【川上稔 短編集 パワーワードの尊い話が、ハッピーエンドで五本入り 2】  川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Kindle BOOK☆WALKER

・『総統閣下の塔』
 「ヘロー ヘロー 少年達、少女達、今日も悪いおじさんが抵抗の曲を聴かせよう」僕達の町には総統閣下の像と呼ばれる通信塔がある。戦争が終わり塔が取り壊されると知った僕が、その塔を昇ろうと衝動的に挑んだ処から始まる、これは、誰も彼もに聴かせる物語。

・『天使の解釈違い』
 「ちょっと旅行行ってくる」結婚して二十数年の熟年天使夫婦。ある日、夫が二週間家を空けたと思ったら若返って帰ってきた? しかも手土産まで持って。妙に親切になった夫に違和感を感じた妻は、調査を開始する。

・『黄金周環』
 「──この日、この夜、時間がチョイと狂うんです」連休中も仕事に追われ疲れていた僕は、帰宅のためタクシーに乗り込んだ。『ちょっと、遠回りしてみませんか』「いいよ、どのくらい?」『そうですね、“どのくらい”、戻ってみたいですか』ゴールデンウィークの夜を走る取り返しの物語。

・書き下ろし短編『幸いの人』
 「君を神の下に導くよ」突然の姉の失踪とともに目の前に現れた彼。白の服を着た青年は私の問いかけに、見たことのない表情で頷いた。不幸な女と言われる私と、彼の距離感。「それを信じない私じゃないわ」

・『禁書区画で待ってる』
 「手紙を送る! ──そして、必ず会おう!」東の大図書館には幽霊の司書がいる。本当の話だ。戦後200年、政治的にも“物理的にも”東西真っ二つに分けられた国が併合するとき、廃止となる禁書区画で願う、彼女の区切りの物語。

 川上稔が贈る、最高に尊くて卒倒する珠玉のラブコメ短編集! 書き下ろし含む5本の他に、BONUS TRACK『ライブ“黒死無双”』を収録!


『禁書区画で待ってる』の200年後に届いた手紙と司書さんが会話しながら読み進めていくシーン、なんど読んでもボロボロと泣けてくる。
ずっとずっと一緒に居た。でも、ずっとずっと待っていた。そして今、約束は果たされる。必ず会おうと、交わした約束が。
「――ずっと一緒に居たけれど、これから私達、会えるのね」

これもうちょっと尊すぎて、あかんですよー!! もう無理、なんか自分でも訳わかんないくらい、胸に突き刺さってしまいました。パブロフの犬みたいに、条件反射で泣けてくる。
哀しい物語じゃないんです。これは、再会の物語。祝福を、祝福を。

はぁーーーー………。この2巻は1巻よりも寄り染み入る尊さだった気がします。同じラブストーリーでも、芽生え育まれていくものではなく、既にそこに在ったものをより深く深く掘り下げていくような。
最初の『総統閣下の塔』に至ってはラブストーリーではないですもんね。いや、幼馴染の再会の話ではあるんですけれど、それ以上に一人の頂点に立った男の、たった一人の抵抗運動であり、友情の話だったんですよね。これもまた、尊いッ!!

二話目の『天使の解釈違い』なんて、既に夫婦になってる熟年の男女の話であり、倦怠期に入った天使な奥さんが……これ、なんて言えばいいんでしょうね。なんか、何言っても無粋な気がしてきた。それも、解釈の違いですか? 愛を思い出す? ときめきを確信する? 運命を信じる? 幸せを自覚する? すべてがそうであるようで、まあそれもまた人それぞれの解釈だ。
ただ一つ間違いないのは……この夫婦、尊いぃぃ!!

『黄金周環』。ゴールデンウィークは連休長ければ長いほどイイ! ということですね、わかります。まさか、連休の長さで時空加速が増すとは知らなかった。
SFである。なんかこう、今まで読んだ時間旅行の設定の中で一番イカしてる時間の戻り方だと思う。タクシーの運ちゃん、すげえなあ。
十年を経てようやくはじまる二人の時間。よいゴールデンウィークを。とても素敵なハッピーエンド。

『幸いの人』
龍が飛ぶのを釜揚げうどんに例える人ははじめてみた。不幸な、と呼ばれた女の話。ヒーローだよね、この人。あらゆる他者の不幸をはねのけた人。じゃあ、幸いの人というのは? 幸福を運ぶ人。自分以外の人を幸せに出来る人。そんな二人の、距離感のお話。

そして最後の『禁書区画で待ってる』。胸を締め付けるような、でも温かくなる噛みしめるような尊さでした。
こうも見事に尊さを揃えられると、もう頭を垂れるしかありません。尊みが、体中に染み渡るぅぅ。