【異世界、襲来 03.星を呼ぶもの】 丈月城/しらび MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

着装者vs着装者。ヒーローは、人間同士の戦いに巻き込まれる。

激化する異世界文明の猛攻に対し、各国はアスラフレームの配備を推進していた。そんな中、アリヤの持つ「休眠状態のアスラを覚醒させる力」を検証するために水上都市《エリクシア》を訪れたユウたちは、中国の着装者四号・雪麗、インドネシアの着装者候補・シャンティと出会う。一方の日本では、福岡の臨時政府が着装者三号の身柄を要求していた。断固拒絶するユウたちだったが、《福岡》が隠し持っていた七号フレーム《アグニ》とその着装者・巻志摩レオの手によりアインが囚われてしまう。大魔術師クアルダルドの奸計も蠢く中、同じ着装者を相手取ったユウの戦いが始まる──ヒーローVS異世界の革命的戦記、第3巻!

アスラフレーム装着者が続々と登場。なんだけど、マトモな奴が全然いないじゃないですか。それも自我が肥大化しているような連中で、まあ人格的にもとてもじゃないけれど好感を抱けないようなのなので、どういう目的でこういうキャラにしたんだろう。仲間にするには此方からご遠慮したいし関わり合いになりたくない、かと言って敵対するにしても面白みを感じる相手じゃないんですよね。
戦う価値のある良い敵、ライバルって感じじゃ到底ないですし。どうにも魅力を感じにくいキャラなのです。
特にレオくんね。日本が壊滅する過程において、酷い体験をしてきて人間にも世界にも三行半を突きつけている、という境遇もわからないでもないのだけれど、この世界のご時世ではそういう体験をした人は珍しくもないでしょうし、ガキが拗ねて斜に構えてイキっているようにしか見えないのが余計にタチが悪い。年上のお姉さん上司に宥められて多少のコントロールを受け付けるあたりなんぞも中途半端ですし。これで、悪いところばかりじゃない、と言われてもねえ。

肝心の敵である異世界の方も、なんかクアルダルド一人だけがウキウキと暗躍しているばかりで、地球を侵略してきている異世界、という敵側の様子が全然見えてこないものだから、地球サイド、人間側が勝手に内部分裂や権力争いで自滅しているようにしか見えない、というのもスッキリしないところ。そのクアルダルドはというと、いつもの愉快犯型戦闘狂で独りで勝手に遊んでいるだけで、こちらもユウたち主人公サイドと噛み合っているかというと、グアルダルドの一方的な片思いでユウの方はなんか強い敵、という認識しかなくて此方も好敵手とかお互いしのぎを削りあう噛み合った敵同士、という感じもなく。そのせいか、グアルダルド自体があんまり印象に残らないんですよねえ。

今回はユウたちもいまいち行動に指針が見られず、明確な目標や意思が感じられず、周りの状況に流されてるうちに各地でなんとなく戦いになって、という風情で全体的に中途半端に見えちゃったんですよね。なにやってたんだろう、今回。
アインが囚われた事で、ユウがアインの存在の大きさに気づく、という展開もあったのだけれど、そこに感情が行き着くまでが結構唐突感あって、そこに至るまでの丁寧な積み重ねがあったんだろうか、これ。クライマックスの展開も同じく唐突感があって、え?どうなったの? と戸惑ううちに何もかもが終わってしまっていて、作中の登場人物たちの感情についていけずに、あれ?と思ううちに終わっちゃったりして、なんか置いてけぼりだったなあ。

なんか今回は全体的に焦点がぼやけていて、いまいちノリ切れませんでした。あと、時事に関しての作者の考えをキャラに語らせるの、あれは激烈に冷めるので勘弁してほしいものです。