前回、1月前半に発売される作品のピックアップ記事です。


1月後半。富士見ファンタジア文庫が新人賞作品を繰り出してくる睦月でもあります。
試し読みも出来るのでちらっと読んでみたのですが、【魔王2099】、これはかなり面白そう♪


【剣と魔法の税金対策】 SOW(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W
税金対策、大事です、大事。サラリーマンには関係ないけどね。
しかして勇者は個人事業主なのであった。場合によっては国の紐付き、非常勤国家公務員、という可能性もなきにしもあらずなのだけれど、本作の場合は個人営業だった模様で。
っていうか、勇者女の子なのか。銭ゲバ女勇者が目論む、神に支払う税金への対策とは。なんか、キャラ的に脱税上等! って感じもするのだけれど、あくまで合法狙いなのか。偽装結婚の時点ですでにアウトっぽい気がするんですけれど!?


【魔王2099 1. 電子荒廃都市・新宿】 紫 大悟(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W
勇者に破れた魔王が500年ぶりに復活してみれば、元居たオーソドックスな神と魔法によって構成されたファンタジー世界は地球との融合によって滅び去り、異世界間戦争を経て融合した世界は荒廃しながらも、魔導と科学の合わさったサイバーパンクの世界へと変貌していた。
異世界との融合、異世界間戦争、魔導と科学の合体。既存の社会体制の崩壊に神の死、都市国家の乱立、ディストピア的サイバーパンク世界の到来。という、それだけでも設定、物語のネタとして盛りだくさんに積み上げたところに、さらに旧世界の魔王復活という劇薬を放り込んだ、贅沢というべきか混沌というべきか、ファンタジア文庫新人賞大賞受賞作という看板、掲げるに値するやりたい放題詰め込んだ大作だ、こりゃ。


【TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 3 〜ヘンダーソン氏の福音を〜】 Schuld(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W
ついに世界の魔導の秘奥が飛び交い、上から下まで「マッド」が揃った狂魔導師の巣窟である魔導院。そして、世界の中心である帝都という魔都に足を踏み入れたケーニヒ。
辺境の村からは見えなかった世界のありようが、彼の前に広がっていく。そう、TRPG定番のシティ・アドベンチャーの時間だ!


【Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 03】 之 貫紀(エンターブレイン)

Amazon Kindle B☆W
ダンジョンの攻略よりも、ダンジョンで行った検証によって得た情報やスキルオーブなどによって、世界をひっきりなしに大混乱に陥れているDパワーズ。権力と武力を振りかざす世界中の国家を引っ掻き回して振り回す個人、という構図がまた痛快なのですが、ダンジョン攻略の方も下層にいたり劇的な進展もあるようで。たとえ神様が相手でも検証してみせる、てな感じなのですかこれ?