6月ももうすぐ終わり、今年も半分が経過する頃ということで、半年ごとの恒例。
今年に入って読み始めたウェブサイトに掲載されてる小説など、ご紹介です。


前回、去年の後半に読んだウェブ小説のおすすめ紹介記事です。


前回の記事からは【メスガキ銭ゲバCEOアズニャエルの経営拡大記】が先日完結。
原作のガンダムSEEDに備わっていた戦争を通り越して相手を根絶やしにしてやるという破滅性を、そのまま開放させるとこうなる、というような黙示録的展開には戦慄させられました。留まる所を知らない人の愚かさを、しかし押し止めるのもまた人の愚直さなんだよなあ。



<小説家になろう>から

伝奇世界の悪役令嬢※90年代からきました (海老)


90年代の伝奇小説好きが、死後に悪役令嬢として現代に黄泉帰る。
彼女のいくところ、魔戦が繰り広げられるのだ。

そんな、よく分からない物語。

壺の上で踊る】という悪役令嬢モノの皮を被ったヒロイックダークファンタジーを送り出した作者の、またぞろ独特な怪作にして快作。
90年代の伝記小説というだけあって、舞台は令和のはずなのに世界観の雰囲気は夢枕獏や菊地秀行という御大型の描く妖しくおどろおどろしいものなんだけれど、ストーリー展開は重苦しいものではなく、本来進むべき重苦しい流れを振り切るようなポップで明るく前向きなものが根ざしてるんですよね。これ夢枕獏原作ながらコミカライズで独自のコメディチックな作風を創り出した伊藤勢のノリが近いかもしれない。
このアンバランスなはずなのに、他に類を見ない混ざり方をした作品の雰囲気は魅力的で、ドライブ感ある、そしてバッドエンドを吹き飛ばす展開は滅茶苦茶面白い!
またお食事パート、グルメ語りがまた素晴らしくて、料理の数々がまた美味しそうなんだ。また、話の要としても、みんなで食卓を囲んでというパートが結構重要だったりするんですよね。
現在の章も異能とか全く持たない風来坊の主人公の叔父さんが、妖魔や神格をその無自覚の屈託の無さで振り回しながら、本来死と呪詛で暗く沈んでいくだろうだった話を明るい方向へとひっくり返していく展開は、もう痛快というほかなく。
最新話の
「ゴッド引いた! ゴッド引いたんや!」
は爆笑しつつ、文字通りの神展開で最高でした。



厨二病お嬢さま? 〜悪役令嬢は魔王に進化(?)しました。前世が魔王で闇属性に目覚めたそうです〜 (稲荷竜)


十四歳の誕生日パーティの日、貴族令嬢アンジェリーナは前世の記憶を思い出した。
『魔王』……魔法を極め魔族を統べた原初の王こそが、自分の前世なのだ。
記憶を取り戻したアンジェリーナは魔王であることを隠したりはせずに生きていくのだが……

「最近、アンジェリーナ様、発言が、その、『アレ』では?」
「なんていうか、こう、特徴的であらせられる、というか……」

はあ? 我は二千年の太古より目覚めし魔の中の魔、魔王であるぞ? 深淵なる闇を司りし我との邂逅という栄誉に浴しながらそなたらの応対、あまりに不遜ではないか?

魔王であると言っても信じてもらえない。
思春期特有の痛い発言だと思われる。

戯れにすべてを闇に呑ませしことも能うるが、我とて世を乱すこと本意ならず。光の中に生まれし者どもよ! 我が平和を愛する者たる幸運に感謝せよ!
輪転する時の中に刻まれしかすかな波紋。光満ちる世界に一条の闇が刻まれし瞬間より、運命の歯車は巡り、新たなる可能性が誕生する!
開闢! これより始まるは『人生』ではない! 我という存在が再び生まれ世界を変える『神話』である!

