読んだ本の数:22冊 うち漫画:2冊

9月は中旬までは平均ペースだったのですが、下旬に入ったところで【キョン子は傭兵を率いて運命にあらがうようです】という結構昔のやる夫スレ作品にハマってそればっかり読んでたんで、全然他読めなかったんですよ。
既に完結してる作品なんで、止められなくって。現在【董卓の娘】という歴史モノをなろうで連載してる作者さんの作品らしく、三十年戦争当時の時代背景をバックグラウンドに描かれた非常に読み応えある作品でした。
ウェブ連載作品、面白いのに出くわしてしまうと、他全部停まってしまって睡眠時間までガンガン減るので、参ってしまいます。でも、読まずには居られないんだよなあ。



さて、ライトノベルの方は【わたし、二番目の彼女でいいから。】という問題作に文字通り頭ぶん殴られてしまって、もうなんかグッチャグッチャでしたよ。性癖を揺さぶられまくった。


★★★★★(五ツ星) 1冊

わたし、二番目の彼女でいいから。】  西 条陽/Re岳 電撃文庫(2021/9/10)


【わたし、二番目の彼女でいいから。】  西 条陽/Re岳 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

衝撃の問題作、なんて良く言われる文句だけれど、この作品はガチで衝撃だった。もう、物凄い作品が現れたとしか言いようがない、ヤバいくらい不純で倒錯して不健全な、でも懸命に恋をしている、死ぬ気で恋をしている男女の物語でした。ドラマでした。脳内物質どばどばですよ。


★★★★☆彡(四ツ星Dash) 3冊

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 13】  手島史詞/COMTA HJ文庫(2021/9/1)
戦姫アリシア物語 2 婚約破棄してきた王太子に渾身の右ストレート叩き込んだ公爵令嬢のはなし】  長門佳祐/あんべよしろう アース・スターノベル(2021/9/15)
TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 4(下)~ヘンダーソン氏の福音を~】  Schuld/ランサネ オーバーラップ文庫(2021/9/25)


【魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 13】  手島史詞/COMTA HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

あっちでもこっちでも愛の力、パワー・オブ・ラブが炸裂しまくる総力戦。バトルバトルしてるのかイチャイチャしているのかよくわからんけど、盛り上がるならそれも良し。


【戦姫アリシア物語 2 婚約破棄してきた王太子に渾身の右ストレート叩き込んだ公爵令嬢のはなし】  長門佳祐/あんべよしろう アース・スターノベル

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

愉快な頭のおかしいバカどもの饗宴、男も女もバカばかり、楽しい戦争のお時間だ! スチャラカドタバタ戦場コメディ第二弾は、あいも変わらず愛すべきバカどものどんちゃん騒ぎで、ひたすら楽しかった!


【TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 4(下)~ヘンダーソン氏の福音を~】  Schuld/ランサネ オーバーラップ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ステータスでもスキルでもなく、レベルもチートも関係ない。すなわち強さとは絶対ではない。
彼らは、遥か次元の違う格上だろうと、斯くの如く倒してみせる。データさえ存在するなら神だろうと殺してみせる。
人はそれをデータマンチと呼ぶ。彼こそが、TRPGプレイヤー。その極を歩む者だ。


★★★★(四ツ星) 5冊

婚約破棄された令嬢を拾った俺が、イケナイことを教え込む~美味しいものを食べさせておしゃれをさせて、世界一幸せな少女にプロデュース! ~ 2】  ふか田 さめたろう/みわべ さくら PASH! ブックス(2020/10/30)
異世界迷宮の最深部を目指そう 16】  割内タリサ/鵜飼沙樹 オーバーラップ文庫(2021/8/25)
『ずっと友達でいてね』と言っていた女友達が友達じゃなくなるまで】  岩柄イズカ/maruma(まるま) GA文庫(2021/9/14)
王様のプロポーズ 極彩の魔女】  橘 公司/ つなこ 富士見ファンタジア文庫(2021/9/18 )
僕が答える君の謎解き 2.その肩を抱く覚悟】  紙城 境介/羽織 イオ 星海社FICTIONS(2021/9/17)


