【ホラー女優が天才子役に転生しました 2 〜今度こそハリウッドを目指します!〜】  鉄箱/きのこ姫 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ホラー女優が転生した天才子役、無双す!

貧乏育ちの苦労人ホラー女優の鶫(30歳。努力の甲斐あって演技力はピカイチ)が、自動車事故で即死。
転生した先は碧眼ハーフの超美少女つぐみ(5歳)で、ドのつくお金持ち令嬢だった!!つぐみの両親はつぐみに「注入された」演技の才能をすぐさま見抜き、テレビドラマの子役オーディションへ飛び入り参加させる。
天使そのもののつぐみの身体を得た実力派ホラー女優鶫は、その奇跡に感謝し、誓った。「今度こそハリウッドを目指します!」。
3人の仲良し子役美少女、凛、珠里阿、美海とはぐくむ幼い友情。行き違いから、深く落ち込んでしまったその親友を救うためにつぐみにできること、それは、度肝を抜く演技!
ドラマ、バラエティ、CMに演技無双する天才子役つぐみ(5歳)の進撃が止まらない!!

鶫さん、あなたが死んだおかげで人生ネジ曲がっちゃった人がえらいたくさんいるんですけど!? ホラー女優というその道では第一人者であっても、ある種ニッチなポディションの女優で、決して芸能界の大御所とか業界の売れっ子トップ女優というわけではなかったはずなのだけれど、それだけ影響力が強かった、個々の心の奥まで食い込む何かがあったという事なのか。
なんか、人によっては人格まで歪んでいる節があるんですよね。桜架さん、ちょっと鶫という女優に対して美化が進みすぎて狂信入ってませんか!?
幼い頃の憧れが高まりすぎて、桐王鶫という女優を神格化してしまっているようじゃないですか。
なんだよ、微笑むだけで相手の役者を信者にしてしまうとか。鶫さんならCGなんて使わなくても空だって飛べただろう、って。いやいやいや、空は飛べないから。どんなすごい役者でも、空は飛べないから! 
……飛べないよね?
ちょ、ちょっと待って、さすがに妄想ですよね、これ。鶫でも、そりゃ空は飛べないだろうし。でも、空を飛んでいるように見える演技技法とかならやりかねないんじゃないだろうか、という可能性が。
なんかつぐみって時々素で意味不明な人外魔境のアクションができるような素振りを見せるだけに、ちょっともしかして、と思ってしまうんですけど!? いやだってさ、普通に何の器具も使わずに天井に貼り付いたりとかできるみたいな事言ってるし、逆ブリッチで階段移動とかしやがったし、歩法でまったく足を動かしているように見せずにすすーっと滑るように移動してみせたり、とかしちゃってるんですよね。
……マジに空を飛べる、とは言わないけれど、カメラ越しだと幽霊みたいにふわふわと浮遊して移動してるように見える、みたいな技持っててもおかしくないんだよなあ!
実際、鶫が死んで壊れてしまった人たちは慕っていたを通り越して信者みたいになっていたとも言えるかもしれませんし。珠里阿のお母さんの早月も、鶫を慕っていたからこそその拠り所を失ってしまった事で転落してしまったようにも見えますし。
現在進行系で桜架さんよりもヤンデレ拗らせていると思しき人も現れてしまいましたし、桐王鶫の死は演劇界の損失という以上の被害をこの業界に与えてしまっていたんじゃないだろうか。
その鶫の復活が、果たしてそれら歪んでしまった人々の救済と成り得るのか。
まず旧世代の人たちよりも先に、同世代の子役たちが友人としてライバルとして、「つぐみ」の洗礼を浴びることになってしまうのですが。
1巻で登場した時点では、夜旗凛という子以外は、珠里阿も夕顔美海も親が役者の二世というだけで確かに技術として上手いものはあったかもしれませんけど、色んな意味で普通の子だったんですよね。
しかし、彼女たちは幼くして「本物の演技」を、「本物の女優」を目の当たりにしてしまった。その世界に飲み込まれ、味わってしまった。まだ5歳6歳の幼子が、役者とは、演技とは、という哲学に本気で向き合うことになってしまったのです。
その時点で既にこの子たちは本物の役者としての道をこの年齢にして、自分の意思で歩みはじめているのですけれど、それだけでは済まずに「人生の壁」にぶち当たってしまうんですね。
いや、早いよ! 幼稚園とか小学生になったばかりのちびっこだぞ!? まだ理性とか知性も普通なら育ちきっていない自分の感情を制御できずに振り回されるばかりの「動物」に近い生物なのが、この年代の子たちのはずなのに。
早くても思春期、或いは青年期にぶち当たるだろう人生の壁、行き詰まりに、彼女たちは行き合うのである。それはコンプレックスだったり家庭環境だったり人間関係の歪みだったり。
まだ向き合うにはあまりに早いそれに、この子たちはもう一廉の役者として生きる意思を持ってしまったが故に、壁として認識してしまうんですね。いや、立ち向かわなければならないもの、として認識したというべきか。
つぐみの手助けがあったとはいえ、珠里阿も美海もそれらに真っ向から立ち向かい、克服してみせるのである。超克、と言っていいくらいに乗り越えてみせたのだ。それは役者としての成長という以上に、人としての一皮剥けたなんてレベルじゃない成長であり覚醒であったのでした。
……いや待って、あのね、まだ6歳の時点でこんな人生の壁超えちゃったら、人間として出来上がって立派になってしまったら、思春期とかどうなるんですか? まだ10歳にもなってないのよ? 超人か? 完璧超人の誕生か? まだ小学校一年生になったか、というくらいでこの人格面での仕上がりだと、小学校の高学年とか中学生とか高校生とか、どうなっちゃうんでしょう。
想像するだけで、なんか変な笑いが浮かんできてしまうのですけどw

