【双神のエルヴィナ】  水沢 夢/春日 歩 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ヤバい女神と契約した少年の恋と戦いの日々

遥かな昔。あらゆる世界の支配者の座を巡り、美しき女神たちが争いを繰り広げた時代があった。いつしか牙の抜けた女神たちは、愛という虚飾で自らを偽り、穏やかに人間界を見守るようになる。

幼い男の子・創条照魔は、地上にお忍びでやって来た女神と出逢い、恋をした。いつか再会する約束を交わして別れ、女神にふさわしい男になろうと努力を重ねて逞しく成長。小学生にして一企業の社長を任されるまでになるのだった。

しかし現代。照魔の淡い初恋を余所に、神の国・天界では女神が異常発生してしまっていた。収拾がつかなくなった女神たちは、次の創造神――すなわち天界の支配者を決めるため、太古のように暴力で覇を競い始め、その争いの炎は人間界にまでも及ぼうとしていた。それを知った照魔は、自分の初恋を叶えるため、世界の平和を守るため、自らの会社を女神に特化した運用をすることを決意。利害が一致した最強の女神の一人・エルヴィナとともに、社長として戦いに臨む!!

『俺、ツインテールになります。』の水沢夢&春日歩コンビの最新作は、世界を超えた、少年と女神の恋と戦いの物語。その女神たちは美しく、そしてヤバい! 今ここに、女神大戦の幕が上がる―――!!

【俺、ツインテールになります。】の水沢夢×春日歩コンビによる新シリーズ開幕! って、まだ俺ツイの方最終巻まで追いかけきれてないんですけどね! それでも、新作の方も追いかけていきましょう。
俺ツイが広義の変身ヒーローものと定義するなら、これは巨人化ヒーローものにあたるのか。
ヤバい女神と契約した、とあらすじにはあるけれど、正確には女神=ヤバい、なんですよね。むしろ、ヤバくないと女神じゃないというべきか。その中で照魔と生命を共有することになるエルヴィナは、性癖がぶっ飛んでないし拗らせてもいない、という点でむしろ全然ヤバくない部類なんじゃないだろうか。自分の心情を表に出せない不器用な側面はあるものの、純情一途なわけですし。
女神たちの世界である天界に男が存在しないことから、男日照りになって肉食系を通り越して餓鬼亡者みたいになってるヤバい系女神さんたちに比べたら、すごく乙女。純情乙女!
まあそんなエルヴィナの心情が明らかになるのは最終幕での彼女のパートなのであって、それまではぶっきらぼうでどこか突き放したような態度にしか見えないんですけどね。幾ら出来物とはいえ、小学生の男の子に女性の複雑な思いはなかなか察してあげろなんて言えないですよね。まだまだお子様だもの。その信念や心映えは立派で大人びているけれど、同時にまだ幼いがゆえの無垢さ純真さはそれだけ物事を見たとおりに受け止めてしまう、という側面もあるわけで。
よく見ると、エルヴィナめっちゃサイン出してるんですけどね。なにかとビシッと正装で決めた照魔のスーツ姿をよく似合っている、と褒めるのなんか彼女の精一杯のアプローチだったりするの、ものすごく可愛らしいですし。恋なんて自分には理解不能だし、男女の機微とか意味不明、常識的な付き合い方も知らない、というそもそもそっち方面に興味薄そう、という素振りを見せておきながら、よく見ると何かと不器用に距離詰めようとしてるんですよね。彼女なりに凄く頑張って、自分の中に芽生えた恋に殉じようとしている。めちゃくちゃ乙女してるんだよなあ。
一方で照魔の方は、さらに幼い幼児の頃に出会った女神に恋をして、そこから人生の大半を費やして自分を高めていつか女神を迎えに行く、恋を成就させると決め込んで自分を高めてきたわけですけれど。肝心の女神については、記憶を封じられ相手の女神の方も同じく記憶に蓋をされている状態で、相手の女神が六枚翼の存在だったとしか覚えていない。つまり、彼自身の熱烈な恋情は未だ向ける先を見失っている状態である。エルヴィナはその有力な候補の一人ではあるものの、決定ではない。だから、照魔は世界の広さに匹敵するような凄まじい恋をしているけれど、それはまだ自分の中に抱えたまま。その膨大なエネルギーを原動力にして、今起こりつつある世界の危機に立ち向かおうとしているけれど、恋を叩きつける相手がいない。
照魔に、この小学生に、彼個人に恋をしたエルヴィナとは、ある意味両思いに至らない関係なんですよね。それどころか、エルヴィナの気持ちを知らない照魔は彼女を信じきれていない。あれほど女神に思い入れながら、生命を共有するパートナーとなったエルヴィナには複雑な思いを抱えてしまっている。でも照魔から見たら自分と一定の心の距離を感じてしまっている、また彼女の方からもどこか突き放しているように見えるエルヴィナは、実は照魔に一途に恋をしている。このもどかしいような複雑に行き交った関係、ここから進んでいけば行くほどこんがらがって面白くなっていきそう。
一方通行の恋心、としてはメイドの詩亜と執事の燐くんもなんか面白いことになりそうで、こっちも興味津々になってるんですよね。

ドタバタなラブコメな様相を呈しつつも、世界観はかなりシビアというかシリアスに緊迫している、というのも特徴かもしれません。
小学生の段階で大企業の長に、という突拍子のなさも、微妙に子供が子供のままで居られない切羽詰まった世界、というような雰囲気が感じられるところがあるんですよね。
一度、滅びかけた世界。それも侵略者や天災によるものではなく、人の生きる気力、やる気そのものがごっそりと失われていった事により社会そのものが一端崩壊しかけてしまった世界。ある発明によって、それらは一応克服されたもののどこか薄氷を踏むような、ほんのちょっとのきっかけで再び何もかもが壊れてしまいそうな危うさが感じられるんですよね。
どうにも、人類の平均寿命そのものが大幅に減っちゃってるんじゃないか、と思わせられるところも。実際、世界崩壊期には平均寿命が20年近く下がっていた、という事も明記されていますし。照魔の境遇は元から特別で、彼が小学生なのに社長になんかなれたのは彼個人だけの特別な事情である、と捉えるのが普通なんでしょうけれど、時折それだけではないのでは、と思わせられる描写があるんですよねえ。
侍従長の里茶さん、ご年配で還暦前というからまだ五十代なんですけれど、彼女が照魔から祖母のように慕われているのって……いや、彼の12歳という年齢からすると至極妥当ではあるですけれど、なんかこう、社会における年齢のピークがやたらと前倒しになっているような感じがしてならないんだよなあ。
物語の核となる部分は、かなり徹底してシリアスに進行していくと思わせられるものがありました。
社長をやる云々どころじゃなく、僅か12歳にしてこの小学生、重いものを背負いすぎだろう! せめて、彼の人生の原動力が「恋」にあるというのが救いなのかもしれないけれど、今はまだその一途な恋の向かう先が見つけられていない、すぐ隣にエルヴィナという人がいるにも関わらず、という状況環境がまた、彼には酷な話だよなあ、と思うのでした。彼が恋の行く先を見つけるには、それこそ本当の大人にならなくてはいけないのかもしれないなあ。
頑張れ、頑張れ男の子。

水沢夢・作品感想