【婚約破棄された令嬢を拾った俺が、イケナイことを教え込む~美味しいものを食べさせておしゃれをさせて、世界一幸せな少女にプロデュース! ~ 2】  ふか田 さめたろう/みわべ さくら PASH! ブックス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER



【異世界迷宮の最深部を目指そう 16】  割内タリサ/鵜飼沙樹 オーバーラップ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER



【『ずっと友達でいてね』と言っていた女友達が友達じゃなくなるまで】  岩柄イズカ/maruma(まるま) GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER



【王様のプロポーズ 極彩の魔女】  橘 公司/ つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER



【僕が答える君の謎解き 2.その肩を抱く覚悟】  紙城 境介/羽織 イオ 星海社FICTIONS

Amazon Kindle BOOK☆WALKER





以下に、読書メーター読録と一言感想


今月のピックアップ・キャラクター


ノスフィー ( 異世界迷宮の最深部を目指そう)
橘ひかり (わたし二番目の彼女でいいから)
アリシア (戦姫アリシア物語)
中田忍 (公務員中田忍の悪徳)
玖珂無色 (王様のプロポーズ)
紅ヶ峰亜衣 (僕が答える君の謎解き)
女神官 (ゴブリンスレイヤー)
エーリヒ (TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す)




9月の読書メーター
読んだ本の数:22
読んだページ数:7452
ナイス数:249

婚約破棄された令嬢を拾った俺が、イケナイことを教え込む~美味しいものを食べさせておしゃれをさせて、世界一幸せな少女にプロデュース! ~ 2 (PASH! ブックス)婚約破棄された令嬢を拾った俺が、イケナイことを教え込む~美味しいものを食べさせておしゃれをさせて、世界一幸せな少女にプロデュース! ~ 2 (PASH! ブックス)感想
★★★★ 街のオニーサン方と同じく、アレンは恋を自覚するのも好きと告白するのも随分グダグダするかと思ってたんだけれど、即断即決で一旦気がつけば即行動というのホントカッコいい。それも考えなしじゃなくて、ちゃんと相談して回ったりとやるべきことはやってますしねえ。さすがこの作家さんは有言実行の主人公は手慣れていらっしゃる。恋する恋人同士がイチャイチャするのは当たり前。その甘酸っぱさを何気にフレッシュに描ける人は多くないので、実に良いラブコメを堪能させてもらっている。
読了日:09月01日 著者:ふか田 さめたろう
異世界迷宮の最深部を目指そう 16 (オーバーラップ文庫)異世界迷宮の最深部を目指そう 16 (オーバーラップ文庫)感想
★★★★ 相変わらず登場人物の殆どが躁か鬱に極振りされてるなあ。ついに本性を見せて裏切ったラグネちゃんまでいきなり鬱モード入るとは思わんかった。逆に自分の成すべき在るべきを見つけたノスフィーは今までが嘘のように最期の輝きを見せる。カナミの妻を標榜して登場したノスフィーだけれど、その本質は父を求める娘以外の何物でもなかったのか。その彼女は本懐を見つけてしまった。光り照らし指し示す。自身が光であったからこそ、なかなか自分自身に気づかなかったというのもあるのかなあ。
読了日:09月01日 著者:割内タリサ
魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 13 (HJ文庫)魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 13 (HJ文庫)感想
