【いつか仮面を脱ぐ為に 2.棄てられ軍師と悩める姫君】  榊 一郎/茨乃 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

王国を覆う「疑念」と「不安」――。見えない敵に護国鬼神、敗北す――!?

《鬼神》レオ・アラモゴードは王国を護る最強の戦士。だが、いま王国は見えない敵の脅威に動揺し、レオもまた立ち向かう術を無くしていた。国内に流行る奇病、表層化する国王の後継者争いに加え、国境に敵軍の影!?

やっぱり、この主人公のレオくん。榊先生の作品の中ではとびっきりに思春期の男の子していて好きだなあ。
両親を暗殺され、若くして護国鬼神を継いだレオ。対外的には仮面を被って冷酷非情の鬼として振る舞いながら、実質は引きこもりのオタク少年であり、女の子にも興味津々の年相応のエッチい欲望に色んな意味で忠実な男の子なのだ。
こういう子は年上のお姉さんからは弄りやすいし、同年代の女の子とはお互い赤面してしまい、純真無垢な少女相手にはその無防備さ故にあたふたしてしまう、初々しいところが実に良い。変に生真面目すぎないところもいいですしね。
王国で流行りだした奇病が、なぜかケモミミと尻尾が生えてくるものだと知ったら、狂喜乱舞。性癖隠さないでいいんですか、レオくん。
おまけに、婚約者候補として送り込まれて今では傍に侍ってくれている騎士マリエルにも耳が生えてきて、いや可愛いよ? 実際可愛いよ? でも、少年正気失いすぎじゃね?
マリエルも満更でもないあたり……ねえ? いや、何がねえだよ、うん。まあマリエルさん、既にベタぼれ状態なので楚々としつつ積極的なんですねえ。立場的にも公的に婚約者で、王国から縁を繋ぐために送り込まれている以上、むしろお手つきにしないといけない相手なわけで。
そんな娘が、さらにレオの性癖どストライクのケモミミ娘になってしまったのですから、少年がイカレてしまっても、うん仕方ないよね。

ただ、王国内の情勢は奇病が流行り病ではなく、帝国の謀略であることが発覚し、感染した人間は何らかの魔術的爆弾を仕掛けられてしまったのではないか。或いは操られて暴れだすのでは、という疑念が世間に生じて、ケモミミになった人間は偏見と猜疑の目で見られるようになってしまう。
ひいてはそれは排斥に繋がり、それを王国首脳部が収拾するどころか、むしろ敵国の謀略を阻止しようとして逆に煽ってしまう始末。まあその影には、わざと謀略であることを知らしめて情勢不安を助長させる某軍師の策謀があったわけですけれど。
あっさりと流言飛語に乗っかってしまい、不安を解消するために短絡的な行動に出てしまう集団心理の愚かさがこれでもかと突きつけてくる展開でした。
いやでも、呪いに感染した人間たちになにか仕掛けられているのでは、と疑うのは当然と言えば当然なんですよね。まさか、ただケモミミと尻尾が生えてくるだけの呪だとは思うめえ。
いやだって、そんな風に呪詛を広められるなら幾らでももっと直接的に害を与える内容の呪い撒き散らしますやん。疑われている通り、操ったり正気を喪わせて暴れるようなものを仕込んでも良い。
なんでそんな迂遠な真似するんだ、って話じゃないですか。まあ相手の軍師からすると、自分たちの愚かさで滅びるが良い、みたいな感じで自分たちで自分の首を締めて自殺していくのを楽しもうという悪趣味さ、性癖のゆがみが根本にあるのかもしれませんが。
ともあれ、感染者は被害者でもあるのですから、もっと国の側が庇護するべきなのに率先して排斥、排除、疑わしきは罰せよとばかりに一方的に処分しようとしてしまったら、そりゃ国としての信用が喪われてしまいますわなあ。まあ、それを支持しているのは国民自身だったので救いようもなかったのですが。それに、軍師の傀儡人形が浸透して指導者を誘導していたのですから、まあ良いように弄ばれていた、と言わざるを得ない。
いやでも、国民にこれだけ呪を浸透させ、国の意思決定機関の最上位ともいうべきあたりに工作員を浸透させていて、やることがこれ、というのはちょっとやっぱり迂遠すぎやしませんかね、軍師様。

こういう、自分たちと違ってしまったものを排除しようとする集団心理に対しては、大なり小なりみんな思ったことありますよね。じゃあ、全員変わってしまったものと同じものになってしまえばいい、同じものにしてしまえばいい。そうすれば、差別もなくなる、と。
往々にして、それやろうとするのは意識高い系のラスボス系の人たちだったりするのですけれど。
まあ敵役の人たちがやろうとする場合、だいたい酷い事になる前提だったり人間盛大にやめて社会崩壊しかねなかったり、と救いがない結末が待っていることが多いので、素直に享受できずに戦うことになってしまうのですが。
今回に関しては、その意味ではリスクが殆ど見当たらないパターンだったんですよね。だからといって、これを主人公サイドがやろう、というのはあんまり見たことなかったぞw
それにこう……人間の愚かさとは別に人間の業というか性癖を感じさせられる展開でもあり……おおう。もうこれいっそ、戻るという選択肢を用意せずに不可逆にしてしまい、王国=ケモモミ人、ということにしてしまっても良かったのに、とか思ってしまった。まあそうなると、他国との軋轢を生じさせてしまいますか。そうなったらなったで、人類総ケモミミ計画とか発動しそうですが。

ともあれ、バックグラウンドで進行するなかなか重たい展開とは裏腹に、主人公周りはノリのよいコメディタッチで、キャラクターも「イイ性格した」人が多くて、まー読んでて楽しかったです。
完全にレオ君より上位にいる女執事のハイエットだけでも充分レオくん周り引っ掻き回していたと思うのですけれど、ここにあの姫様加わると相乗効果になってしまうのではないでしょうか、と思うくらいにはあの第一王女もイイ性格してたなあ。
タイトルは悩める王女だけれど、実はあんまり悩んでなかっただろう、と言いたくなるんですけど。それとも、悩んでた王女は第二王女の方ですかい?w
本来なら一番腹黒で然るべきだろう、元軍師の娘の方が全然真っ当というか、真面目に見えますよぉ。