【聖剣学院の魔剣使い 6】  志瑞祐/遠坂 あさぎ MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

10歳児に転生した最強魔王とお姉さん達の学園ソードファンタジー第6弾!

「レオ君――君は、一体何者なの?」〈死都〉での任務より帰還したレオニスを待っていたのは、リーセリアによる質問攻めだった。魔王の秘密は遂にバレてしまうのか!? 一方、咲耶の周囲では〈桜蘭〉出身の武装傭兵団が〈第〇七戦術都市〉を巻き込む恐ろしい計画を実行しようとしていた。かつての同胞を止めるため、ひとり奔走する咲耶は、謎の魔王(※レオニス)に接近する。「魔王の力を貸りるには、それなりの対価が必要だな」「え、えっちな要求か?」「違う!」明かされる〈桜蘭〉滅亡の真実。姿を現した咲耶の姉。そして、レオニスの師にして〈六英雄〉最強の〈剣聖〉が目を覚ます――!

レオくん、想定外のことが起こるとわりと内心でいつもテンパってますよね。今回にしてもセリアに正体がバレたときにしても、予想外のところで咲耶と行き会ってしまった時も、え!?え!?どうしよう!?どうする!?てな感じで慌ててますし。まあ慌てて軽率な失敗をしないあたりは流石なのですが、テンパってる時点で可愛いんですよ、ショタ可愛いんですよ。
君はずっとそんな感じで居てください。
……いや、セリアに事情の一端を明かしたとき、けっこうやらかしてないかしら。魔王と告げなかったのはともかくとしても、探しているロゼリアという人物が現世ではただの女の子という情報は、セリアさんちょっと引っかかっちゃうんじゃないだろうか。
古代の王国の王様だった、という話をしながら、魔王だという事に関しては言わなかった件についても、別に言っちゃっても良かっただろうにそこまで踏ん切れなかったのか。彼が勇者から魔王になった詳しい事情については明かされていないので何とも言えないのだけれど、少なからず親しかった人たちが敵に回ったことが心に残っているんですね。魔王だと知れた時にどう反応されるかが引っかかって踏ん切れなかったというのは、それだけセリアの事を大切に思っているからなんだろうけど。情報の小出しは後々話がもつれる要因になりそう。
ただでさえ、他では魔王ゾールなんて名乗って活動はじめているわけですし。それでついつい咲耶と接触してけっこうがっつり関わるはめになっちゃってるわけですしね。
彼がそうして徹底して自分の正体隠していることは、敵側にも一切その存在を気取られていないという点で大きなアドバンテージを稼いでいるのも確かなんでしょうけど。
セリアに埋め込まれていた女神の欠片とやら、普通の展開なら後々芽を出して取り返しのつかない事態に陥る原因になりそうなものなのに、あっさりレオくん除去しちゃいましたしね。いや、取っちゃうの!? 取れちゃうの!? とびっくりしてしまうくらい簡単に取っ払っちゃったもんなあ。なんやかんや理由つけて、現状では手を出せないみたいな展開にもならず。これ、埋め込んだ敵サイドはこれ気づいていなくて、未だに「ふふふ」とほくそ笑んでるわけで、若干間抜け面を晒してるんですよねw
ただ、果たしてこの欠片を除去してしまった展開が思わぬことにならなければいいんですけど。もしかしたら、埋め込まれたままだった方が違う展開になったという可能性も、セリアと女神の繋がりしだいではアリ得るわけですから。まあこればっかりは話が進まないとわからないのですけれど。

そろそろ咲耶側の事情も明らかにしてきてくれたわけですけれど、彼女は彼女で孤高に半分闇に身を沈めながら修羅に堕ちても外道に堕さず、の矜持を示しながらヴォイドを斬って回っている姿はさながらダークヒーローなんですよね。
魔王軍としてはスカウト上等なのか、この場合。でも、スカウトする際に取引で彼女だけではなく咲耶のもとに集っている彼女の国の民まで臣下になるように要求するというのは、最初からあんまり取り込むつもりはなかったんでしょうね。ブラッカスも、あんまり気が進まない感じでしたし。
結局、レオくんは眷属であるセリアも含めて、あんまり魔王サイドに取り込もうという姿勢は見せないんですよね。魔王の配下になるという事は人類の敵になるという事、それを彼女たちに強いる事に抵抗を覚えているのか。あんまりそのあたり言及されないので、想像するしか無いのだけれど。
セリアをせっせと育てたり、今回咲耶に新たな力を授けたり、と彼女たちの強化にはせっせと勤しんでいるのですけどねえ。

そうこうしているうちに、復活したレオくんが初めて遭遇する自分よりも強力な敵。ここで、まさか魔王である彼に「聖剣」が発現するのは予想外でした。いやだって、魔王に聖剣って。
セリアがずっと悩んでいたように、この世界では皆に聖剣が発現する以上、人間として生まれ変わったレオくんにもその可能性がある、というのはそれこそ言われるまでさっぱり頭になかったなあ。
となると、そもそも「聖剣」とはなに? という話になってくるんですよね。ヴォイドの正体からして、未だに殆どわからない状態である以上、あまりにも情報が足らないのだけれど。
いずれにしても、大きく事態が進展したのには間違いなく。剣聖のヴォイドがセリアの事を女神の器と言ったのは今回レオくんもはっきり聞いたわけですから、セリアの正体についても話が進んでいくんじゃないでしょうか。さらに、新たな魔王も登場して、ということで話も新たな段階に進みそう。