ウマ娘のアニメの最終回の余熱がまだ消えていないうちに、リアルの競馬でもまた何十年と語り継がれるだろう対決がはじまろうとしている。
まだウマ娘でのテンションが消えないので、その勢いのまま今度はリアルの競馬の話をしますよ。
大阪杯だーー!!


昨年2020年11月29日。東京競馬場で伝説のレースが繰り広げられた。
2020年はコロナ禍によって様々な困難を余儀なくされた年でありましたが、競馬界では前人未到の記録が刻まれた年になりました。
牡馬牝馬の無敗三冠馬の同時誕生。
史上八頭目の三冠馬にして、シンボリルドルフ、ディープインパクト以来の無敗での三冠達成となった「コントレイル」
そして六頭目の牝馬三冠「桜花賞」「オークス」「秋華賞」の勝利馬にして、史上初となる無敗での牝馬三冠馬となった「デアリングタクト」

両馬ともに日本競馬史上に燦然と輝く記録を打ち立て、負け知らずのままクラシックロードを駆け抜けた生きた伝説となった若駒たちでした。
その2頭が暮れのG1「ジャパンカップ」にて最強3歳馬を決定戦と文字通り雌雄を決することになったのです。
この二頭の直接対決、というだけでも競馬史に残るであろうレースになったであろう「第40回ジャパンカップ」でしたが、さらにある馬が参戦することを明らかにし、あらゆる競馬ファン、競馬関係者問わず競馬界そのものが震撼したのです。
その馬こそ、現役最強馬にして日本競馬史上最強の一頭に名をあげる人も少なくないだろう、歴代賞金獲得額ナンバーワンにして、「シンボリルドルフ」「テイエムオペラオー」「ディープインパクト」「ウォッカ」「ジェンティルドンナ」「キタサンブラック」といった名だたる名馬たちが超えることの出来なかったG1七勝の壁を飛び越えた唯一無二のG1八冠馬。
輝く瞳の閃光姫「アーモンドアイ」
彼女がその引退レースとして、ジャパンカップへの参戦を表明したのです。

史上初の八冠馬VS無敗のトリプルクラウンVS無敗のトリプルティアラ。日本競馬史上でも類を見ない、世紀の一戦と呼ぶに相応しいレースが行われたのであります。

結果は、「アーモンドアイ」が二頭の無敗馬にはじめて土をつける形で勝利。芝G1九勝という途方も無い記録を打ち立て、稀代の牝馬はターフを去っていきました。
この突き抜ける「アーモンドアイ」と追いすがる「コントレイル」「デアリングタクト」の三頭による最後の直線の攻防は、始まる前から伝説の一戦が決定づけられていたこのレースを、文句なしに本物の「神話」へと昇華させたのです。

圧巻、あまりに圧巻の凄まじいレースでした。

2020 ジャパンカップ レース映像(YouTube)

「アーモンドアイ」の去ったあと、競馬界を担うのは当然この「コントレイル」と「デアリングタクト」の二頭。そのうちの一頭である「コントレイル」が満を持して始動するこの「大阪杯」は彼こそが日本競馬界の主役であると高らかに打ち立てるレース……と簡単には行かなかったのです。
このレースには、「第65回大阪杯」にはもう一頭、アーモンドアイのあとを引き継ぐ後継者が、主役が参戦していたのです。

「第70回安田記念」、アーモンドアイが得意とした東京コース芝1600メートルという彼女のホームで、アーモンドアイを一蹴するという衝撃の勝利を勝ち取ってみせたその馬は、スプリント戦で後方2番手残り200メートルから前にいる全ての馬をぶっ差して2馬身後方に置き去りにするという、実況アナをして「脚が違う! 次元が違う!」と絶叫させた「スプリンターズステークス」(ガチで意味不明の末脚)。
マイルG1を勝った事のある馬が8頭も揃ったマイル王決定戦となった「マイルチャンピオンシップ」を当たり前のように完勝して、2020年春秋マイル制覇、さらにスプリント・マイルの二階級制覇という偉業を成した古今無双の最高最速ライトニングスター。

その名を「グランアレグリア」。
スペイン語で大歓声を意味する名を持つ彼女が、満を持して中距離戦線へと名乗りをあげたのである。
かつて「ヤマニンゼファー」が「ニシノフラワー」と「サクラバクシンオー」という歴史的スプリンターに阻まれて達成できなかった偉業。今まで歴代の名馬たちがただの一頭も達成したことのない1200メートル、1600メートル、2000メートルという三種類の異なる距離のG1を奪取する「三階級制覇」、それを達成するために。


最強馬アーモンドアイに傷と証を刻まれた三冠馬「コントレイル」VS史上最強のスピードエンプレス「グランアレグリア」、その世紀の対決が明日4月4日。阪神競馬場芝2000メートルにてはじまるのです。

それ以外にも、

朝日杯FSの勝ち馬であり、皐月賞・ダービーで「コントレイル」の2着に続き、秋の毎日王冠で古馬たちを蹴散らして「コントレイル」のライバルたるを証明してみせた「サリオス」。

「秋華賞」で除外されなければ「デアリングタクト」の三冠はなかったかもしれない、とすら言わしめた突出した才能。秋華賞当日、同じ京都競馬場大原ステークスで持ったまま軽々と後続をブッチギリ、続くチャレンジカップでは唯一の三歳牝馬でありながら自分より年上の牡馬たちを一蹴。
今以てデビュー以来五戦五勝にして無敗。敗北を未だ知らない遅れてきた怪物「レイパパレ」

「キングヘイロー」での出走と暴走から20年。福永騎手についにダービーを獲らせた「ワグネリアン」。

その血統は宝石にして黄金。セリの落札額が六億円を超えた超高級馬にして勝つことが宿命付けられた「アドマイヤビルゴ」

マイルチャンピオンシップの勝ち馬であり、大阪杯でも2着の実績がある古豪「ペルシアンナイト」。

と言ったそれぞれのドラマを背負ったツワモノどもが揃った「第65回大阪杯」。果たして競馬史における最も新しい伝説となるのか。
今後の競馬界を占う一戦でもあり、競馬というコンテンツがかつての名馬たちが残した歴史だけじゃない、現在進行系でも熱い熱い魂を奮わせる、脳髄を痺れさせるレースを繰り広げ続けてくれている事を教えてくれるレースとして、魅せてくれることを確信しています。
明日2021年4月4日の15時40分、発走です。いざ、歴史と伝説を見届けよ!