【戦姫アリシア物語 2 婚約破棄してきた王太子に渾身の右ストレート叩き込んだ公爵令嬢のはなし】  長門佳祐/あんべよしろう アース・スターノベル

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

王国と帝国の戦争は、あっけなく終わりを迎えた。
アリシア指揮による「帝国軍大勝利」という形で。
(思い出して! アリシアは元王国軍大元帥! )
すったもんだがあって、婚約を果たしたアリシアとジークハルトだったが、アリシアは王国のことをレナードに丸投げして、帝国陸軍大学へ進学する。
(レナ子のヒロインルート阻止! )

そして時が(少し)経ち、アリシアは戦場に戻ってきた。なりゆきで。
帝国北方、辺境の地で蛮族相手に無双する
戦姫(と変態皇子)の姿をご堪能あれ!

わはははっ、このスチャラカなノリほんと好きだわー! 大好きだわー。
今回は表紙絵から遊びまくってますもんね。皇子、なんでそんなドヤ顔やねん! お前、ヒロインッて柄じゃねえだろうがw
そんなだから、帝国軍将兵に雑に扱われだすんですよ。ちょっと前まで皇子の為なら命などいらないっ、というくらい将兵からは慕われ親しまれた大人気の名将だったのに。
今や、帝国軍は総じてアリシア姫の為なら死ねる! 状態ですもんね。思い出して、その姫、王国の姫だからっ!
まあそのアリシア狂いの筆頭がジークハルト皇太子なんですが。なんなら、よっしゃーお前らアリシアのために死ににいくぞー! と、先頭で走り出しそうなのが、表紙でドヤ顔してるのがこいつですから。
帝国軍総アリシアファンクラブ化となってしまってる本編ですけれど、何ならそのファンクラブの会長で会員第一号はこの皇子ですからなあ。帝国軍の連中、上から下までアリシアが他の国の姫だというの、完全に忘れてるか頭から追い出してるよね、これ。むしろ、地元以外では胡乱な扱いされていた故郷の王国よりも、帝国のほうが下にも置かない扱いなんですよね。というか、熱狂的アリシア閥となってますし。まあ王国も軍の方は近衛から地方軍まで熱狂的なアリシア狂いだったんですけれど。だから、王国内乱となった時はこぞってアリシアの元に参集して帝国王国共同で政権ひっくり返しちゃったわけですし。
これ、やろうと思ったら返す刀でじゃあ帝国もひっくり返しちゃうぞー!とかアリシアが言ったら、今度は帝国軍が手のひら返してアリシアの元に参集しそうな熱狂度なのである。まあその場合、真っ先に手を挙げるの、ジークハルトなんでしょうが。
概ね配下がバーサーカーしかいない、麗しい女性軍人たち全員が脳筋でウォーモンガーで血に飢えた獣揃いなアリシア直率軍なんですが、当のアリシアが軍人としてはキレキレなものの、基本的に凄くマトモなのでエラいことにはなっていないのですが。このマトモなアリシアをしてブチ切れさせるに至った王国は、まああの惨状なのですが。いやまあ、アリシアもアホの子でもありますけど。可愛いアホの子ですよ?
その点、本当に帝国は上は偉い人から下は一兵卒から市民に至るまでおおらかにアリシアを歓迎してくれていたので、いつバーサーカーどもが暴れ始めないかドキドキしっぱなしだった一巻と比べて、落ち着いてアリシアとジークハルトのイチャイチャラブラブを眺めていられました。いや、もう周りが動物園というかサファリパークというか、凶暴な野獣の群れであることには変わらず、脳筋メアリを筆頭に何をやらかすかわからないのは相変わらずだったのですが。
戦場シーンが北の蛮族掃討戦くらいしかなかったのは、ちょっと物足りなかったですけどね。やはり、アリシアは勇躍戦場を駆け巡っているかっこよい姿が映えましたし。でも、あれだけ戦場無双を誇るアリシアですけれど、その性状は普通の女の子そのもので、むしろ小動物的な可愛らしさの持ち主なんですよね。
豪傑とか姉御肌、とかではないんだよなあ。そりゃあ、戦場では将軍として勇ましい姿を魅せますし、職業軍人としてのプロフェッショナルな冷静な佇まいも見せますが、普段はほにゃーとしたゆるい感じすらあるちっちゃい可愛い、ジークハルトが大好きでキュンキュンしている女の子なんですよねえ。
かわいいかわいい、ほんとかわいい。アホかわいい。アリシアの可愛いを堪能するための第2巻でもありました。そりゃ、帝国軍総ファンクラブ化もしますわなあ。
今までは直接対決していた対王国方面軍がアリシアの熱狂的な支持者で、ある意味限定されていたのですが、アリシアが帝国に来て陸軍大学に入ったのは、奇貨でもあったんですよね。
いくら強いとは言っても、他国から亡命してきた姫将軍を、皇太子がいきなり元帥に任命して軍全体のナンバー2にするよ! とか言ってもそりゃ普通に反発があったのですが。
軍の中枢たる高級参謀や指揮官たちが在する軍大学にアリシアが踏み込んでしまったものですから、彼女に突っかかっていった連中が一夜明けると総じてアリシアの狂信的支持者へと反転しているという、なにそのオセロみたいな掌返し? という勢いで、軍中央が反アリシアの牙城から強烈なアリシア支持の牙城へと変わってしまっているという顛末。その後も行く先々で、軍指揮官として派遣される先々で熱狂的ファンを量産していくアリシア姫将軍。
アイドル巡行ですかね、これ?
アリシアのことが好きすぎて、本来超有能で実際超有能のままなのに、アホになってるジークハルト皇太子と、ジークのことが好きすぎてアホ可愛いことになってるアリシアの、お互い好きすぎてアホになってますよ?というアホっぽいイチャイチャっぷりは、見ていて微笑ましいというかアホらしいというか、まあ可愛らしい相思相愛でした。
いいからさっさと結婚してしまえよ。
というのは、実は本人たち含めて、さらに現皇帝陛下皇后陛下も大プッシュの、よっしゃー結婚するぞー状態なので、嫌でも進展してしまうのですが。これ、推進派が各々勝手に好きに暴走しだしてる?
相変わらず、上から下までドタバタしっぱなしの愉快でノリノリなコメディ、大変楽しいばかりでした。なんか、好みにどストライクなんですよね、このノリと勢いに緩さと軽妙さが。
ツボ、ツボだ。ハチャメチャさが、ドタバタの勢いが、なんかもう色んな意味でも無双っぷりが、痛快で気持ちいいんだ。スカッと笑える楽しい作品でした。願うならば、続きでアリシアの結婚話をば、大騒ぎどんちゃん騒ぎして欲しいものです。待ってますよ。