐバレてしまう、というのはあったのでしょうけれど、ほぼ衝撃としてはなかったわけで。もっと、長く親しく付き合ってたら、衝撃度も高まっていたのでしょうが。
しかし、この王国、王家にろくに権威も戦力もなく、戦力的にも政治的にも三公爵家が牛耳ってるのって、しかもどの公爵家も自家の利益しか考えておらずに王家にとって変わる気満々で、王国全体のこと全く考えてない、って現在魔国とほぼ戦争状態にも関わらずこれは亡国一直線すぎるでしょう。
王家の影響力を拝して国政を牛耳ろうとするにしても、あまりにも雑な力押しすぎて、ただの無能じゃないのか、こいつら。権謀術数の欠片もないじゃないか。
おかげで、アルヴィスが頑張ればそれだけで王家の権威と発言力がある程度以上取り戻せてしまったのですが。

結局、向こうの黒幕の思惑もまだ全然見えてこず、何人かの敵サイドの人間の動きを見せている分相手がどういう体制をとっているのか、よくわかんないんですよね。アルスルとシドの過去もまだ不明のままだし、取り敢えずは主人公サイドのメインの顔見せと立ち位置の構築、が主だった一巻だったと見るべきでしょうか。