【薬屋のひとりごと 7】 日向 夏/しの とうこ ヒーロー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

里樹妃との一件が片付いたのもつかの間、
猫猫の元に高順が厄介ごとを持ってやってくる。
どんな用事かと言えば、猫猫に女官試験を受けないかというものだった。
猫猫は、半ば強制的に試験を受ける羽目になる。
新しく医官専属の女官となった猫猫の前に現れるのは、
面倒くさい変人軍師に厳しい上司の医官たち、それと同僚たる同じ女官たちだが――。
猫猫は同僚たちにお約束の通り嫌がらせを受ける。
特に、女官の首領である姚(ヤオ)は猫猫に対して突っかかってくるのだった。
出てったと思ったら、また戻ってきて、と後宮の人たちもなんだこの女、て感じでしょうね、猫猫に対して。
しかも、今度は医官付き女官。結婚までの腰掛けではなかなか出来ない専門職である。最初は攫われてきて、下女からだったのに。
とはいえ、ここで同僚になった姚と燕燕はこれまで仲良くなった女官たちよりも縁が深くなりそうなんですよね。これまで猫猫って、所属きっちり固定されずにあっちこっちにフラフラとたらい回しにされたり、引っ張ってこられたり、と落ち着いて同じ所で一緒に仕事する仲間というのが出来にくかったんですよね。相手の立場が上だったりすることもあったし、仲良くなっても違う場所で働いていたり。一時的に一緒になっても、猫猫がすぐ違うところに行くので縁は続いていてもそんなに頻繁に顔を合わせられなくなったり。
まあ猫猫がそもそも愛想良くなくて仲良くなってもそっけないままだから、よほど懐っこい子相手でなければ縁も続かなかった、というのもあるのだけれど。
ただ、今回の場合は姚も燕燕も医官専属女官として同じ職場でそれなりに専門的な仕事に携わるし、薬関係は猫猫の本職ということもあって、彼女もわりと腰を据えて掛かっていることもあって、彼女たちとのやり取りがかなり多かったんですよね。
向こうが、というよりも姚が、ですが。猫猫に突っかかってきていましたけれど、元々裏表のないお嬢様なので、猫猫もけっこう好感抱いていたみたいですし。
猫猫ってこういうパリッとした子好きですよね。男女問わず、パリッとしているというかシャキッとしてる人相手だと、結構面倒くさいような相手でも好感を持ちやすいような気がします。高順とかオヤジとか、この手の人たちも穏やかだけどシャキッとしてるというか、グジグジしないせいか、敬意を持って接してますし。
逆にねちっこいというか鬱陶しい系は対応が塩。軍師さまとか、わりと壬氏もねちっこいところある気がする。
ただ、猫猫はほんと考えてること、というか特に対人関係なんだけれど、相手のことどう思ってるのかわかんないんですよね。塩対応がデフォルト、というのもあるんだけれど、喜楽の感情がにじみ出るのって薬とか毒関係のことでご満悦になってるときくらいだもんなあ。
ただ、他人に興味が全然なかったり、何も感じていないというわけじゃなくて、過去に親しい人を亡くした件については今も時々思い出して物思いにふけってるし、好感を抱いている人が理不尽な目にあったら珍しいぐらいに怒ってましたもんね、今回なんぞ。
でも、こと女の感情、異性に対しての感性に関しては元々が変人極まっているせいか、どうも常人とはズレている節があるし。子供は一度産んでみたい、と思ってるけれど、それも妊娠出産というものへの興味好奇心が主であって、その相手に対してはまったく関心抱いてないみたいだもんなあ。
壬氏のことどう思ってるのか。嫌いとか鬱陶しいとかはさすがに思ってない……いや、めんどいとか鬱陶しい、とかはかなり思ってる感じだけれど、毛嫌いはしていないはず。ただ、猫猫が壬氏のこと好きか、と問われると……この女が好きとか恋とか愛とか感じる生物なんだろうか、と真剣に首を傾げてしまうところがありますし。実は、密かに、というのもちょっと想像つかないもんなあ。
だから、幾つか疲労やら苛立ちやらタイミングが重なり精神的にキレてしまった、にしてもあの猫猫が、グチグチ遠回しにばかり言ってないでちゃんとハッキリ告白しろ! という趣旨の言葉を壬氏に叩きつけたのは意外も意外で。たまたま神経に触ることを言われたからって、キレて皮肉やら毒舌やら批判をぶつける方が彼女らしいわけで、それが「ハッキリしろよ、おい!」ですもんね。
そんなん言ったら、ずっと自重していた壬氏を煽った意外のなにものでもなく。そりゃ、壬氏さまも渡りに船ですよ。言いたくても言わないでずっと我慢してたのを、向こうから言えって言ってきたら、そりゃ言いますがな。
それでも、ついにですからねえ。壬氏さま、ついに言いやがった! コクったーー!! やっはー! プロポーズだ、ひゃっほーい!
それで、やっべえ、と顔を赤くするのではなく青ざめさせるのが猫猫なのですが。にしても、ほんと珍しく感情的になったなあ。感情的になったとしても、ここまで墓穴堀ったのは初めてじゃないだろうか。
で、どうなんだよ、プロポーズだぞ。嬉しくないのか、と聞きたいところだけれど、当人からすると「死刑宣告」なのだそうです。いやうん、この娘の性格からしてそう捉えるのもわかる、凄くわかるのだけれど……本当にこれっぽっちも「乙女心」関連は稼働しないのだろうか。そもそも、存在しないとか言われても、そうなのかー、となりそうなのが怖いのだけれど。
まあ、壬氏さまもこれまでの経験の積み重ねから、この女がこういう人間だというのは嫌というほどわかった上で、ずっと粘ってきて苦労してきたわけですからね。今更どういう態度取られても気にしないだろうけど、いやこっそり気にしながらも堪えきるんだろうけど、それにしても趣味変わってるよなあ、この人は。

