現役時代、変幻自在の脚質を持ち、ときに逃げで、ときに追い込みで、先行で、と戦法を問わずG1を勝ちまくったマヤノトップガン。
そんな実話を背景にしてか、何でも出来る何でもわかる、という天才肌の天真爛漫な少女としてウマ娘化されている。
そんな彼女の育成ストーリーは、そんな自由気ままに何でもわかってしまうからこそ何でもこなせてしまうからこそ、さほどの情熱もなくレースに挑んでいたマヤノが、ギラギラと輝くような闘争本能で走る一世代上の先輩である三冠ウマ娘ナリタブライアンの強烈な覇気に惹かれ、魅せられ、孤高を貫き脇目も振らずひた走るブライアンの背を追いはじめることで加速しはじめる。
あの人に、あのキラキラと輝いている人に追いつきたい、勝ちたい!
初めて灯る情熱の炎はマヤノに真剣にレースに取り込ませる原動力となり、彼女はブライアンの出るレースに飛び込み、そのたびにブライアンに挑む。
そんな彼女に手を差し伸べたのが、ブライアンのライバルを自称するヒシアマ姐さんことヒシアマゾンだった。マヤノがはじめてブライアンに負け、その輝きに魅せられたレース。ブライアンの勝利者インタビューに殴り込み、真っ向から宣戦布告してみせたマヤノを気に入ったヒシアマ姐さんは、マヤノに目をかけてくれて、何かとアドバイスと指導をくれるようになる。
なんでもわかるからこそ、わかった気になってそれ以上周りを見なくなってしまうというマヤノの欠点を鋭く指摘したのも彼女だった。蛮族に見えて何気に鋭い観察眼と世話好きな一面を持っている意外性のヒシアマゾン。さすがは美浦寮の寮長を任せられているだけあるのだなあ。

しかし、何度挑戦してもナリタブライアンの豪脚はマヤノを千切り去っていく。追いつけない、どうしても追いつけない。悔しい思いに歯噛みしながら必死に追いすがるマヤノを尻目に、ブライアンは独り走り続け……孤高はいつしか孤独へと移り変わり、どれほど走っても届かない高みにやがて終わりを望むようになる。
そして、マヤノの逃げを粉砕した天皇賞・春のあと、ナリタブライアンは次の目標を有馬記念へと定め、それをもって引退すると宣言したのだった。
斜陽、それは沈む夕日のごとき茜色の……しかし最も大きくキラキラと輝く日の光。そんなブライアンを追いかけるように、登る朝陽のように彼女の背に焦がれ続けるマヤノ。
今度こそ追いつく、という決心の元、ヒシアマ姐さんの後押しを得ながら、宝塚記念、天皇賞・秋を連覇したマヤノは、ついにブライアンとの決着をつけるべく、有馬記念へと挑むのでありました。
そんなマヤノにもう教えることはないとばかりに背中をたたき、ブライアンの目を覚まさせてやれ、と激励の言葉を贈り送り出してくれたヒシアマ姐さん。
そして、ブライアンに対してマヤノはお前に勝つ、そして目を覚めたなら今度こそあたしと決着だ! と、ヒシアマ姐さんは明日の再戦を宣告するのであった。

そして来たる有馬記念。4コーナーで果敢に抜け出し、追撃してくるブライアンをついに突き放してゴールへ向けて一直線に駆け抜けるマヤノ。

その時! 後方大外から居並ぶウマ娘たちをまとめてぶっ刺し、ブライアンをも並ぶ間もなく抜き去って、マヤノを猛追する黒い影。
そのウマ娘は伝説的とすら言えよう凄まじい差し脚を持って、残り2ハロンで5バ身差はあっただろう距離を叩き潰し、ゴール板直前でマヤノをハナ差差し切るのであった。

呆然のマヤノ、唖然の私。

そう、ブライアンもマヤノもまとめて差し切ってきたウマ娘こそ、かの女傑ヒシアマゾン。
ヒシアマ姐さん、その人なのでありました。

……いや、ちょっとマテーー!!
姐さん、あんたさっき快く送り出してくれたじゃないですか。マヤノとブライアンのタイマン勝負として、二人を叱咤激励して見送ってくれたじゃないですか。
あれだけの事をしておいて、本番で自分が二人をまとめて叩き潰して我が物顔でウイニングランとか、そういうところだから、ヒシアマ姐さんそういうところだから!!

泣く泣くコンテニューする私でした。

……また鬼脚で今度は7バ身くらい二着マヤノをぶっちぎるヒシアマ姐さん。

こ、コンテニュー。
また大外の画面外からぶっ飛んでくるヒシアマ姐さん。

ら、ラストコンテニュー!!

画面外からワープしてくるヒシアマ姐さん。

いやちょっと!! これ確か、マヤノとナリタブライアンの感動のラストラン、というシナリオだったはずなんですが! なんで、ことごとくヒシアマ姐さんが立ちふさがって差し切ってくるんですかよ。ブライアンどこいった? 

いや、人気はあるのに何度コンテニューしてもどうしても勝てなかった、という展開はままあるのですけど、全部同じウマ娘、本来のシナリオのライバルと違う子に同じレース展開で叩き潰されるというのはさすがに初めてだよ!
これが特にシナリオと関係ないモブだったらこんなにもひっくり返らなかったんだけど、よりにもよってヒシアマゾン。シナリオの名脇役だったはずの彼女が最後の最後で彼女自身が磨き上げたようなシナリオの集大成を自分自身で盛大にひっくり返すような展開になってしまって、ひたすらも唖然呆然。
見事にヒシアマ姐さんによって最後の最後に育成失敗してしまったのでした。ちょっとオモシロすぎる展開で、ある意味ドラマチックすぎて笑ってしまいましたがな。
こういうところあるから、このゲームほんと楽しいですわ、ほんと好きw