【少女と血と勇者先生と】  蒼木 いつろ/POKImari 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

蘇りし勇者の指導の下、勇者候補の少女たちは激突する

勇者・クロムは世界を救い、そして死んだ筈だった。 だが《生ける屍》として現世に呼び戻され、少女より「私を《勇者》にしてください」という願いを受ける。その願いの裏には、ある悲しい理由が隠れていて――

これって世界を救う勇者の話なんだけど、作品としては世界はわりとどうでもいいって感じなんですよね。あくまで、勇者という立場にまつわる個人のお話。
勇者クロムと、彼の後継となる新たな勇者候補生の三人の心の納得の話なのだ。進行上、世界は瘴気が漏れ出てくる裂け目の侵食によってピンチなんだけど、あくまで舞台設定でしかなくて、刺身のツマなんですよね。究極的に、メインの登場人物たちにとって世界を救うというのは前提でしかなくて、それを成すための「勇者」という立場に対してそれぞれが抱いている複雑な心境を整理し昇華していく事が話の肝となっている。
そこには、根本的にこの世界の裂け目が出来るのを止めるとか、人柱や生贄も同然である勇者というシステムを変える、という意思は存在しない。与えられた役割を敷かれたレールの上を走った上でゴールまで走って使命を果たす、だけなんですよね。
クロムは仲間を戦いの中で無為に失い、勇者として生きてきた意味を見つけられず虚無を抱えたまま死ぬことになる。その上で死霊術師の友人にアンデットとして期間限定で復活させられ、仲間の妹を勇者候補として鍛えて本物の勇者に仕上げるよう頼まれ、妹を立派に育てることで勇者という存在が人類にとってどれだけ大切かを見つめ直し、次世代の勇者を育てる事で自分が生きてきた意味を見出す、納得を得て満足して消えていってしまうのですけれど……。
登場人物たち当事者の間合いに入って見ていれば、それは生きた意味の証明、大切な人の遺志や在り方を受け継ぐ継承の物語として整っているのだけれど、一歩後ろにさがって世界の物語として見ると世界の危機は何も変わっていなくて、勇者という生贄のシステムが変わらず引き継がれ、封印が成功しても短いスパンで裂け目が復活して同じことが繰り返されていく、という地獄めいた状況が続いていっているだけ、に見えるんですよね。
新たな勇者となりクロムとともに再び封印に成功し、師匠の名誉を回復したライラ。でも、また何年かすれば同じように裂け目は復活し瘴気が溢れ魔物が増殖しだしたら、また同じ旅に出て聖剣が使用者の生命を削る代物である以上、今度は助からないかもしれない。また新しい勇者候補が選ばれ、ライラはその娘に高潔な遺志を継承するのかもしれないけれど、これって現状維持が続いているだけで何か救われているんだろうか。
この世界に生きている人たちは、生き延びることが出来た。つかの間の平和を掴むことが出来た。確かな勝利だ。クロムは納得して眠り、ライラは哀しみを抱きながらも師匠の名誉を回復し目的を果たした。勇者候補だったリーリアとゼシアも、それぞれ抱えていた迷いや疑念を晴らし、彼女たちも心の中のモヤを払い昇華できたと言っていい。彼ら個人としては、大いに成すべきを成してるんですね。
ただ世界観としてはあまりにも行き詰まっていて、物語としても一定のレールの上での事として完結していてそこから逸脱することがなく、何とも閉塞感を覚えて息苦しいと感じるものでした。
続刊があるとしたら、この閉塞をなんとか打破して欲しいところなのですが。