【ゴブリンスレイヤー 14】  蝸牛くも/神奈月昇 GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ゴブリンスレイヤーの様子がおかしいという――。そんななか、彼は一党に「冒険」を提案する。
「北の山の向こう。暗い夜の国」
かくして北方辺境に向かう一党。雪山の向こうには、蛮人の英雄譚の舞台、いつもと異なる異文化、言語、そして、この地を治める頭領の美しい奥方がいた。
彼の地の北方の海には幽鬼が潜み、船が戻ってこないという――。
彼らの話を聞いたゴブリンスレイヤーは頷く。
「やはり、彼の人々はゴブリンなぞに負けるわけがないのだ」
そして女神官も誇り高く告げる。
「冒険者に、任せてください! 」
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第14弾!
ゴブスレさんが、あのゴブスレさんがテンションアゲアゲで浮かれてるーー!? 子供みたいにはしゃいでるーー!?
いや、流石にあからさまにキャラ変わっているわけじゃないのですけど、明らかに鉄兜の奥で目をキラキラさせて、北の地のはじめてみるものに目移りして、自重出来ずにあれこれと質問して回ってるんですよね。こんなゴブスレさんはじめて見た。
北の山の向こうの国は、入り江の民(ヴァーキング)たち戦士の国。それは少年たちが憧れる英雄譚の舞台となった地だ。
あのゴブスレさんが童心に帰る、ということ自体がなんとも心擽られる思いである。受付嬢さんが思わず抱き締めたくなるほど愛しさを感じてしまった、というのも凄くわかるんですよね。
この北方辺境の視察という「冒険」を請け負ったのがほかならぬゴブスレさん当人というのも感慨深い。今回の依頼には本当にひとかけらもゴブリン関係なかったですもの。それを「冒険」に行こう、と仲間たちから誘われていくのではなく、ゴブスレさんの方から誘う。行く地はかつて子供の頃に憧れ、いや今もなお憧憬の中にある「物語」の大地。
これ、誘われる方の仲間たちも嬉しかっただろうなあ。にべもないゴブスレさんに、何度も冒険に行くぞと無理やり引っ張り出していた彼らである。それが向こうからだもんなあ。そりゃあ、寒さ全然ダメどころか死活問題のリザードマンな蜥蜴僧侶も頑張ってついてきますわー。
今回の彼は寒さもあって本当に動きが制限されてなるべくじっとしていましたけれど、それが逆にのっそりと寝蔵に横たわる「竜」の風情を醸し出しはじめていて、逆にちょっと大物感すら感じられたのが面白かった。
さても、辿り着いた北方辺境は野蛮な海の蛮族たちが支配する薄暗き国、というのは中央からの偏見の目なんですよね。そこは異なる文化の世界。野蛮とは違う、その土地に合ったルールによって成り立つ世界なのである。初手から、嫁取りのために戦をするという風習に遭遇し面食らう女神官ちゃん。そのあとも、南の常識では仰天させられる様々な風習習慣、神の解釈などに彼女は目を白黒させることになるのですが、驚きながらも素直にそういう文化もあるのかー、と受け入れる彼女は神の使徒としてもおおらかで気持ちの良い器の大きい子なんですよね。
その純真さ、直向きさは間違いなく人を引きつける魅力である。それは文化風習の異なる文化圏の人間にも相通じる人としての魅力。盤上遊戯を通じて、強い弱いじゃなくて、この娘に構ってやらねば、とついつい思わせるその人柄で、信頼を得る……なんて野暮な言葉じゃなくてもっとシンプルに、ヴァーキングの巌のような男たち、そんな男連中を尻に敷く女衆と仲良くなり可愛がられ、輪の中に受け入れられる女神官ちゃん。なんかこう、おっきくなったよなあ。妖精弓手が思わず目を細めるほどに。
そんな北方の地で出会ったヴァーキングたちの頭領とその奥方、この人たちがまた気持ちの良い魅力的な人物で、というか頭領が元は南の王国の騎士というのがまた面白いなあ。それは政治の結果であると同時に甘酸っぱい恋物語の結果でもあり、リアルタイム英雄譚なんですよねえ。
王国の王様たち、結構したたかに政略を進めているんだなあ、と感心した次第。それも、双方がWin-Winになるような形で進めているのがまた素敵。
ゴブスレさんたちを派遣したのもその一貫。冒険者という職業が存在せず、ならず者のたぐいとしか認識されていない北方の地に、ゴブリンスレイヤー一行というメンバー構成見てもあまりにも特殊で、同時にこれ以上無く「冒険者也」というパーティーを派遣することで、北方の地に冒険者という存在を印象づかせようとする試み。何よりゴブスレパーティーをあり方、心意気を見てのチョイスというのがいいんですよね。
いや、このシリーズに出てくる主だった冒険者パーティーって、古参から新参までどこに出しても恥ずかしくない気持ちの良い連中ばかりなので、ぶっちゃけどこを派遣しても悪いことにはならなかったと思いますけど。
それでも。
ゴブリンの船団とヴァーキングの船団が繰り広げる海戦の中に乱入してきた海の怪物を前に、モンスター退治は冒険者のお仕事、そしてこれこそが「冒険也」と勇躍飛び込んでいくゴブスレさんたちの勇姿は素晴らしかった。
合戦に挑む戦士たちの勇気たちとはまた異なる、冒険者たちの勇気。個を尊び同時に一つの生き物のように連携する以心伝心の冒険者の戦い方。そんな心映えが、背中が、闘志が、北方の戦士たちの心をも震わせ奮い立たせる。
自分達とは異なれど、共に戦うを誉れと思えるものたち。まさに「冒険者」なる存在を、北方の地に刻んでいく姿は、カッコいいという以上に胸が熱くなるものがありました。
後にこの地を訪れるようになるだろう後続の冒険者たちと、この地に住まう戦士たちの間に育まれるもの。その最初にして一番大事な芽を、彼らはこの大地と住まう人々の心に植え付けたのでした。
なんか今回は全体的に心をキューッと奮わせてくれるものがありました。異なる文化の国で、お互い心から認め合い尊敬しあい共に戦って笑って別れる物語ほど気持ちの良いものはありません。
そして「家」に帰り着いて、待っていてくれる人にただいまと応えて思い出話とお土産とともに振り返るのだ。
「ああ、楽しかった」と。
今回はその全部がギューッと目一杯詰まっていた、まさに「冒険!」でありました。