【剣と魔法の税金対策 3】  SOW/三弥 カズトモ ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

今度はマンドラゴラ商売で税金対策!?

「我が配下となれば世界の半分をくれてやろう!」「え、マジ?わかった!」
魔王♂と勇者♀が交渉成立!と思ったら、天から「贈与税がかかります」の声。絶対なる税金徴収者である「税天使」が現れた!
え、神様に税金とられるの!? “世界の半分”という莫大な資産にかかる超高額の贈与税に焦った勇者は税金逃れのために魔王と偽装結婚!
そんな二人を助ける『ゼイリシ』の少女!いろいろ頑張っても焼け石に水の税金対策(泣)。とにかくお金を稼がなきゃ!ということで思いついたのが、魔族・人族共同の産業振興計画!
不思議の妙薬の原料マンドラゴラ栽培・輸出でがっぽりだ!しかし、そこに、高級マンドラゴラブランドを持つエルフの国から横槍が!
「ぶっ飛ばす!」とイキりたつ妻メイを宥めてなんとか挑んだ国際交渉。しかしその先に待っていたのはめんどくさーい「関税」がらみの陰謀だった!!
せっかくのマンドラゴラ事業がふいになるどころが、またまた魔族の国がすっからかんになるピンチ!!
「異世界初の異世界税制コメディ」、待望の第三弾!
今回のテーマは関税!
……いや、関税って一般家庭関係なくないですか!? 強いて言うなら企業法人で輸出入に業務での関わりがある場合は、税理士によるアドバイザリーやコンサルティングなどが設けられる場合があるみたいですけど。
って、そう言えばこれってブルーとメイのご夫婦の家庭内のお話じゃなくて、魔王を頂点とする魔族国家が主体なのですから、他国との貿易に際しての関税問題というのは出てきますか。いや、そこまで行くと税理士は関係ないような気がするのですが、専門家として適切な知識の開陳と助言を行うという意味でクゥはすでに魔族国家の重要なポディションについている気がします。これ、税理士としての契約だけじゃなくて、政策スタッフとしてのお給料も払わないとダメなんじゃないだろうか。前からだけど、がっつり国家運営の方に噛んでますしねえ。
というわけで、今回も「関税」という貿易にかけられる税金について色々と詳しいお話がありました。知識皆無のメイを出汁にして、非常にわかりやすく簡潔端的に例えを用いて噛み砕いて教えてくれるので概略としてこんなもんだよー、というのがすんなり頭に入ってくるのはホントありがたい。
ついでに、今回はなかなか忙しくて折角の新婚生活の甘酸っぱさを味わえなかった今までを取り戻すように、新婚旅行であーる!
と、言っても貿易問題の解消を兼ねてのお仕事兼任だったので、そんなゆっくり出来る展開はなかったのですけれど、それでも今回の話にはブルーとメイが夫婦、という点が大きなポイントになっていた気がします。それに、ちゃんと夫婦っぽい雰囲気も醸し出してましたもんねえ。
というか、ちゃんともう夫婦という関係、二人の間でも定着してるんだ。嫁さんにダダ甘なブルーは元よりメイの方も照れはするものの、今更夫婦という関係について他人から言われても否定とか誤魔化したりとかしないですし、妻、奥さんという立場で紹介されても受け入れてるんですよね、照れるけど。
いやー……新婚生活、思った以上に順調なのでは、これ?
何気におっとりとして庶民的だけれど、ちゃんと魔王として王侯貴族の品格や立ち居振る舞い、貴種としての視点を持つブルーと、最下層から生きるためになんでもやって這い上がってきたが故にアンダーグラウンドというアウトローの世界を熟知しているメイが、それぞれの持ちえる知見、スキル、ネゴシエーションスタイルによって、この貿易問題がどこから生じているのか、の真相にそれぞれのルートから手繰っていって辿り着くの、これはこれで面白い形の夫婦の共同作業だったんじゃないでしょうか。
それにこれって、異種族間の結婚という以上に貴種と最下層民の身分違いの結婚という側面があったんだなあ、と改めて認識させてくれた気がします。
そもそも、生き方が違っていた二人が同じ道を歩き同じ幸せを共有しあう、という姿こそが、今回の問題を突破する鍵になっていたのでしょう。
そう考えると、その鍵と鍵穴を無視しして強引に扉をこじ開けようとしたクゥは、まだまだ人生経験が足りていない、という事になるんでしょうかね。呪いの魔具に引っ張られてしまっていた、にしても。
そこは、敢えてメイとブルーが止めてあげるべきだったのかもしれませんけれど、何気に二人共クゥには甘いからなあ。これまでの実績もあることで、彼女に絶対の信頼を寄せていた、というのも大きいのでしょうけれど。
だから、ブルーとメイはクゥの家族には成れても、彼女の師や先生にはなれないのかもしれません。まあ、基本クゥはむしろこの夫婦に助言し知識を授け方針を告げる立場なわけですしね。
クゥの未熟な部分を教え導く立ち位置は、ずっとゼオスがやってくれていたということか。
彼女も、なかなか思いもよらぬ過去を持っているようで。ってか、ゼオスが過去にどういう存在だったかって、明かされたのこれが初めてですよね。まさか、そうだったのか。
これまでも、何くれとなくアドバイスしてくれてたゼオスですけれど、今回はほんと無関係のところで私的にあれこれと手助けしてくれたのは、税天使としてはそりゃ拙かったですよね。
法に携わる人は、だからこそ厳格に恣意を排し無くてはいけないのですから。今までもめちゃくちゃ贔屓してくれてた気もしますけれど、あれギリギリセーフだったの多分に有情ではあると思うのですが、今回そのライン超えちゃったかー。
ゼオスがどうなったか、それも気になるところですけれど、何気に天使と反対側となる勢力が出てきたのは気になるところだなあ。ってか、あいつらって「ゼイホウ」的にはどういう存在になるんだろう。