典型的に頭の悪い世間知らずの傲慢な令嬢だったアンジェリーナが、魔王の記憶(賢君)を取り戻したことで周りからは厨二病と思われながら、聡明な女性(マイペース)に転身してしまうのですが、その彼女に夢中になってしまうのが婚約者だったオーギュスト君で、お互い聡明ながらどこか半歩ずつズレたカップルが誕生してしまうのです。この王子様の一途な恋がまた可愛らしくてねえ。聡明になったのについでにポンコツにもなってしまったアンジェリーナには直球でボールを投げても中々想いは通じず。オマケに完璧超人の兄リシャールまでアンジェリーナに興味を抱きだし、それでもパートナーとして共犯者としてアンジェリーナと二人三脚で王様になるために活動する姿がまたイイんですよねえ。
稲荷竜さん特有のあの独特の言い回しとロジックの噛み合ってるのか噛み合ってないのか謎な面白さは健在でありつつ、結構ストレートにラブコメしてる作品でもあり、最近アンジェリーナの方が自覚してなかった恋心にキュンキュンしだしていることもあり、続き楽しみな作品です。


魔王谷より愛をこめて (門司柿家)


 かつて人と魔の戦いがあった。
 闇の神獣率いる魔王たちと人類との戦いは熾烈を極めたが、最後には人類の勝利で幕を閉じ、魔王たちは皆死に絶えたかの様に思われた。
 しかし魔王の一柱アクナバサクは死んではいなかった! 彼はこっそりと命を分割し、一割の命を少女の姿をしたホムンクルスに移して、ほとぼりが冷めるまで眠る事にしたのである。願わくは、起きた時には人間に紛れて暮らそうともくろんで。
 そんなこんなで二百年、少女の姿で目覚めたアクナバサクが見たものは、徹底的に破壊され草木も生えぬ灰色の不毛の大地と化した旧魔領の姿であった。
「あいつら、徹底的に領地をぶっ壊して、精獣も精霊も根こそぎ滅ぼしましたから」
「え、そこまですんの? 人間こわあ……」
 これでは人間に紛れて暮らすなぞ、怖すぎて出来そうもない。
 という事で、アクナバサクは旧魔領で何とか安穏に暮らそうと、部下のホネボーンと一緒に頭を捻った。
「というか、まず何をやればいいんだろ?」
「とりあえず木でも植えてみたらどうです」
「なるほど、それだ」

※女の子ばっかり出て来る頭の悪い話です。

【冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた】の作者さんの新シリーズ。
人と魔の戦いが終わった後、突如出現した生命を奪い土地を荒廃させる謎の怪物・現世喰によって、世界が文字通り滅びを迎えつつある世界。人の暮らす領域は遥か遠方まで退き、人間たちが生み出した魔姫と呼ばれる人造生命の女の子たちが、辛うじて現世喰の領域の中で生き残り戦い続けている。
前作でもそうだったのだけれど、街から故郷である村に帰る時の風景描写が素晴らしかったんですよね。旅路の中で刻々と目に映る風景が変わっていき、それに従って空気感がかわっていく。風の匂い、草木の香り、雪の気配や夏の色。季節の変わり目とか、そんな情景描写がさり気なくも物語の基部に根ざしていて、作品の雰囲気そのものに大きな影響を及ぼしてたんですよね。
今回の作品はそれがより顕著に伝わってくる。魔王アクナバサクちゃんの活動によって、荒れ果てた不毛の荒野に緑が生まれ、きれいな水が湧き、動物たちが戻ってくる。大地が生き返っていく様子が描かれる一方で、魔姫たちの絶望的な、空は重く雲が立ち込め太陽も見たこともない少女たちが飢えて乾いてジリジリと炙られるように死が近づいてくる、終わりの中で溺れているような日常が対比のように描かれるんですね。そんな泥の中、闇の奥に置き去りにされていた彼女たちの前に、魔王アクナバサクちゃんが現れた瞬間から始まった、目に映る世界の変化、曇天の下から光り輝く太陽の下に引っ張り出されたような転換、冷たく冷え切った身体がポカポカと温まっていくような展開は素晴らしかった。


董卓の娘 (神奈いです)

董卓の娘として生まれたので皆殺しエンド回避を目指します!