……つぐみ、確かに他者への影響力がヤバいわ。これ、また鶫のようにつぐみが途中でどうにかなってしまったら、この子役の子たちの精神面、えらいことになってしまいそう。

そんな「つぐみ」の本質を本当の意味で見抜いているのは、どうやら夜旗兄妹だけっぽいんですよね。感覚で捉えている、というべきか。面白いことに、「つぐみ」が抱えている違和を、つぐみ本人も自覚していないということ。それを、この兄妹はどうにもはっきりと感じとっているようなんですよね。
この二人こそが本物の天才、ということなのか。つぐみは自分でも語っているように、あくまで努力型であり、前世の鶫の遺産を受け継いでいるからこその現在の天才性、でもあるわけですしね。
虹が感じているつぐみのチグハグさ、というのを読者の側である自分も未だによくわからないのだけれど、どうにもつぐみの中で「つぐみ」と「鶫」が完全に同化していない、ということなのか。ふとした瞬間に一人ではなく二人を感じる場面が、ちらほらと見受けられるのも確かな話。
もっとも、その微かな分裂がどうなれば正解なのかもわからないのだけれど。完全に同化してしまえばいいのか、或いはどちらかが主導権を握れば良いのか。片方を消し去ってしまえばいいのか。
いずれにしても、まだつぐみ自身自覚がないだけに彼女自身がそのあたり把握しないとどうにもならないか。どうやら虹との演技勝負で「引き出された」そうなんだけど……何が引っ張り出されたのか。
「鶫」に執着する人たちの不穏な影が見えてきて、展開も面白くなってきましたけれど、やはり同じ演者や撮影班みんなを魅了し引き込み「世界」を創り上げてしまう空星つぐみのこのゾッとするような演技空間、やはりインパクトがすごい。読んでるこっちまで引き込まれそうで、ゾクゾクさせられました。くぅぅ、おもしろい、面白かったぞ!!