★★★★☆ まさに美女と野獣の表紙絵に興奮。実力者ながら普段は温厚篤実で力をひけらかさない性格のキメリエスが本気で戦った時の強い事。それ以上にイイ男過ぎて泣ける。しかしザガンじゃないけれど、一体何人魔王交代したんだろう。ビフロンスは愛情などにかまけず改心せず、最期まで一切ブレずにビフロンスだったなあ、としっかり納得させながら、でもネフテロスを彼なりの在り方に従って助けちゃう、というあたりが、ビフロンスという自分自身ですら理解不能だったろうキャラをブレずに書き切った感があって、凄く満足感を覚えました。
読了日:09月02日 著者:手島史詞
極主夫道 1 (BUNCH COMICS)極主夫道 1 (BUNCH COMICS)
読了日:09月03日 著者:おおのこうすけ
ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する 2 (オーバーラップノベルスf)ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する 2 (オーバーラップノベルスf)感想
★★★☆ リーシェのまだ明かされていなかったジョブが発覚。って、薬師だけじゃなくて錬金術まで嗜んでいたのか。午前は騎士訓練生として、午後は王宮でと二足の草鞋生活は忙しすぎやしないですかね。この娘、これまでの前世も殺されなくても早晩過労死してたんじゃないだろうか。まだ明確にアルノルトへの恋心とか見せていないのだけれど、彼の未来の為に一生懸命なこと、彼と結婚する事を第一義に考えている事を思うと、単に自覚がないだけなんだろうか。
読了日:09月05日 著者:雨川透子
王都の外れの錬金術師 ~ハズレ職業だったので、のんびりお店経営します~ (カドカワBOOKS)王都の外れの錬金術師 ~ハズレ職業だったので、のんびりお店経営します~ (カドカワBOOKS)感想
★★★ 前世で家族に捨てられて寂しく死んでいった記憶があるなら、似たような境遇になったにも関わらず見捨てられるどころか家族により大切に守って貰えて、錬金術師というハズレとされる職業についても、大成出来るように色々と応援して貰えたのだから、嬉しかっただろうしやり甲斐も出るだろう。という訳で、やる気MAXになったデイジーはまだ幼いにも関わらず錬金術師として独り立ちしてアトリエを立ち上げるという夢を持ち、直向きに努力を重ねていくことになる。ただ肝心の錬金術が小学生の理科実験と対して変わらなく見えるのはちょっとね
読了日:09月05日 著者:yocco
贅沢三昧したいのです! 転生したのに貧乏なんて許せないので、魔法で領地改革4 (アース・スターノベル)贅沢三昧したいのです! 転生したのに貧乏なんて許せないので、魔法で領地改革4 (アース・スターノベル)感想
★★★☆ ハスナブル王国、瞬殺である。妄執に爛れきった国王、完全に怨霊みたいになっていて国も荒れ果てて行き着く所まで行ってしまっていただけに、本格的な戦争となってたら泥沼の戦況になっていたのかもしれないけれど。玄武・白虎・青龍とそのマスター達で押し寄せての袋叩きだから、もう有無を言わせずですね。むしろ亀様だけでも十分なくらいなんだよなあ。アンディとお嬢のカップルが鉄板なだけに、むしろ周辺の人達のカップリングがどんどん結ばれてるけれど、アンディとお嬢の恋ももう熟しきって結婚直前みたいになってまあ。
読了日:09月06日 著者:みわかず
田中家、転生する。2 (ドラゴンノベルス)田中家、転生する。2 (ドラゴンノベルス)感想
★★★☆ 枯れ専のイケオジ趣味って、エマは業が深すぎる。流石に恋愛対象ではないけれど、母と父にばかり視線を奪われてあんまり注目して貰えないエド王子超頑張れ。一家丸ごと貴族社会に馴染んでないスチュアート家が王都に来て孤立しないかと心配していたのがバカみたいに、マイペースであるが故に独特のカリスマを発揮してしまう一家が、暢気だけれど変わらなくてちょっと嬉しい。
読了日:09月07日 著者:猪口
