異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω

一期と比べると、なんだかぼんやりとした印象だったのはメインヒロインだったシェラとレムが添え物と言ったら酷いかもしれないけれど、ずっと目立たないポディションだったから、というのもあるんではないかと。
対して、新しいヒロインズが存在感を示していたかというと、彼女たちがぼんやりとぼやけていたから作品そのものがボケていたというのもあるんじゃなかろうか。
わりと苦戦することも多かった敵との戦闘シーンですけど、うん苦戦するのは別に構わないのだけれどこちらもあまりぱっとしなかったかなあ。



Vivy -Fluorite Eyeʼs Song-

2021春期のオリジナルアニメでは事前からインパクトあるPVなども相まって注目株だった本作。
Re.ゼロの長月達平さんが脚本を手掛けた、というのも売りの一つでしたが、前のシグルドリーヴァがちょいアレだったからなあ、という向きもなかったわけではなく……。
ともあれ、内容の方は総じて面白かったです。前評判には負けなかったんじゃないかな。
人類に対するAIの反乱、というテーマは珍しくはないのですけれど、それを徹底してAIの側から見た話、というのはなかなかなかったんじゃないだろうか。ヴィヴィは反乱を阻止する側だったわけですけれど。
これ、面白いほどに人間サイドには比重置かれていないんですよね。未来において人類に反乱を起こすAIたち。その未来を覆すために、その反乱のきっかけになったであろうAIの発展を促す歴史上の大きな事件を歌姫ヴィヴィと未来から来たサポートAIマツモトが防いでいくシンギュラリティ計画というのが大きな筋立てになっているのだけれど、ヴィヴィが向き合うのはAIに反乱を起こされる人間ではなく、常にAIの側でした。AIの心と向き合う100年の旅。ヴィヴィにとって向き合った人間というのは、彼女をヴィヴィと呼んでくれた最初の人、モモカだけだったんじゃないだろうか。
その最初の人が大きかったわけですが。
AIに心は存在するのか、という問いかけに関してはもうこいつら絶対心あるだろう、としか思えない言動だったんですよね、AIたち。彼らの思考には、情念があった。情熱があった。真摯さがあった。愛情があった。
それは総じて心を呼ぶ。
自分の想い、そして百年の旅で巡り合ったAIたちの心の在り方の記憶。最後にヴィヴィが「心を込めて歌う」の答えとして、百年の旅の記憶を出力元とした理由としては十分でしょう。
そういえばAIの停止を自然とヴィヴィたちは「死ぬ」と表現していたんですよね。なるほど彼女たちは生きているという自覚があったとしか思えない。
まあ人間サイドをあまり描かなかったせいか、AIがどうして反乱を起こす判断を下したのかがあんまりよくわからなかったのですけれど。



86-エイティシックス-

第23回電撃小説大賞・大賞受賞作。現在も続いているシリーズだけれど、その第一巻をまるまる使ってのアニメ化でした。3巻4巻は当たり前、下手をすると1話で1巻使うくらいの勢いで雑に既刊を消費するのも珍しくない昨今に、1クールを丸々使って1巻だけを描く、という丁寧な使い方をしているというだけでも、意気込みを感じる作品でした。
それでも、序盤はしんどかったですけれどね。丁寧さゆえにしんどく感じてしまうのは、それだけ内容がヘヴィであると同時に動きが少ない、というのもあったのではないでしょうか。ストーリーが動かないわりに、どんどんと人が死んでいく、というのもありましたし。
しかし、クライマックスに入ってからは本当にすごかった。人間の情動というものをこれでもか、というくらいえぐるように描きながら、同時にアクションも派手にドライブ感たっぷりに。
86たちのあの悲哀。諦観を飲み込んだ先にある儚さと明るさの表現は凄まじいとすら言っていいくらいで、最後の出撃のあとのあの五人と一匹というか一機の旅は牧歌的でもあり終末的でもあり、何とも言い難い情景だったんですよね。
ここまで描いてくれたら、2期は素直に楽しみでもあります。ブラッディレジーナも大いに見せてくれそう。