【ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する 2】  雨川透子/八美☆わん オーバーラップノベルスf

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

婚約者の皇太子と城下町でお忍びデート!?

ループ7回目の人生が始まり、皇太子アルノルトのもとへ嫁ぐことになったリーシェ。
アルノルトとその弟テオドールとの確執も解け、戦争回避に一歩前進、のはずが。
「騎士候補生の訓練に混ざりたい、しかも『男として』だって」?
未来のアルノルトの強さの秘密を体感するべく、リーシェは男装して騎士候補生の訓練へ参加することに!?
アルノルトに発覚しないよう二重生活を送る一方、内緒で城下にお忍びなど、婚約者としての交流を深めていく二人。
そこへ、雪国コヨルの王子・カイルが訪れる。
リーシェにとって薬師人生の患者でもあるカイル。
そんな彼の、国の衰退をかけた決死の願いは、冷酷なアルノルトにすげなく一蹴されてしまい!?
このままではコヨル国が存亡の危機に立たされる。
その未来を回避するべく、リーシェは一計を案じることになるのだが……!?

ただでさえ婚約者として忙しく振る舞っているのに、さらに騎士候補生として男装して訓練に参加するとか、普通に過労死しませんかね? 相変わらずブラック気質というか、過酷な労働環境を労働と全然思っていないと言うか。リーシェって、これまでの人生も殺されなくても早晩過労死してたんじゃないですかね!?
そして、兄との和解を取りまとめてくれた借りもあってか、さっそく訓練に混ざるための裏工作よろしく、と義姉にこき使われるテオドール。人使いも荒いぞ、このご令嬢w
しかもテオドールのアルノルトへの未だもやってる複雑な気持ちを刺激して率先して動かすやり方とか、人使いのコツも備えてるんですよね、リーシェって。なんでも自分で出来るけれど、何からなにまで自分がやらないと気がすまない、ってタイプでもないんだよなあ。
そして、必要以上に騎士候補生の同輩と仲良くなってしまい、未来ある若者に危うい性癖を植え付けてしまってます。男装している以上、相手はリーシェの事を男だと思ってるんだから、男相手にドキドキときめいちゃったら性癖勘違いさせちゃうじゃないですか! どう責任取るんだろうw
一方、婚約者としても外交特使として訪れた前世の旧知であるカイル王子と接触して、コヨル国の危うい先行きと、かの国を滅ぼしてしまうだろうアルノルトの冷酷非情の皇帝となる未来を回避するために、何とか両者の和を取りまとめようとするリーシェ。
ただお国柄で女性に対して過剰な世辞で甘い言葉を投げ掛けてくるカイル王子に、リーシェは何とも思ってないのだけれど、アルノルト皇子が何気に苛ついてるっぽかったんですよね。アルノルト皇子の反応にもリーシェさっぱり気づいてなかったっぽいけれど。カイル王子にやたらとアルノルトが辛辣というか当たり強かったのって、基本はコヨル側の見通しの甘さが悪いんだけれど、アルノルトの私情が入ってなかったとは思えないぞ。
逆に、リーシェがコヨルと同盟を結ぶメリットを見つけ出して提示して見せた時に、アルノルトがそれを受け入れたのも、私情が入ってないとはイイ難い気がするんですよね。そこはリーシェに免じて、みたいな。
そういう意味では、アルノルト皇子の方が自覚的にリーシェの事を意識しているのかな、と見えるんですよね。リーシェの方はその点、アルノルトに凄く執心していて、彼と結婚することも他の選択肢を放り投げるくらいには受け入れてる、というより積極的に選んでいるし、アルノルトに冷酷な皇帝になってほしくない、というのも彼女の個人的な感情に寄るものが多く混じっているようにも見受けられるんだけれど、あんまり赤面したり恋心をあからさまにすることもなくて、結構さっぱり対応なんですよね。
彼からもらった指輪を、薬指にハメてみたりとか、明らかにアルノルトと結婚する事を望んでいるのは伺えるのですけれど、そこに感情的な浮ついたものとかテンション上がったりとか、ぽわぽわ沸騰したりとか、そういう熱量を持て余す様子が見受けられないものだから、果たして自覚がないのか、とも思うのですけれど。好きとか恋してるという感情を自覚していて、ああいうさっぱり対応という可能性もこの娘の場合なくはなさそうなだけに、ちょっとわかんないぞ。

さて、これまで七回繰り返してきた人生でリーシェはそれぞれ違う職業についてそのジョブを極めたわけですけれど、あと二回変身を残している! とばかりに、あと二つのジョブがまだ明かされてなかったのですけれど、今回そのうちの一つがガッツリ話に絡むことに。
その職業……錬金術の師匠がカイル王子と一緒に帝国を訪れてリーシェの前に現れることになるのです。
って、薬師だけじゃなくて錬金術まで修めていたのか、このご令嬢。リーシェのアトリエ、というのもやろうと思えば出来るわけね。
そんな中で出てきた「火薬」という今までこの近隣諸国の人々が手にしたことのない新しい要素が絡んでくる。いやまあ、火薬はどうやったって武器くらいにしか使えんわなあ。爆薬として、戦争以外でも用途はあるかもしれないけれど、意外と工業用の爆薬って近代に入って高度な発展をするまでは使い物になるレベルじゃなかったらしいんですよねえ。

火薬の存在をアルノルトに告げれば、彼はそれを当たり前のように戦争へと使うだろう。
後の冷酷な皇帝、という姿はアルノルトの素の姿ではないかもしれないけれど、彼が望んだ姿であるというのは、現在すでに殊更そうあらんと心がけている節からも伺い知れる。
その意思には、リーシェすらも踏み込ませまいとしているし、そこに干渉してくるならリーシェであろうと排除する、と明確に示してすらいる。
どうしてアルノルトが、冷酷であろうと拘るのか。そこには父である皇帝との関係が絡んでいるようなのだけれど、リーシェが目指すべきは彼が隔てているその壁にどうやって穴を開けて彼の真意を見つけるか、というところなのだろう。
ただ、安易にアルノルトを「甘く柔らかく」して彼の頑なさを解消してしまうと、それが彼の破滅へと繋がってしまいそうな、そんなピリピリとした危機感がアルノルトと皇帝の間に密かに漂っている気配が在るので、そのへんどんな塩梅で彼の懐に入り込んでいくかがリーシェに問われる所になるのかなあ。