悪役令嬢、拾いました! しかも可愛いので、妹として大事にしたいと思います1 (アース・スターノベル)悪役令嬢、拾いました! しかも可愛いので、妹として大事にしたいと思います1 (アース・スターノベル)感想
★★★ 婚約破棄から悪役令嬢が主人公と知り合い、そこから令嬢の名誉回復と王子断罪までを一巻丸々一つの話として綴ったような構成。その辺プロローグでサクッと導入として片付ける作品も珍しくない中で、婚約破棄事件の解決に焦点を当ててじっくりとやる作品は逆に最近珍しいかも。拾う主人公が女性というのも少数派なパターンか。ただ、主人公が令嬢の庇護者に徹していて、それ以外あんまり何もしてないんですよね、強い冒険者という触れ込みでしたが。令嬢の名誉回復も、王子がほぼ自滅しましたし。
読了日:09月08日 著者:玉響なつめ
ウマ娘 シンデレラグレイ 4 (ヤングジャンプコミックス)ウマ娘 シンデレラグレイ 4 (ヤングジャンプコミックス)感想
★★★★☆ アキツテイオーのデザインがストライクすぎる。前巻の締めから、まさかのオグリダービー参戦!? とビビらされたのだけれど、うまいことミスリードされてしまった。そうだよね、そういう正史の曲げ方はしないよね。
でもオグリのお陰でルール改正が行われそうという場面でオペラーのシルエットを出すのはグッとくる。オグリ、勝負服は今回が初だったのか。タマ、宝塚記念のあのアキツをかわした時の擬音、まさに迅雷という感じのぶっ飛んだ速さを感じさせるもので、いやあキたねえ。タマモクロス最強を肌で感じさせてくれる強さだった
読了日:09月11日 著者:久住 太陽,杉浦 理史,伊藤 隼之介
プリンセス・ギャンビット ~スパイと奴隷王女の王国転覆遊戯~ (電撃文庫)プリンセス・ギャンビット ~スパイと奴隷王女の王国転覆遊戯~ (電撃文庫)感想
★★★ 趣向をこらした命がけのゲーム。駆け引きと謀略でゲームを掌中に収めるプレイヤー達。こういう作品だと、ゲーム自体の面白さと駆け引きを行う登場人物の存在感や魅力が重要となってくる。でも、肝心のヒロインである奴隷王女がどうにも曖昧なんですよね。未知の得体の知れなさという霧を纏っているのはイイけれど、何考えてるかわからないしどういう背景があるのかもわからない。ゲームも奴隷王女がこうしたらこうなる、と予告した通りにしか状況が動かず、予想外が何もないし、彼女がそう言ったからそうなった以上の説得力がないのが……。
読了日:09月11日 著者:久我 悠真
わたし、二番目の彼女でいいから。 (電撃文庫)わたし、二番目の彼女でいいから。 (電撃文庫)感想
★★★★★ うわぁぁ、不健全っ不健全だっ! ヤバイヤバイ、なんてエロさだ。直接的なエロは無いにも関わらず、理性が剥がれていく女の子が凄まじくエロい。これ、官能小説と呼んでもイイんじゃないだろうか。そしてエロスどころじゃない、お互い二番目を認知しあい互いに一番目に嫉妬し合い、その嫉妬や独占欲という自身の激情に愉悦を覚えだすあたり、なんちゅう不健全でドロドロの恋愛をしているのかと震えてしまう。さらに一番好きな人とクロスレンジで舐りあうような複雑極まる人間関係まで始まって、最後の橘の台詞はもう痺れ上がった
読了日:09月12日 著者:西 条陽
婚約破棄された令嬢を拾った俺が、イケナイことを教え込む~美味しいものを食べさせておしゃれをさせて、世界一幸せな少女にプロデュース! ~ 3 (PASH! ブックス)婚約破棄された令嬢を拾った俺が、イケナイことを教え込む~美味しいものを食べさせておしゃれをさせて、世界一幸せな少女にプロデュース! ~ 3 (PASH! ブックス)感想
★★★☆ 娘出来るの早いよ!! まあまだ結婚どころか付き合ってエチぃ事も出来ていない状態なので訳あり娘なのですが。その娘リディにイケナイ事を教えて幸せにしよう作戦が尽く失敗したのを見ると、シャーロットがどれだけ不遇で幸せを知らなかったのかが良く分かる。報われない娘に幸せを、人を貶め陥れるモノには相応の痛い目を、という実に良いザマぁでした。アレンとシャーロットに過去に縁があったというのは驚いたけれど、シャーロットの優しさがアレンを救い、回り回って自分を救うことになったのだから、これも因果応報なんだなあ。
