いきなり有馬記念、なんとびっくりダイユウサクがw
未だにあの一戦で覚えている人も多いだろうダイユウサク。今期はほんと本来の馬名のまま出られるウマ娘と違って、変名で出てるモブのウマ娘たちでもちゃんとスポットあたってくれるので嬉しいやら楽しいやら。

カミノクレッセ、懐かしいなあ。今作ではカミヤクラシオンという名前で登場していますが、G1こそ勝てなかったものの、間違いなくこの年のG1戦線の主役の一頭でした。
阪神大賞典でも、結局メジロマックイーンには最後5馬身もちぎられてしまっていますけれど、3着とはさらに9馬身離してて後続ぶっ千切ってるんですよね。
実況では一騎打ちにならない! と叫ばれてしまっていますが、3000の長距離に雨の荒馬場というメジロマックイーンの土俵であった事を考えるなら、よくついていったなあ、と。
彼女もまたカノープスに入っても不思議ではない戦歴なんですよねえ。
ってか、この時代名バイプレイヤーがいっぱい居すぎる。
マチカネタンホイザも、新たにカノープスに新人として加わりましたけれど、そうかこの娘トウカイテイオーやナイスネイチャよりひとつ下の世代になるのか。
このウマもまた、ずっと一線級で長きに渡って上位を争い続けたでねえ。名前がまた印象深かったんですよ、というかインパクト強かったというべきか。タンホイザーとは有名なオペラの演目の一つなんですけど当時はクラシックなんて知らないガキですし、今と違ってネットで調べるなんて事も出来なかったのでタンホイザって何のことかわからないんだけど、兎に角なんかカッコいい! となってこのウマ、すごく印象残ってたんですよね。
マチカネと来たら自分の中ではフクキタルじゃなくてずっとマチカネタンホイザが代名詞でした。
しかしこの娘もツインターボとは方向性の違うアホの娘やなあ。ほわほわ系。イクノディクタスも、知性派に見えて脳筋系アホの娘ですし、カノープスってばこんなんばっかりか。ネイチャも苦労するだろうな、と思ったらわりと一緒に流れに身を任せて、トレーナーに苦労が一点集中してるw


さあ、次回はトウカイテイオーの復帰戦、大阪杯だ。詳しくは描写されていないけれど、ウマ娘は現在のレース編成に遵守しているので、当時G2だった大阪杯も、現在の通りG1扱いで勝負服を着てのレースとなるらしい。しかも、新衣装。え!? 新衣装とかあるの!?
不死鳥を体現するような赤い羽根まとう勝負服に身を包み、いざトウカイテイオー復活のとき。




『ウマ箱2』第1コーナー アニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』トレーナーズBOX)

Amazon