【秘密結社デスクロイツ 1】  林 トモアキ/ まごまご 星海社FICTIONS

Amazon Kindle

「秘密結社デスクロイツ」ーー100年先を行く超科学技術を有し、かつては世界中に支部と魔の手を広げた悪の一大組織は、今やたった5名の街角秘密結社となっていた。

結社廃業の危機を救うため、細々と真面目に悪事を働いていたデスクロイツ四天王筆頭・不夜城織太(ふやじょう・おるた)のもとに、「世界防衛機構ジャスティス」のヒーローたちの正義の手が迫る!

美少女だが性格や言動に難ありばかりのメカ少女&魔法少女&美少女戦士(スーパーヒロインズ)相手に、織太とデスクロイツは悪の組織と矜持を守るため迎え撃つーー!!

『ミスマルカ興国物語』『戦闘城塞マスラヲ』の林トモアキが贈る、誠実悪役主人公VS残念正義ヒロインズのバトルラブコメ、開幕!!

ラブコメなの、これ!? そう言えば作者の林トモアキさんってこれまでたくさんシリーズ書いてきたけれど、その中にラブコメってあっただろうか。【レイセン】でヒデオが死んだ目になってた記憶くらいしかない気がするんだがw
でも、そう考えると同じデスクロイツ四天王の一人、ブラックアリスことクラエは仄かにオルタに恋している子なので、いまだかつて無いくらいラブコメ環境は整っているのかもしれない。
え? スーパーヒロインズの三人? おいおい、まず女子力を人並みの半分くらいは確保してからな(笑
クラエが人並みかどうかはさておいて。

幼い頃、ヒーローに憧れた純真な少年は、今は家業の悪の組織の大幹部、四天王の一人として学業の傍ら細々と悪事を働いていた。
と言っても、家業を嫌がっているわけじゃなく、真面目な性格ゆえか今や零細と化してしまった組織をちょっとでももり立てようと頑張っている。さりとて、野心を燃やしてもう一度デスクロイツを世界的な悪の組織に、などと考えているわけではないようで。地に足がついていると言えばそうなんだろうけど、それでやってる事は悪の組織の幹部なのだから色々と特殊は特殊だよなあ。
それでもオルタに関しては、家族でやってる自営業なんだからそれを維持するために頑張るというのはある種当然なのかもしれないけれど、不思議なのはクラエの方である。怪人であるブラックタイガーさんはデスクロイツが隆盛の頃から残っている古参の人なのだけど、クラエについてはどうもデスクロイツが斜めに傾いてから入ってきた娘のようなんですよね。
なんで悪の組織なんかに入ったんだ? それも、いつ潰れるかわからん斜陽の組織に。給料ちゃんと出てるんだろうか。デスクロイツって収入、首領である姉ちゃんの百合エロ漫画の原稿料と親父であるマッドサイエンティストの発明品くらいなんじゃないか? これだと一家族養うので精一杯なんじゃないだろうか。偶にでっかい悪事に成功すると、どこからともなく利益を得た企業体から賄賂が流れてくるみたいだけどw
いつか、ブラックアリス加入のエピソードも描かれるんだろうか。
ちなみに、組織で一番やべえやつは満場一致で姉ちゃんであるブラックアビスである。でも、組織の首領としてよりも、漫画家としての方が姉ちゃんやべえよなあ。スーパーヒロインズをひっ捕らえてきた際に、口にも出せないむごたらしい仕打ちwを彼女たちにやりまくってるのって、首領としてじゃなくて漫画家としてですもんね。
そして、世間一般にスーパーヒロインズの百合エロ漫画が公開されていく、というトドメw
ちゃっかり、そのスーパーヒロインズがモデルとなったエロ漫画を楽しみにしているオルタくんはちゃんと男の子していてかわいいです。そして未成年にも関わらず十八禁漫画を読んでいるオルタくんは、さすが悪の組織の一員!とも言うべき悪行!

そのオルタたちデスクロイツのささやかな悪行を食い止めんと、というよりも悪の組織をぶっ潰して名をあげようという正義の心はどこへやら、むしろ功名心名誉欲ライバルより目立ちたい、という正義の味方としてなかなかにガバガバなメンタリティを持ったヒロインズの襲撃!
もうこれ、襲撃と言った方がいいですよねですよね?
うん、ヒロインズと言うけれどヒロインか?と言われると全力で苦笑しちゃいますよね、女子力! そして可愛げが足りない、圧倒的に皆無!
残念ヒロインと言われるのもむべなるかな。
色々と我欲むき出しすぎだろう、この娘たち。そして本来なら能力的にはかなり強いにも関わらず、むしろその残念さ故にデスクロイツことオルタくんにあっさり負けてしまうその残念っぷり。オルタ、別に悪辣で狡猾な罠、とかそこまでえげつないの仕掛けてないですもんね。ちゃんと悪の組織らしい大胆な割り切りっぷりは見せてますけれど、地道と言えば地道ですし。
果たして、この端から端まで残念極まるこの娘たちを相手にラブコメとか出来るんだろうか。
ヒーローと悪の組織として対峙対戦するだけだった一巻と違って、次からはヒロインズの私生活の方に切り込んでいく様子なので、プライベート同士でかち合うことで本格的にラブコメがはじまる、とイイなあというくらいのニュアンスで。
しかし、メカ系の装備装着ヒーローに魔法少女はわかるんだけど、最後の美少女戦士ってジャンル的に曖昧ですよね。これセーラームーン系っぽいんですけど、セーラームーンってそもそもカテゴリーとしてはどこになるんだ? 将来的にプリキュアに至る変身ヒロイン系にあたるんだろうか。
考えてみると、それぞれジャンルが違うヒーロー系ヒロインがチームになってるのって、こうしてみると面白いなあ。いや、チームというにはチームワークが酷いけど。彼氏とか居たら無理やり別れさす!とか言ってる怖い人達だけどw