-インフィニット・デンドログラム- 16.黄泉返る可能性】  海道左近/タイキ HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

カルディナに散らばった『UBM』の珠を求めて新たな街にたどり着いたユーゴーたち。
しかしその街では珠の力を求める強者たちが集ってきており、それぞれの思惑により事態は急速に進み始める。
『IF』所属【殺人姫】エミリー、『セフィロト』所属【撃墜王】AR・I・CA、そしてレイとどこか重なる青年【冥王】ベネトナシュ。
『超級』たちが集う街に隠された秘密とは――?
大人気VRMMOバトルファンタジー、混戦必至の第16巻!

今回は主人公であるレイが登場しない完全に別の場所、国となるカルディアを舞台に繰り広げられる事件が物語として綴られる。こういう事がわざわざスピンオフ作品などにせずに本編にぶっ込めるあたり、それだけ世界観とキャラクターの強度が半端ない作品であることの証左なんですよね。レイ/スターリングに頼らなくても、誰でも主役になれるだけの物語を登場人物たちが背負っているという事なのだろう。
そして今回の主人公、てっきりユーゴーなのかと思っていたし間違いではないのだろうけれど、一番描きたかったのは表紙にもなっている冥王ベネトナシュとそのメイデンであるペルセポネである事は読んでいれば疑う余地はないだろう。
作者曰く、レイとネメシスの対比として描かれるキャラクターたちのようですし。善と悪ではなく、同じ不屈の精神を持つものとしての方向性の違い、ベクトルの違い、重きを置く見つめる先の違い、というべきか。同じ者であるがゆえに、このインフィニット・デンドログラムの世界に訪れた最初の時に体験してしまった事で異なる道を歩んでしまったもの。或いは、レイにもベネトナシュにもそれぞれ、真逆の道を歩む機会があったのかもしれない。
いやでも、レイがちょっと一般人というにはアレな家庭環境にあり、兄がこの世界の根幹に足突っ込んでいるなどの要素がある事を考えると、容易にベネトナシュのような道を歩んでいたかは疑問を覚えるところだけれど。
むしろ、ベネトナシュの方がリアルでは本当にただの学生っぽいのが逆にヤバさを引き立たせてるんですよね。このゲームのプレイヤーにはリアルを犠牲にしている、或いは重きをなしていない、放り捨てちゃっている人は結構たくさんいるみたいだけれど、それが許される、或いはそうするしかない環境に置かれている場合が多いんですよね。
ただ、ベネトナシュは違う。明らかに、そんなキャパシティが余裕があるような現実の環境ではないにも関わらず、それらすべてを投げ捨ててしまっている。両立を自ら放棄してしまっている。

このゲームの上澄みを形成するプレイヤーたち。超級に至った人たちというのは大概リアルの方でもぶっ壊れているような人たちであり、そういう人間になる環境に置かれている人たちであり、そもそもそういう素質がある人達だったといえる。でも、ベネトナシュに関しては確実に、このゲームをはじめたことで、この世界の中で変質してしまった。或いはライトスタッフを獲得してしまった人物だ。必然、その鋳型はイビツとなる。彼の抱く願いの異質さを思えば尚更だ。この世界を「現実」と変わらないと認識していながら、あの願いを抱けるというのはもう破綻してしまっていると言っていい。折れないという事は真っ直ぐであり続けるというわけじゃないんですよね。折れぬが故に歪んでしまうケースも有る。
いやこれ、彼一人の事ならまだいいんですけれど、彼にはパートナーがいるわけですよ。レイにネメシスがいるように、ベネトナシュにはペルセポネというパートナーが存在する。一蓮托生の存在であり、彼の末路を見守るもの。その変質を見つめ続けるもの。自分の能力が、ヨスガとなってしまったがゆえに彼をこの世界に縛り付けてしまった事を、彼女はどう感じているのか。
元々明るくて聡明な少女であるという事は、ユーゴーたちとのコミュからも伝わってくる所なのだけれど、だからこそ尚更にこの娘が目を背けることも許されず、自分のマスターが生命を削って魂をすり減らして願いを叶えるために邁進するのを、見守り続ける、支え続ける、共犯として共に犯し続けるその気持ちはいかばかりか。
こうしてみると、ネメシスは幸せだよなあ。
そして、IFにサポートメンバーとして加わった途端にその真面目さから苦労人枠に収まってしまった張さんがほんとお気の毒というか、クソ真面目すぎやしませんか、と思ったり。イイ人なわけはないはずなんだけど、上司に仰いだエミリーがピンチになった時には身を挺して救おうとしたり、と仕事に対してほんとクソ真面目というか面倒見が良いというか忠誠心が高いというか。
同じ常識人枠であるラスカルにスカウトされてしまったために、同じ苦労人のカテゴリーに押し込まれてしまったんだろうか。
そんな張さんの上司、というか被保護者としてあてがわれたエミリーが、これまたプレイヤーなのに野良のラスボスみたいな性能で。プレイヤーの性能じゃねえでしょ、これw
いや、性能云々はぶっちゃけ問題じゃなくてその能力の発現のさせかたが完全にイカレている。彼女は自動的なんだよ、とでも言うのかしら。
リアルからして闇が深すぎる。
……こうなると、ガーベラさんはIFでも癒やし系にあたってしまうんだろうかw

次回は完全に書き下ろしで、先程完結した漫画版のスピンオフである【クロウ・レコード】の面々が活躍するそうなので、ジュリエットのファンとしては実に楽しみ。