読了日:09月12日 著者:ふか田 さめたろう
『ずっと友達でいてね』と言っていた女友達が友達じゃなくなるまで (GA文庫)『ずっと友達でいてね』と言っていた女友達が友達じゃなくなるまで (GA文庫)感想
★★★★ 初々しい事この上ないなあッ! この二人を見ていてお姉ちゃんが悶絶するのも分かりみが深すぎる。ネトゲで知り合った二人だけれど、ただのネット上の友達ではなく友達になった事でそれまでの人生を一変させてくれる大切な出会いだった。それが直接会う事で全てを分かち合う親友になり、そこから恋が芽生えてくる、好きが湧き上がってくる。お互いを大事に思う感情がどんどん色づいていく。その二人が恋に至るまでの過程の描写が丁寧で優しくて想いに溢れていて、これだけタイトルを余す事無く描いてみせられたら、感服しかありません。
読了日:09月14日 著者:岩柄イズカ
戦姫アリシア物語 婚約破棄してきた王太子に渾身の右ストレート叩き込んだ公爵令嬢のはなし2 (アース・スターノベル)戦姫アリシア物語 婚約破棄してきた王太子に渾身の右ストレート叩き込んだ公爵令嬢のはなし2 (アース・スターノベル)感想
★★★★☆ 表紙絵からして遊びまくってるな!帝国に亡命したアリシア、そのまま花嫁かと思いきや、学校に通う事に。まさかの学園編か!? と、思いきや軍大学かよっ! でも高級参謀が集う大学にお目見えしたお陰で直接王国で対峙していた方面軍だけじゃなく、軍中枢もアリシア一色に。帝国軍総アリシアファンクラブ化である。それ、王国の姫よ? まあファンクラブ会長は皇太子なんだが。男も女もお馬鹿と脳筋ばかりの中で物理最強無敵を誇るアリシアが、可愛さでも最強無双ってのは反則ですよね。相変わらずドタバタコメディ、楽しかった。
読了日:09月15日 著者:長門佳祐
黒猫の剣士 ~ブラックなパーティを辞めたらS級冒険者にスカウトされました。今さら「戻ってきて」と言われても「もう遅い」です~ (ダッシュエックス文庫)黒猫の剣士 ~ブラックなパーティを辞めたらS級冒険者にスカウトされました。今さら「戻ってきて」と言われても「もう遅い」です~ (ダッシュエックス文庫)感想
★★★☆ 追放モノの王道だけど、主人公の少年が実に初々しく純真な子なので、報われてくれるのが素直に嬉しい。新しい仲間達も気持ちの良い人達ですし。面白かったのがパーティー戦闘。これ並のファンタジーのスケール感じゃないですよね。四人パーティーなのに数十キロ四方に展開しながら相互支援と連携が届く戦闘シーンの「広さ」は既存のファンタジーの概念から逸脱していてSF的ですらある。これは作者の書いてたSFアクションからの応用か。派手さといいスピード感といい、読み応えあって面白かった。
読了日:09月16日 著者:妹尾 尻尾,石田 あきら
公務員、中田忍の悪徳 (ガガガ文庫 た 9-1)公務員、中田忍の悪徳 (ガガガ文庫 た 9-1)感想
★★★☆ 大怪作としか言いようがない作品だなあ、これは。異世界人との交流というより宇宙人との第三種だか第五種接近遭遇における接触と意思疎通について、みたいな話になってるんだが、むしろこの主人公である中田忍の特異性?異常性?四角四面的性格を究極まで突き詰めたような人物が、世界の異物と遭遇してしまった際の人間社会を独りで背負ったような言動を観覧するような話になっている、のか? 彼にとって正義とは社会秩序の保全であり、そんな彼にとっての悪とは、悪徳とは。冒頭の部下への叱責が何気に裏返って突き刺さるのか。
読了日:09月19日 著者:立川 浦々
王様のプロポーズ 極彩の魔女 (ファンタジア文庫)王様のプロポーズ 極彩の魔女 (ファンタジア文庫)感想
