【ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する 1】  雨川透子/八美☆わん オーバーラップノベルスf

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

過去の人生で得たスキルを思いっきり発揮します!

「リーシェ! 僕は貴様との婚約を破棄する!!」
「はい、分かりました」「えっ」
20歳で命を落としては婚約破棄の瞬間にループしてしまう公爵令嬢リーシェの人生は、7回目を迎えていた。
過去の人生、商人や薬師、騎士などの生き方を満喫してきたけど、今度の人生こそ長生きしてごろごろしたい!
決意して飛び出そうとしたところ、とてつもない美丈夫とぶつかってしまう。
その男性は、数年後に戦争を引き起こし、リーシェが死んでしまう要因を作り出した皇太子アルノルトだった!?
さらに、騎士人生で培った立ち振る舞いを気に入られたのか、彼から結婚を申し込まれて――!?
自分の死の原因であるアルノルトを探るため、リーシェは求婚を了承する。
ごろごろしたい決意とは裏腹に、過去の人生で得た経験を発揮し注目を浴びていくリーシェは、果たして7回目の人生を生き残れるのか……!?

ある時は辣腕の女商人、ある時は流浪の女薬師。ある時は歴戦の騎士、またある時は瀟洒な侍女。しかしてその実態は!
と、多羅尾伴内かキューティーハニーか、という勢いでそれまで繰り返してきた人生で成り行きから様々なスキルを極めてしまった公爵令嬢リーシェ。婚約破棄された15歳から国外逃亡してからの5年間でそれぞれジャンルの違うだろう分野を高度に極めてしまってるのって、それはそれで天才極まってるような気もするんですけどね。二十歳の段階で超一流てのは単純に凄いわ。
それも貴族令嬢やってる合間の手慰みじゃなくて、国を出て裸一貫からの叩き上げでのことですからね。二十歳で死亡して婚約破棄の場面からのやり直しというループ状態になっているのですけれど、これだけ人生経験積んでしまうとスキル云々よりも度胸やメンタルの方が完全に鋼である。貴族令嬢の精神じゃないわなあ。その上で、普通の貴族令嬢なら絶対に持っていないだろう知識や技術がぽんぽんと飛び出てくる。それも一つの分野だけならともかく、まったく関係ないジャンルを飛び越えてだから、そりゃ皇太子アルノルトも「ふっ、おもしれー女だ」みたいな感じの少女漫画的な俺様系男子な興味を抱いてしまうのも仕方ないってなもんよ。
これが少年向け漫画とかラブコメだと周辺でウロウロしだすがせいぜいなんだけど、少女漫画や少女小説系列の俺様系男子だと、そのまま強引に身柄を持ってっちゃう。今回の場合は婚約破棄されて身分中途半端になってしまったリーシェを、そのまま自分の婚約者として有無を言わせず引っ張って手の内に入れてしまう、までやってしまうんですよね。
本当の意味でお互いの関係を深めていく、心の距離を近づけていくのはそれからになるわけだ。
実際、アルノルトは底を見せないリーシェに興味津々で彼女の実態を見極めようとどんどんと突いてくるのだけど、一方でアルノルト自身の方には一線を画して踏み込ませようとはしないのである。
リーシェの方も、これまでのループの要因。死亡原因となっているアルノルトの事は最初警戒していた、前回は騎士として帝国との戦争に関わっていた上にアルノルト自身の手で殺されるはめになっていたのでそりゃそうなのだけど。でも、これまでの人生で伝え聞いていた冷酷非情の皇帝アルノルトの評判とは違う、この皇太子時代のアルノルトの姿に段々とこっちも興味を持って気になってくるわけですが、この男なかなかガードが固い。
なぜこのアルノルトという男が、前世のような非情の皇帝になってしまったのか。彼に興味を持ち近づくというのは、彼が秘めているであろう闇を暴き、同時に彼の未来に暗い影を落としていく要因を先んじて見つけていく、という事に繋がっていくわけで。
いつの間にか、アルノルト攻略編になってるんだなあ、これ。もっとも、直接彼の方にツッコンでいくと鉄壁に巡らせているであろう壁に跳ね返されてしまうので、壁の向こうから身を乗り出してきてちょこちょことちょっかい掛けてくるのに構ってあげて距離を詰めつつ、彼の周辺状況から段々と攻略していく感じになっていますね、これ。弟テオドールとの確執に首突っ込んでしまったのもその最たるもの。と言っても、この件は向こうから突っかかっていたので、まだ積極的にリーシェが動いているわけでもないのか。
ともあれ、今世ではリーシェはこれまで商人や薬師、騎士や侍女といった成り行きでなった職業に全身全霊をかけて挑んだように、なんだかんだとなってしまった皇太子妃という身の上に全力投球しはじめるのである。皇太子として全力を尽くすぞー!てな感じで。
……この女、タイトルののんびり感とは裏腹に、実際は相当のブラック企業戦士気質だぞ。全力で働かないと死ぬ的なタイプだ。だからこそ、短い人生でも職業スキルを極めることが出来た、と言えるのでしょうが。でもこれまでの人生の平均睡眠時間とか聞くと普通にドン引きなんですが。それをわりと平然と当たり前的に思っているのも含めてw

そしてこのリーシェさん、これまでの6回の人生で極めたスキル、まだ2つ明かされてないんですよね。あと2回の人生、なにやってたんだ!?
「このリーシェ様はまだ2回の変身を残している!」とばかりに、まだ奥の手を隠し持っている皇太子妃様。いや隠してるわけじゃないんだろうけど、何が出てくるかわからないびっくり箱みたいなの、そりゃアルノルト様も面白がるわ。