【キミに捧げる英雄録 1.立ち向かう者、逃げる者】  猿ヶ原/こーやふ MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

熱さとエモさ爆発の新時代ファンタジー!

精霊が紡ぐ「英雄録」──それは、この世界の誰もが憧れる至高の英雄譚がいくつも記されている書物。何の取り柄もない僕アイル・クローバーは、英雄録に「主役(えいゆう)の一人」として名を刻んだ同郷の英雄ベルお姉さんに「私の弟子になってみない?」と持ちかけられることに。「他の誰も期待してなくても、私だけはアイルちゃんに期待している」。その言葉を糧に、姉弟子シティさんとの絶望的な実力差や魔導書イゼゼエルとの悪夢の関係に直面してもあがき続ける。主役と端役、期待と絶望、臆病と無謀──言い忘れてたけど、これは僕が「最高の主役(えいゆう)」になる物語だ。

臆病ってのは戦場に立つ者の資質としては決して悪いものではない。無謀に身を任せてしまう事もないし、慎重に用心深く立ち回ることが出来る。生き残るための資質として臆病というのはむしろ有用な性質と言えるだろう。
でも、アイルのそれは臆病は臆病でもただのビビリでただのヘタレだ。怖いことがあれば目を伏せて、恐ろしいことがあればうずくまって、震えて動かず怖い何かが通り過ぎていくのをひたすら待っているだけの、根性なしだ。怯え縮こまり迫りくる危機からも現実からも逃避する。小心者だ。
いやさすがにこれはヒドい。何者にもなれず、何者にもなろうとしない、こんな少年が主人公というのはさすがに見ていてキツかった。なんで、主役になりたかったんだろう。こういう自分を変えたいから主役に成りたかったのか、それとも主役に成りたかったからこういう自分を変えたかったのか。
その辺、語られていただろうか。ちょっと記憶に残っていない。
何故か、そのアウルを幼馴染のお姉さんは期待している、と目をかけていた。そして十年経ってなおそれは変わらなかったらしく、英雄になった彼女はアウルに弟子になってと声をかけてくる。そんなベルお姉さんの期待に縋るように、彼は主役になるための旅に出るのだった、無謀にも。
だって、十年間このアウルくん、何か一人で変わろうと努力していた様子ないんですよね。何か鍛えてた? 何か克服しようと積み上げていたものはあった?
なにもないまま、手ぶらでベルの元を訪れるのである。あれだけ卑屈に自分の在りようにまったく自信を持てないままで。
……なんでこの子が選ばれたんだろう。なんでベルはこの子に目をかけたんだろう。真剣に謎であり、疑問でした。
その疑問に対しては、ちゃんと相応しい答えが用意されていて、ヘタレのアウルだからこそベルが求める相手だった、という合理的な理由ではあったんですよね。それはそれで、ヒドい理由であり、いくら卑屈で根っから惨めさをまとっているようなアウルにしても、怒って然るべき理由だったのですが。
でも、それ以前になんでこの子強くなれたんだろう。彼が奮起し、自分の中の臆病者としての方向性を転換することが出来た、覚醒できたその前の段階から、彼はぐんぐんと強くなっていってるんですね。それは、魔導書イゼゼエルというイレギュラーであり悪魔であり相棒である彼と出会ってしまう、その前から。
なにもないアウルでも、あんな簡単に短期間に、メチャクチャ頑張ったとはいえそれは誰でも出来る範疇の努力だったはずなのに、なんでか強くなるんですよ。普通の兵士の何十人分何百人分とかいうなかなか突拍子もない基準の数値で表示されながら。
いやいや、こんな子に勝てない、というかまとめて蹴散らされる普通の兵士ってなんなんだろう。ベルから強くなるためのアイテムを渡されたお陰でもあるんですけど、それこそ普通の人からしたらなんかズルい代物だよなあ。
アウルに与えられていた役割は、まあヒドいものでした。でも、直接陥れられたとか謀略によって嵌められたというわけじゃなくて、結局これってただの実力差であり本人の力不足であり自覚のなさが要因なんですよね。そこまで、悪辣な話だとは思わない。与えられた舞台で踊れなかった方が悪いと言うだけの話じゃないか。
そして、アウルはその舞台でちゃんと自分で踊ってみせた。それだけのことである。それだけの事を成し遂げることがどれだけ大変か、という話でもあるんだけれど、アウルには十分お膳立てが成されていたわけですし、ベルの思惑と違ったとしてもわりと至れり尽くせりな立ち位置だったんじゃないだろうか。
臆病者が勇気を出した。それは称賛されるべき事だとは思うけれど、悪者が偶に善行を施したら注目され褒められる、みたいな感じで真っ当に頑張り勇気を出していた、まとわりつく視線や期待に藻掻いて藻掻いて、それを振り払ってみせたシティちゃんをもっと褒めてッ。
まあそんな感じであんまり主人公に好感を持てなかったので、後半の展開は多少驚くところもあったけれど熱く感じるとかまではいかなかったかなあ、というくらいで。