董卓の孫娘である董白ちゃんが活躍するラノベが絶賛刊行中ですが、本作は董卓の娘である超絶美少女(自称)董青ちゃんが主人公。将来魔王と呼ばれて一族根絶やしにされる董卓パパの運命を覆すために、色々小細工しちゃいますよー、なお話。この作品の董卓は苦労しながらも配下や異民族の人望厚い人の良いオジさんであり名将であり、親バカなんですな。三国志当時の価値観や独特の風習に混乱し振り回されながら、一方で周りの人達を振り回して明るくポップに董一族のために頑張る董青ちゃん。テンポの良い語り口と和気あいあいとした董一族とその軍団のノリが楽しい作品です。


バズれアリス (富士伸太)

人々の祈りや応援を集めて力に変える『人の聖女』アリスは
魔王を倒して世界を守ったが、その功績を妬んだ王と
『天の聖女』ディオーネから「反乱を企てた」と濡れ衣を着せられる。
アリスを弁護するはずの親友『地の聖女』セリーヌは逃げてしまい、
アリスの追放刑が確定した。
しかしアリスは追放された先の遺跡で、謎の大きな鏡を発見する。
鏡の正体は別世界と繋がるゲートであり、その先にあったのは
日本のレストラン「しろうさぎ」店内。
そこでアリスは異世界の青年、誠(職業レストラン経営)と出会った。

誠はアリスを助けようとするが、鏡を通り抜けられるのは
命を持たない物品だけで人間は決して通過できない。
そこで誠は鏡を通して食事や生活物資を与えることにした。
鏡越しの共同生活を始めた二人は少しずつ惹かれ合っていく。

またこのときの誠は、コロナ不況を乗り切るため店の宣伝動画や
料理動画を配信していたが、アリスや異世界を紹介する動画を思いついた。
そしてアリスの動画がバズってフォロワー数やgood評価が急上昇した瞬間、
アリスに莫大な力が流れ込み……?

ところでアリスを追放した王国は、アリスの戦友たちから
怒りと不信を買い、滅亡の日が刻一刻と迫っていた。

短期集中で連載してすでに先日完結した作品ですが、これがまた面白かった!
絶望と諦観に塗りつぶされ、死ねとばかりに追放された遺跡ダンジョンでそのまま諦めと共に終わろうとしていたアリスが見つけた、異世界と通じる鏡。
生きてる生命だけは通れないものの、それ以外なら物体でも電波でも通り抜ける鏡を通して、レストランの若き店主である誠と交流を続け、生きる気力を取り戻していくアリス。そうして、なんやかんやと遺跡攻略をメインとするユーチューバーとしてデビューすることになるのである。
普段は礼儀正しいのに、動画撮影がはじまると、途端にテンションが切り替わってめっちゃ口数の多い兵隊ノリのイケイケガンガンになるアリスがまた面白くて。これはウケるわー。
どんどん、現代の文化や機材に慣れ親しみ、動画配信者としてメキメキと腕を上げていくアリスに、いやそれでいいのか、と思いつつ、鏡越しの誠との淡いラブストーリーも相まってほんと面白かった。


<やる夫スレ>から
【あんこ】カミーユ・ポッターと短気な意思【ハリーポッター】

先の【ザリガニ令嬢】こと【【あんこ】悪役令嬢と石田三成】の作者の新作。ガンダムZのカミーユ・ビダンがハリー・ポッターの役で行くハリー・ポッターシリーズ。
いやこのカミーユのキャラが、あの人格破綻者のカミーユ・ビダンそのままなものだから、初手から言葉にならないほど酷いことにw そりゃ、伝説になるよ。カミーユ伝説。
スリサザン寮に振り分けられた初日に、堂々とグリフィンドール寮に遊びに行ってそのままお泊りしてくる展開は腹痛くなるほど笑いましたがな。なんでかマルフォイがカミーユのストッパー役となり親友枠に入っちゃってるし。毎回、この作者さんの作品は突拍子もないことになってめちゃくちゃおもしろいです。