【俺、ツインテールになります。17】  水沢 夢/春日歩 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

危うしレッド!最強最後のエレメリアンたち

トゥアールが奇跡の復活を果たして誕生した戦士・テイルホワイトの活躍で、長きにわたりツインテイルズを苦しめてきた最凶の敵・エンジェルギルディはついに完全消滅した。そして訪れたしばしの休息。愛香はホワイトとの手合わせを熱望するも、あと何回変身できるか保証がないトゥアールはそれを拒否。代わりに、新たな装備の開発に着手することに。ともあれ総二たちは、久方ぶりの穏やかな日々を満喫する。そしてやってきたバレンタインデーをチャンスとばかりに、愛香たちは大暴走。それぞれが、あらためて総二への思いを募らせていく。
一方アルティメギルには、続々と神の力を持つエレメリアンが合流していく。中でも組織一のイケメンであり成功率100%を誇るナンパ師だと自称するポセイドンギルディが、部隊の怨敵テイルブルーをメロメロにして仲間に引き入れると豪語。だが、思わぬところからテイルレッドの正体へと近づいていってしまう。果たして、秘密を探られ始めたテイルレッドの運命は……!?
最強最後のエレメリアンたちが、アルティメギル首領の名の下に侵攻を開始する。決戦の時は近い――今こそ結集せよ、ツインテイルズ! ツインテール最終章へ!
満を持してのテイルホワイト、表紙を飾るの巻。こうしてみるとちゃんと美人なんだよなあ。まるで普段が美人じゃないみたいな言い方だが。
ともあれ、トゥアールが精神的にも復調して元の調子を取り戻してくれて本当に良かった。なんだかんだと彼女がツインテイルズのムードメーカーであったのは間違いなかったわけで、トゥアールが空元気だったり落ち込んでいたりすると、本当にお話の雰囲気から暗くなってしまいましたからね。
一番露骨に影響を受けてしまうのが愛香でしたし。一番うるさい二人が元気ないと、どうしようもありませんでしたし。
おかげで、トゥアールの復活でむしろ愛香の方が元気マシマシになっていたのが微笑ましい。いつの間に、こんな親友ムーブかますようになったですかね。わりと最近までゴキブリを踏み潰す勢いで本気で殺しに掛かってた気がするのですが。むしろ、総二相手よりもトゥアールと愛香でイチャイチャしてる場面のほうが増えてたもんなあ。
トゥアールに関しては、もとに戻ったという感じなんだけれど、愛香はさらに復調と同時になんかピュア度があがってる気がするんですよね。精神的に素直になったというか、建前に拘泥しなくなったというか。思いの丈を恥ずかしがらずにストレートに出すようになった気がします。特にトゥアールに対して。
……ピュア度が増すほどに、女の子らしくなるより蛮族色がむしろ濃くなるのはあれですか。愛香の根源が蛮族そのものということなんですか? 純粋無垢なキラキラした目で、全力で殺り合いたいの、とか言い出しやがってますよ、この神をも覆せぬ貧乳は。
全身にチョコを塗りたくって板チョコ! は、不覚にも笑ってしまったw

と、トゥアールと愛香の話ベースに今回は進むのかと思いきや、後半に入ってスポットがあたるのはまさかの尊先生。齢29歳の崖っぷちで婚姻届を無差別にばら撒いて婚活に勤しんでいたのも今は昔。そう言えば、最近はとんとあのどぎつい婚活は鳴りを潜めていたんですよね。焦りも見せなくなって、むしろ落ち着きある大人な態度で慧理那に侍りつつも、総二にも品の良い女性らしい態度で接してくれるから、癒やし担当なんじゃないかと思えるくらいになっていたのでした。
ツインテイルズのメンバーはみんな少女であると同時に変態だし、大人なお母さん連中はさらに輪をかけた騒がしい変態たちなものだから、尊先生っていつの間にかメガ・ネと並んで良識枠になってたんですよね。
彼女をあの無差別の婚活に走らせていた焦りって、そうか単純に年齢によるものじゃなかったのか。自分自身のためではなく、慧理那を慮ってのことだったのですね。だから、慧理那が総二との仲を深めていき、新堂家としても総二の婿入りを諸手を挙げて歓迎し始めたおかげで焦る必要はなくなったのか。
そうなってくると、彼女の中の結婚願望は余計な要素がなくなって、より自分自身の中の純粋な思いに磨き上げられていったのですね。最近はもう婚姻届は、総二にしか渡してない、ってもうそこに気持ちが現れてるじゃないですか。それに、渡すだけで初期のように署名させようという素振りはないんですよね。ただ、受け取って貰えたらそれでいい、という控えめなものになっていたし、回数も減っていた。一回一回に、楚々とした淡い想いが篭もっていたんですね。それでいて、慧理那の幸せを思い自分の気持ちが叶うことは望んでいなかった、と。
色んな意味で欲望がほとばしりすぎている、ツインテイルズの面々と違って尊先生の淡い恋心がむしろ少女性というか乙女度が凄いことになっていて、ここにきてヒロイン株があがりまくってしまったんですけど!?
いやもうこれ、まず最初に尊さんと結婚するべきじゃないんですか、総二くんは。来年三十になるわけですし、本人はもう焦っていないとはいえ、あんなに可愛らしく控えめに恋を打ち明けられてしまうと、先生を優先させてあげてください、と言いたくなる。とりあえず、童貞だけでも譲ってください、と喚いている変態と比べてしまうと、比べてしまうとw
あの愛香がストレートに直球でプロポーズまでしてきたのにはちょっと驚かされましたけれど、それでもここは尊先生に。尊さんなら、優しく母性で包んでくれそうじゃないですか。今の総二でもうまく受け入れてくれそう。まだ他の娘たちは、小娘すぎてなんともはや。

さて、敵サイドも神のエレメリアン、ポセイドンとゼウス、ハデス、アポロの四人が揃い踏みとなり、今度こそ最後の幹部エレメリアンとなりそう。まさか、ゼウスギルディが女性人格エレメリアンというのは予想外でしたけど。マーメイドギルディが最後の女性エレメリアンではなかったのか。
ついに、向こうもレッドの正体に近づいてきて、とうとう禁断の秘密がエレメリアンたちに明らかになってしまう時が近づいているのか。
そして、歴代テールブルー三人の揃い踏みという戦隊モノの劇場版的花形展開はやっぱり燃えますなあ。

水沢夢・作品感想