うわーー、タイトルホルダー幻惑の逃げ炸裂ぅ!!! これは鞍上・横山武史会心の競馬だ!!

98年のセイウンスカイ以来の逃げての菊花賞勝利。それも、勝ち方がそっくりなんですよね。
前半1000メートルをこの距離ではやや早めくらいの丁度60秒0でまとめて、次の1000メートルを65秒4と大胆に落として息を入れて、最後の1000メートルで59秒2に再加速。
これはセイウンスカイが刻んだラップ59秒6ー64秒3ー59秒3とそっくり。これだけ絶妙にペースを掌握されたら、他の馬は追いつけませんて。
しかも、当時のセイウンスカイの鞍上は横山武史の父・横山典弘。まさに父の軌跡をたどってみせた、最高の騎乗でありました。見事! お見事!!

さても今回の菊花賞、皐月賞馬のエフフォーリア。ダービー馬のシャフリアールが距離が合わないことなどを理由にレースを回避。クラシックの2冠を担った馬が出走しないという主役不在の菊花賞となってしまっていました。
そんな中で一番人気を背負ったのは、前哨戦の神戸新聞杯。雨で最悪の馬場となっていた泥田の中を凄まじい馬力で突き抜けたステラヴェローチェ。
ではなく、神戸新聞杯2着のレッドジェネシス、だったんですね。

朝日杯FSを2着。皐月賞・ダービーで3着に入り、クラシック戦線で常に勝ち負けを続けていたステラは、神戸新聞杯でダービー馬シャフリアールを下したことで、見事にクラシック最後の一冠への挑戦権その一番手に駆け上がりました。
神戸新聞杯は荒れ馬場というのもありましたけれど、それ以上にステラは強い勝ち方をしていて、プラス18キロという馬体重増も相まって夏を超えての馬体の充実っぷりを見せてくれていました。
が、やはりあの激走が地味にダメージだったのか、追切調教でも吉田隼人騎手曰く全然動いてなかったというほどですから、調子かなり良くなかったのでしょう。
結局、レッドジェネシスやモンテディオといった神戸新聞杯出走馬が軒並み下位に沈んでいることからも、あのレースのしんどさは相当に残っていた模様。
これでラストの直線に見せ場を作って4着に入ったことは、むしろステラの強さを見せてくれたのではないでしょうか。これ以降のレースでの活躍に期待したいです。

1番人気にあがったレッドジェネシスは、京都新聞杯の勝ち馬。ダービーでは敢え無く11着に沈んだものの、神戸新聞杯ではステラヴェローチェの2着に入り、主役不在の菊花賞の中で一躍有力馬の一頭になりました。とはいえ、一番人気にまでなるとは思わなかったけれど。
新馬の頃から将来を期待されてずっと1番人気だったものの、勝ち上がるのに4戦かかるなど結構負けるときは大負けして、安定感に欠けるところがあるんですよね。
調教はしっかり負荷をかけてかなり仕上げてきていたのも人気を得た理由なのでしょうけれど、それでも他にこれといった馬が居ないから、という理由で押し上げられた人気のようにも感じました。
案の定、前走の疲れが残っていたようで後方待機策をとったものの、見せ場もなく後ろで追走したまま終わってしまいました。流石に一番人気としては不甲斐ないレースでしたね。

3番人気はオーソクレース。母は切れ味抜群の末脚で観客を魅了したマリアライト。3歳の頃は条件戦で燻っていて牝馬クラシックとは縁がなかったものの、4歳になってから突然覚醒。エリザベス女王杯を制して以降、ヌーヴォレコルト、ゴールドアクター、ルージュバック、サウンズオブアースといった一線級と渡り合った名牝でした。
特に宝塚記念を制した時は、ドゥラメンテ・キタサンブラック、ラブリーデイという歴史に残る超一流馬をまとめて競り落としての勝利で、自分も魅了されたものでした。未だにマリアライトのファンですもの。
そのマリアライトの第一子であるオーソクレースは暮れのホープフルステークスで2着に入り、将来を嘱望されたものの直後に骨折が発覚。春を全休する残念なことになってしまったのでした。
そして復帰のセントライト記念ではアサマノイタズラの3着に入り、復活をアピール。
レースではステラとの叩き合いを制し、先行するディヴァインラヴを競り落としての2着。ただ、タイトルホルダーは遠すぎた。
でもこれまで堅実にG1レースでも複勝圏内に入り続けているので、そう遠からず重賞ホルダーになれるでしょうし、G1タイトルも狙えるはず。

そして4番人気が勝ったタイトルホルダー。
適性距離は中距離あたりで、菊花賞はちょっと長すぎる、と言われていて、鞍上の横山武もレース後のコメントでそう語っていたくらいですからね。
ただ、彼の半姉はあのJRA最少体重勝利記録馬。今や400キロ台後半が普通の競走馬の中で、一頭300キロ台前半で駆け回る小さなお姉さんことメロディーレーン。サラブレッドの中で一頭だけポニーが混ざってるんじゃないか、と思ってしまうくらい小さい彼女ですけれど、これで何気にバリバリのステイヤーなんですよね。何気に彼女、牝馬ながらに同じ菊花賞に参戦していたり。それで5着入賞しているのだから、偉い! 
父は最近9歳で早世してしまったドゥラメンテ。
2冠を獲りながら最後の1冠、父が出走できなかった菊花賞を、父が宝塚記念で後塵を拝したマリアライトの子を二着に引き連れて勝ち取る、というドラマを見せてくれたタイトルホルダー。
弥生賞を軽快に逃げて、朝日杯FS勝ち馬のダノンザキッドと、のちのNHKマイルの勝ち馬シュネルマイスターを振り切り、皐月賞ではエフフォーリアの2着に食い込んだその実力はフロックではなかったわけだ。
5馬身差をつけての菊花賞勝利は文句なしの強さの証明。グレード制導入以降、菊花賞5馬身差勝利を成したのがスーパークリーナースーパークリーク、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、エピファネイアの4頭だけ。
そして、その5例目に名乗りを上げたわけだ。このラインナップを見たら、その将来を期待してしまっても仕方ないでしょう。
極めて強烈な個性を証明した逃げ馬が、また新たに誕生してしまいました。
バックストレッチから3,4コーナーにかけてペースを落とし後続をひきつけたところで、直線に入って再加速。ぐんぐん後ろを突き放して、もはや誰もついてこれない一人旅。
これほどの完勝・圧勝の逃げ勝ちは重賞以上で見たの久々。見ていても、すごく面白いレースでした。やーーー凄かった!! 馬にも騎手にもドラマがあり、レース自体も劇的という実に見ごたえのあるクラシック最後の1冠でありました。面白かったー!!

あ、あと3着に入ったディヴァインラヴは完全に予想外。牝馬ながら菊花賞に参戦、これは近年ではメロディーレーン、ポルカマズルカ、ダンスパートナーと3頭だけしかいません。メロディーレーンとダンスパートナーは5着に入っているので、全くの無謀とは言えなかったのですが。
ディバインラブはまだ重賞を勝つどころか走ったことすらない条件戦上がりの馬なんですよね。これで6番人気というのは、2600の長距離の勝利経験があったとはいえ、みんな見る目あるよなあ。
鞍上の福永ジョッキーが激推して追加登録料払って出走したそうですが、実際に3着入っているのを見ると福永騎手、よっぽど感じるものがあったんだな、これ。
ステイヤーの牝馬ってちょっとめずらしいですし、これからどういうレースに挑んでいくかわからないのですけれど、わからない未知数高いからこそ、この馬も先々楽しみだなあ。