【七人の魔剣姫とゼロの騎士団 2】  川田 両悟/GreeN MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ゼロの騎士団の前に学園最強の魔剣姫が立ちはだかる――激突必至の第2弾!

「魔剣」の奪取と共に転校早々に騒動を巻き起こし、シャーロットと共に「ゼロの騎士団」を立ち上げたナハト。そんな彼を上級生の魔剣姫たちや元老院が快く思うはずもなく、いよいよ学園を挙げての「ゼロの騎士団」潰しが本格化する。部室や新たなる団員の獲得にも苦労する有様のナハトだったが、めげずにあの手この手で魔剣姫たちと接触し、様々な変化を引き出す。だが、最大の壁となって立ちはだかるのは、最強の魔剣姫と噂される学園長代理のエレミア・キールモール。シャーロットの因縁の相手との戦いにエレミアの思惑も絡み、事態は思わぬ方向に加速していく――!

シャーロットさん、メインヒロインにも関わらず1巻から引き続き表紙を飾れず!
まさかのエレミア先輩の登壇である。この人、ナハトの義祖父絡みの因縁もあってかなりネガティブな情念を彼に抱いていた上に、理事長代理という立場上でもどうにもナハトと対立軸にある所に立っているので完全に敵対枠、或いはラスボスまであるのかと思ってたのですが……。
なんか、唐突に姉なるものが生えたぞ!?
え? 実はチョロイン枠なんですか、理事長代理!? エレミア先輩だけは違うって信じてたのに!
いやね、そもそも七人いる魔剣姫、これ全員チョロイン枠ですぜ。武闘派で鳴らすミルティですら、戦闘中にパンツ覗かれて意識しちゃってるくらいだし、フルカタ先輩のありさまと来たらこの人がザ・チョロイン筆頭か、というくらいの惨状ですしねえ。男を誑かす類の毒婦姦婦であるスピカでも、あれ自分の得意分野が通じないとなると途端にムキになってしまってるあたり、チョロインの素質十分である。
むしろ最初から好意的なラナンシャが一番好感度爆上げとかならないじゃないだろうか。
彼女らに比べると、1巻で敵対したシャーロットのライバルであるアリアが何気にもっとも正統派ヒロインしているとも言えるんですよね。この娘も敵対からコロッとチョロインされてしまった類でもあるのですけれど、ツンツンしているわりに健気さも隠さないし、純情さや溢れてくる好意を持て余して一杯一杯になってる所なんぞ、実に可愛らしい。ラストでは一気呵成にシャーロットに宣戦布告まがいの攻勢に出てきてますし。シャーロットさん、うかうかしてたらマジで看板ヒロイン奪われますよこれ。
さて、そんなヒロインたちの視線を一手に集める主人公のナハトですけれど、1巻では硬軟入り混じりながらのガンガンと息もつかせぬ攻めの姿勢で学園のシステムそのものに喧嘩売るような勢いに強いカリスマ性を感じたものです。
でも、ここに来てその勢いに考え無しの浅慮さが見え隠れしてきた感があるんですよね。幾らなんでも前後のこと何も考えてなくて行き当たりばったりに好き勝手やりすぎ。
事前にルールも相手のことも調べていないし準備もしていないまま、とりあえず当ってみるべしとばかりに喧嘩を売るし、トラブルに首を突っ込むし、勝手に試合に乱入するし。
その行動の結果どうなるか、という点について全く考えてないんですよね。もうちょっと戦いというものに対してクレバーでしたたかなのかと思っていたのですけど、これだとただの脳筋バトルジャンキーだよなあ。実戦派ではあるんだろうけれど、それでは喧嘩屋の範疇を出ないだろうな、という素行で。
本物の戦争でも、無関係の勢力がいきなりなんの前触れも宣告もなく、戦場に横槍入れてきたら問題になりますわな。ルール無用の喧嘩ならともかく。
これでナハトくん、女の子相手にはわりとこう、行き届いた対応をするのにね。とんだセクハラ野郎ではあるんだけれど、上記したケースのような好き勝手なやり方と違って無神経とは程遠い当たりで女性陣には接してるんだよなあ。天然ジゴロか、どなたかの教育かはわかりませんが。
ともあれ、当面の騎士団メンバーも集まり……って、トラブルに見舞われていたハオランはともかくとして、他の二人、アンリとリッカは普通に探したら普通に入ってくれた的にえらいあっさり集まったなw
いや、二人共問題児故に売れ残っていたという事情はあったにせよ、二人共かなり癖のあるキャラのわりにコストかからず加入したのが、なんか逆に面白みを感じてしまった。キャラ濃い女子なんだけど、ヒロイン枠ではないんだなー、きっと。あくまで魔剣姫たちがヒロイン枠っぽいですし。それがむしろイイのかもしれませんが。

今回の敵はあんまり底の深くない実に小物っぽい小物だったので、バトルもわりとあっさり目で。やはり本格的なそれは魔物相手の実戦に入らないと緊迫感もなかなか引き出されてこないかしら。
アリアとシャーロットが本格的に鞘当はじめてきましたけれど、一方で次はそろそろフルカタ先輩のターンに回ってきそうだなあ。なんか、この先輩放っておいたら勝手にオチかかってるしw