★★★★ うわー、そういう事だったのか! という予想外の真実の連続がクライマックスに一気に襲いかかってきて、実に盛り上げ所がわかってるなあ。シリーズ開幕としては理想的かも。主人公が前作の士道と違ってネジの締める場所を間違えてしまってるみたいな子で、自分が彩禍になってしまった事はさておいて、彩禍さんとお近づき(物理)になれた、わーい!と喜ぶ方に忙しいヤバい奴である。これでも橘作品のガチにヤバい奴らと比べるととても紳士で常識的であるのがヤバいのだが、本作では現状では妹の瑠璃とそのへんツートップなので目立つ! 
読了日:09月19日 著者:橘 公司
僕が答える君の謎解き 2 その肩を抱く覚悟 (星海社FICTIONS)僕が答える君の謎解き 2 その肩を抱く覚悟 (星海社FICTIONS)感想
★★★★ そうかっ、凛音の能力なら材料さえ揃えば事件が発生する前でも犯人を推理できるのか。これに関しては事が起こってから逆算して凛音の推理を推理しなくてはならない透矢では事前に何が起こるのかわからんよなあ。今回は表紙の紅ヶ峰が華。一巻であんな悪戯をやった子とは思えないくらいイイ子じゃないですか。それどころか、後半での彼女の決断は気高さすら感じさせるものがあり、和花暮の見立てとは全然違うんだよなあ。凛音以外全員嘘つき、というセンセーショナルな文句が偽りなしに事件を彩っていく、見所タップリの2巻でした。
読了日:09月22日 著者:紙城 境介
ゴブリンスレイヤー15 (GA文庫)ゴブリンスレイヤー15 (GA文庫)感想
★★★☆ 前々からゴブスレさんの影響が顕著と言われる事の増えていた女神官だけれど、今回は特にその傾向が出ていた感じがする。むしろゴブスレさんより先んじて、ゴブスレさんが主張しそうな作戦…身も蓋もないやつ…を提案するあたり、仲間達も苦笑が絶えまいて。ゴブを殺すために冒険するのではなく、冒険の結果としてゴブを殺す機会が増えてきたゴブスレさん。悩みもすれど、それは立派な冒険者としての在り方だ。そして、冒険を終えた彼には帰る家がある、待っている人がいる。土産を喜び冒険譚を聞いてくれる人がいる。良いことだ。
読了日:09月22日 著者:蝸牛くも
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました4 (GAノベル)スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました4 (GAノベル)感想
★★★☆ 世界樹観光地化はあるあるだよなあ。面白かったのはやはり売れないデスメタ系吟遊詩人ククの成功までの道のり。成功と言っても一発逆転の栄光を掴むサクセスストーリーというよりも、長年売れずに細々とやってきたシンガーが夢を諦めるか路線変更してもしがみつくか、何れにしても今までと同じではやっていけないという自分を曲げる決断に悩む姿が印象的で、だからこそ路線変更して成功した後のフラットルテのデスメタ系だった過去を踏まえての声援というか贈る言葉、贈る歌が響くというより染み入る話でした。
読了日:09月24日 著者:森田季節
TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 4 下 ~ヘンダーソン氏の福音を (オーバーラップ文庫)TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す 4 下 ~ヘンダーソン氏の福音を (オーバーラップ文庫)感想
★★★★☆ エーリヒって、相手がどんな格上だろうと次元が違う相手だろうと、一旦断固として殺ると決めたら絶対に殺るだろうという凄味があるよね。ステータス的な強さでもチート的な強さでもなく、レベルに縛られない手段の豊富さ、発想のエグさ、一度決めた目的を達成する為ならどんな細い可能性でもちゃぶ台ひっくり返してでも手繰り寄せるえげつなさ。これぞまさにデータマンチを体現したような、データさえ存在するなら神さえ殺して興じて見せる人種、TRPGプレイヤーだというのを嫌というほど分からせてくれる今回の激アツなボス戦でした
読了日:09月26日 著者:Schuld

読書メーター