突如、後宮入りした愛凛妃の目的と、突如外交訪問してきた愛凛妃の故国の政治的象徴たる巫女の来訪と合わせて起こった事件。
猫猫としては、違和感と気づきそうで思い当たらないもどかしさが色んな場面で介在していて、今回はすっきりと真相にたどり着けなくて、けっこうもやもやしたんじゃないだろうか。
結果として事件が起こってしまって、姚が大変な目にあってしまう、という猫猫としても痛恨の事態になってしまったわけですし。真相としてはかなりびっくりする展開ではありましたけれど。宦官が当たり前にいる環境であるからこそ、その視点はけっこう死角だった気もするんですよね。あと、そんな簡単に、いや簡単じゃなく長年の積み重ねあってのことかもしれませんけれど……豊胸って出来るのか。
……燕燕、これガチで姚は儂が育てた、ってやつなんですか、あなたw
使用人というか従者にも関わらず、主人を弄って愉悦に浸る、でもぞっこん愛している、というドS系百合のやばいヤツじゃないですかー。ただ、男にもイケメンにもまったく興味なし、ということも相まって、顔の良さのおかげで災難が日常的に降り掛かってくる壬氏に目をつけられたのは、ご愁傷様でした。自分にまったく興味を示さない燕燕に、おまけに女色の卦ありと知った途端に、身の回りの世話をする女官として「採用!!」と食い気味に叫ぶ壬氏さま、相変わらずこう顔の良さと裏腹の残念さというか、毎日苦労してるんだなあ、と同情したくなる所がまた見れて、なんかもう貴方はそのままで居てください。

このシリーズ、ウェブ版の方ずっと追いかけていて、書籍版の方は積んだままだったのですけれど、いい加減シリーズ長期化してしまって最初から書籍版読んで追いかけるの大変になっちゃったんですよね。なので、もう途中からでいいから読み始めよう、と七巻から途中乗車しました。
ウェブ版の方、ちょうどこの7巻分のところまで読んで、そのさきは書籍版で追いかけるつもりでしばらく前から読むの止めているので、この先は何も知らないまっさら。というわけで、次巻すでに出てますけれど、遠からず続き読みたいところ。楽しみ楽しみ。


日向夏・作品感想