【スパイ教室 03 《忘我》のアネット】  竹町/トマリ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
失踪した4人の少女。最悪の結末は――。

暗殺者《屍》の任務後、選抜組の少女たちが出会ったのは、記憶喪失で出自不明の少女――アネットの母。感動の再会に盛り上がる一同だが、それはチームを分断する残酷な運命のはじまりだった。

表紙はアネット。アネット? またアネット? 2巻でいや誰だよこれ、という2巻では出番がない忘我の人が二人も表紙を飾っていて、混乱に陥れられたものでした。なんでこの娘なの?
と、思ってたら3巻もこの娘である。何しろこの作品、読者を騙し尽くすことを見せ場にしている物語である。わざわざ本編と関係ないキャラで表紙を飾らせることから、なにか仕掛けてきてるんじゃ、と疑心暗鬼になるのも仕方ないじゃないですか。
普通、8人いるスパイ娘を一人ずつ描いていくものじゃないですか。それをわずか2巻目からいきなり常道からドロップアウトするものですから、もうワケワカランかったんですよね。2巻読んでも、なんでグレーテがアネットの格好しているのかわからないままでしたし。よほどの謎があるか、アネットが実は裏の主人公だったのか。
まあ色々と考えました。穿ちました。この3巻のあとがきであっさり暴露されてたんですけどね。
……人気投票の結果かよーー!! いや、ストーリーの関係上、3巻はどうしたってアネットがメインにならざるを得ない中で、2巻の表紙を飾ることを目玉にした人気投票でアネットが一位を獲得してしまった、という事態に苦心した結果がこれだった、というのはよくわかったのですが、そんな企画全然知らなかった身としては、この真相にはさすがにがっくりしてしまいました。
なんかこう、遠大なミスリードとかが絡んでたとかじゃなかったのかー

というわけで、この3巻はアネットが中心となって起こった事件。4人のチームの失踪のお話となります。と言っても、アネットは事態の中心であっても、どちらかというと据えものであって、物語の牽引はチームのリーダー的な立場に在るティアと、独立独歩を行こうとするモニカとの対立を中心軸に進んでいくわけですが。
先の2巻の主役となった4人が協調性を高く持つメンバーだったのに対して、こちらの屍迎撃チームに配された4人は実力こそ秀でているものの、協調性に大いに問題ありのメンバーだったのです、ティアは除く。
実質的にリーダー的な立ち回りをしていたティアに求められたのは、この問題児たちの取りまとめ、ではなかったみたいで、対立し続けることが真のチームワークへと繋がるという、前身の「焔」からのクラウスの方針によるものだったわけですけれど、終わってみてもそれよく意味わかんなかったですよ?
つまり、妥協して自分を押し殺すな、ということでもあったのでしょうか。肝心の「屍」迎撃作戦の方はモニカの能力のゴリ押しで無事済んだようなもので、実際彼女らのチームワークが問われることになるのは、作戦終了後に彼女らに許されたバカンスの地で巻き込まれた事件でした。これ、クラウスが仕込んだことではなくて、完全に偶然の産物だったんですよね。この事件がなかったら、果たしてティアは他の三人に認められたのか。ティアは他の三人のことを理解できたのか。アネットの資質は見極められたのか。
灯火というチームは完成したのか。
たまたま巻き込まれた、というには重大な転換点でありました。運命というのは凡そ、そうやって何食わぬ顔をして訪れるものなのかもしれませんが。

こうしてみると、2巻のメインメンバーたちって本当に普通に人付き合い出来る娘たちだったんですねえ。あれはあれで癖が強くて面倒なところのある困ったちゃんたち、に見えたものですが、モニカ、エルナ、アネットの三人に比べてばどうしてどうして。
特にモニカは自分の能力に強い自負がある分、周りを邪魔者とみなして独断専行するチームとしては一番厄介なタイプ。必然的に、ティアと衝突を繰り返す、いやちゃんとした衝突にもならず、勝手するモニカをティアが引き止められずにすれ違うことになる。
まず、ちゃんと対立することも出来なかった。ティアは相手にもされなかったわけだ。
女の武器を駆使して渡り合うティアという少女、女スパイのある意味王道を行くのだけれど、その割には世間も人間もなめてたり利用する相手と割り切っているのではなく、すごく真面目なんですよね。相手に対しても真剣で、まあ引っ掛けた男に対して本気になるわけじゃないのだけれど、身内に対してはとても情深く、チームに対しても仲間という以上に家族のように接するんですよね。
そりゃ、スパイという稼業について割り切って考えているモニカにとって、ティアの在り方というのはスパイらしく無く、危惧に値するものだったのでしょう。ティアのみならず、リリィたちも人並み以上に優しい娘たちでしたからね。
だからこそ、自分が、と肩肘張っているところもあったのかもしれません。そういうところ、モニカ自身も情深い、と言える所だったんですけれどね。
ティアの目指す所は、実のところ任務優先の冷酷非情なスパイ、ではなく、弱い人困ってる人を助けられるようなヒーロー。それは、スパイなんかよりもよほど難しい高みなのかもしれません。ティア自身、自分の志と裏腹に低すぎる能力、未熟すぎる在り方に悩み苦しみ続けて、それは解消されることはありません。
でも、その考え方、立ち位置って、やっぱり他の娘たちよりも高いんですよね。クラウスと同じところにある、と言ってもいいかもしれない。ティアの憧れが、かつての焔のリーダーであり、彼女のようになることがティアの目標、という所もよりクラウスに近い所にあるのではないでしょうか。ティアへのクラウスの期待は、他の娘らとまたちょっと違うところにあるような気がするなあ。

そして、モニカの懸念を打ち消すようにクラウスが配した、灯火の最終兵器。なるほど、そういう立ち位置だったのか、アネット。いや、この娘の扱い、ほんとに爆弾な気がするのだけれど。
地雷がどこに埋まってるか、全然わからない。彼女と一緒にいるというのは、地雷原でタップダンスしてるようなものじゃないんですか、これ。あの女が地雷踏み抜いたポイントが、普通に想像できる部分と全然違いすぎたんですけど。これ、ティアも相当危ない橋渡ったんじゃないですか? 本人知らないところで。一つ間違えれば……。
そう考えると、一番の最難関を乗り越えたのって、結構早い段階だったのかもしれない。

ともあれ、これで灯火というチームは8人のスパイ少女たちのもとに完成。クラウスが自分の役割を託せるほどに、なったわけで。ようやく、8人全員で本格的な任務に挑めることになった彼女たちは、ついに「蛇」との対決に挑むことになる。
……って、4巻はティアがサブタイトル? メインなの? 今回も充分メインだった気がするんだけど!?