ラノベ人気投票『好きラノ』 - 2021年上期に参加させていただきます。


今年もついに半分過ぎ去ってしまったんですねえ。というわけで、今回も参加させていただきます、よろしくお願いします。
川上稔先生のラブコメ短編集、投票しようと思ったら電子書籍限定は投票対象外なんですかー、ぐががが。
仕方はないが候補には事欠かなかったので、選びたくても枠が足りなくて選びきれない悩ましさを一つ解消できたと思って。

前回投票させてもらった作品、その続編が4作。これはそれだけ評価が高く固く揺るぎがない、という事ですね。作品そのものが持つとびきりの面白さは早々すり減らない。
【現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変】と【ホラー女優が天才子役に転生しました】は2巻でむしろパワーアップか。
【筺底のエルピス】、【Unnamed Memory】も言うたら継続枠。
残る四作は新作だけれど、これがまたとびっきりの作品ばかりだ。その尖りといい濃さといい厚みといい素晴らしいの一言。続きが楽しみで仕方ないものばかりでしたよ。

ちうわけで、投票させていただきます。よろしくお願いします。



<TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 3 ~ヘンダーソン氏の福音を~>
  Schuld/ランサネ オーバーラップ文庫

【21上ラノベ投票/9784865548228】
感想はこちら

ただでさえ面白かったシリーズがぶっ壊れたみたいに密度を増し充実度を増しひたすらに濃厚で濃密なエンターテインメントと化すのが、この第三巻からはじまる帝都編です。この右を見ても左を見ても見所しか無い世界観を目撃せよ、耽溺せよ、溺れてしまえ。



<僕が答える君の謎解き 明神凛音は間違えない>
  紙城 境介/羽織 イオ 星海社FICTIONS

【21上ラノベ投票/9784065225257】
感想はこちら

【継母の連れ子が元カノだった】の作者・紙城 境介さんが描くミステリー。それも、犯人や真相を推理するミステリーじゃない。過程をすっ飛ばして「天啓」によって導き出された真実、その真相に至るために演算されたはずの「推理」を「推理」するミステリー。
明神凛音は真実しか解らない
答えを導きだしたはずの凛音当人と共に、真実を証明する謎解きを繰り広げていく、これが抜群に面白かった!


<ホラー女優が天才子役に転生しました 2 〜今度こそハリウッドを目指します!〜>
  鉄箱/きのこ姫 ガガガ文庫

【21上ラノベ投票/9784094518924】
感想はこちら

これは天才子役として再誕したホラー女優の新たな栄光の道への物語と同時に、その子役にして天才女優の誕生に行き遭ってしまったばかりに、幼くして女優として、人間として、成長を通り越して覚醒と言ってイイほどの目覚めを迎えてしまった、主人公のライバルであり親友となる子供たちの物語でもある、それを印象づけてくれる第2巻でした。



<継母の連れ子が元カノだった 6.あのとき言えなかった六つのこと>
  紙城 境介/ たかやKi 角川スニーカー文庫

【21上ラノベ投票/9784041110430】
感想はこちら

「好きってなんなんだ!?」
真剣に苦悶する水斗にいさなが提示する、シンプルな定義。シンプルだけれどこの上ない真理であるそれが、水斗を貫く。モノクロだった彼の感情がフィルムを剥がすように色づいていく姿がとても綺麗なラブストーリーのワンシーン。水斗の側も心の準備が整った、そんな6巻でした。



<筺底のエルピス 7.継続の繋ぎ手>
  オキシ タケヒコ/ toi8 ガガガ文庫

【21上ラノベ投票/9784094518917】
感想はこちら

これまでずっと絶望を塗り重ねてきた。世界を覆い尽くし真実が明らかになるたびに、途方も無いスケールの終焉が絶望を提示してくる。絶対不回避の絶望をだ。それを、ついに、希望が上回る。
それはきっと奇跡の切っ先。幾多の絶望を貫いてきた希望の突端。その闇が深く深く奈落のように底なしだったからこそ、それをぶち抜くだけの質量を備えた奇跡はきっと、最強無比の希望なのだ。
それをこれでもかと見せつけてくれた新刊だったんですよ!



<武装メイドに魔法は要らない>
  忍野 佐輔/大熊 まい 富士見ファンタジア文庫

【21上ラノベ投票/9784040740225】
感想はこちら

現代兵器無双? とんでもない、敵は騎士、しかし普通の銃火器などまるで通じないまさに人外無双の化け物のようなスペック持ちたち。お前ら全員アイアンマンかなにかか!? 人型ロボット相手でも生身で戦えるんじゃないかというファンタジー世界の英雄たちだ。そんな怪物を相手に地獄のような世界のもと、少女たちが決死の想いで抗うこれは熱い熱い物語だった。理不尽に抵抗しろ、非道を許すな。本作こそ崇高なる少女と少女の物語。ガール・ミーツ・ガールの粋である。



<現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 2>
  二日市とふろう/景 オーバーラップノベルス

【21上ラノベ投票/9784865548488】
感想はこちら

兆に至る資金を以て政界の動向に介入し、平成のフィクサーとして不良債権処理に辣腕を振るうお嬢様。ついには大統領選挙にも関与することで、米露の中枢にも注目されることになる。
そんな彼女の前に、郵政改革を掲げて政界を根こそぎひっくり返すあの男が立つ。さらに着々と近づいてくる9.11。そしてイラク戦争の影。はたして、小さな女王様の歩む未来は何処か。2巻にして盛り上がること最高潮でありました。



<Unnamed Memory VI 名も無き物語に終焉を>
  古宮 九時/chibi 電撃の新文芸

【21上ラノベ投票/9784049128055】
感想はこちら

一人の孤独な魔女と王様の恋物語は終りを迎え、お伽噺の器からこぼれ落ちていく。そこからはじまるのは文字通り、名前の残らない記憶の物語だ。長い長い悠久に等しい二人の流離いがはじまる、始まりと終わりの感動の最終巻でした。



<駅徒歩7分1DK。JD、JK付き。1>
  書店ゾンビ/ユズハ オーバーラップ文庫

【21上ラノベ投票/9784865548839】
感想はこちら

ときに、見知らぬ人同士が家族になるのに時間が必要ないときがある。ふとした偶然から居候するようになったJKと、JDとサラリーマン。そんな世代も性別も違う三人が当たり前の日常を、穏やかで心地よい日々を過ごしていく、そんなごくごく平凡な幸せが詰まった生活感あふれる日常譚だ。
幸せだからこそ壊したくない時間。幸せだからこそ、愛しく恋しく募る想い。相反する矛盾した気持ちが今を軋ませる、そんなラブストーリーのはじまりでした。
昨今増えつつある年の差男女の同居モノ。良作も珍しくなくなってきたジャンルですけれど、その中でも本作は頭一つ突き抜けた面白さであり、雰囲気の味わい深さでありました。



<恋は双子で割り切れない>
  高村 資本/あるみっく 電撃文庫

【21上ラノベ投票/9784049137323】
感想はこちら

三者三様、それぞれに抱く恋の形、それぞれに求める愛情の結びつき。幼馴染だからこそ、もっとも身近な相手だからこそドロドロに沈んでいく関係の「深さ」がまさに沼のように引き込んでくれる。
今年屈指の青春恋愛譚となりそうな新作でした。