無敗の三冠馬コントレイル(牡4)
スプリント・マイルの絶対女王グランアレグリア(牝5)
最強三歳世代の皐月賞馬エフフォーリア(牡3)

東京競馬場芝2000メートルを走ることになる天皇賞(秋)には、まさに三強と呼ぶに相応しい三頭の名馬達が揃いました。

八頭存在する牡馬クラシック三冠馬ですが、その中でも無敗で三冠を獲ったのはシンボリルドルフとディープインパクト、そしてこのコントレイルが彼らに並ぶ三頭目、という事からもどれだけコントレイルの将来が嘱望されたかは言うまでもないでしょう。
彼の無敗伝説に土を付けたのは、そのレースを最後に現役を引退したJRA史上最多の芝G1を勝ったアーモンドアイ。この時点では負けた相手がJRAの歴史を振り返っても最強馬論争の筆頭に挙げられてもおかしくない名牝が相手だっただけに、負けて強しとなっていたのですが。
今年に入って走ったレースが春の大阪杯のみ。豪雨により馬場状態が最悪の泥田んぼ状態であったこともあり、3着に沈んだのはまあ仕方ないにしても、そのレースでのダメージが長引き、それからレースに出走することなくついに秋にまで来てしまったため、彼の三冠馬としての格に疑問符がつけられはじめる事が多くなってしまいました。
コントレイストと覇を競った同じクラシック世代が、古馬になってからまともに勝てていない、というのも大きいのでしょう。レイパパレが大阪杯を勝っていますが、特殊な馬場だったそのレース以降はやや期待はずれの結果に終わっていますし。あとはディープボンドくらいじゃなかろうか。
レシステンシアとウインマリリンが孤軍奮闘していますが、両方牝馬ですしね。
ここでコントレイル、強いレースを見せてくれないとちょっとその名望に影を落とす事になってしまいかねない。

大阪杯に続いて、再び中距離2000メートルへ挑戦してきたグランアレグリア。大阪杯はあまりにもあんまりな馬場だっただけに、あれは度外視でいいでしょう。
実際問題、グランアレグリアには短い距離しかダメ、という印象は全然ないんですよね。その電光の快速は1600のマイルを越えても鈍る気がしない。長年、中距離戦線を得意とした馬たちを特に好んで応援し続けてきた身としては、グランアレグリアにはマイラーというよりも、ヤマニンゼファー、ネーハイシーザーやラブリーディ、アーネストリー、モーリス、ヤエノムテキらと同じ匂いを感じてるんですよね。つまり、自分好みのクリティカルなタイプ。
ここを勝てば、今まで日本競馬史上誰も成し得なかったスプリント、マイル、中距離のG1三階級制覇となります。グランアレグリアには、競馬史に唯一無二の名を刻んでほしい。

この2強に割って入るのが、今年のクラシック戦線で皐月賞を横綱勝ちし、ダービーではシャフリヤールの2着に切り込んだエフフォーリア。文句なしに現三歳世代の筆頭格に連なる一頭です。
5戦して4勝、2着1回という戦歴は文句のつけようがありませんが、それでも例年この時期に天皇賞秋に三歳馬が参戦しても、なかなか経験の差もあって太刀打ちすることは難しく、ここ十年ではフェノーメノが2着、イスラボニータが3着に入っているくらい。
さらに遡っても3歳で勝ったのはバブルガムフェローとシンボリクリスエスの二頭だけ。それだけ3歳馬にはハードルが高くなっているのが天皇賞秋でした。
が、今年に関しては3歳という若さは考えなくてもいいかもしれません。
何しろ、今年の三歳馬たちときたら、古馬との混合戦でもまったく引けを取らずに勝ちまくってるんですね。上の世代の4歳馬が苦戦する中、ピクシーナイトがスプリンターズステークスを、ソダシが札幌記念を勝ったのに代表されるように、NHKマイル馬シュネルマイスターは、古馬マイル王のダノンキングリーに毎日王冠で完勝。ほかもアイビスサマーダッシュ、北九州記念、キーンランドカップ
、富士ステークス、と重賞戦線で勝ちまくっているのである。また重賞のみならずリステッド競争やOPなんかでも3歳馬の活躍が目立つんですよね。
今年の三歳馬は最強世代、ここを勝つことでエフフォーリアはそれを証明することが叶うでしょう。

そしてこの3強を追いかけるのが、現役最強のシルバーホルダー・カレンブーケドール。今まで16戦してわずか2勝馬ながら、オークス、秋華賞、ジャパンカップで2着。牝馬が苦手とする長距離の天皇賞・春で3着。他にも重賞2着多数で今まで掲示板を逃した事なし。誰が相手だろうと常に好走する彼女の主な勝ち鞍は「スイートピーステークス」。
そろそろ、彼女に重賞、ひいてはG1の勝ち星を、と願うファンには事欠かないでしょう。

その他にも今年の天皇賞春を勝ち、同年天皇賞春秋制覇がかかるワールドプレミア。
7歳にしてなお連に絡み続けるマイルチャンピオンシップ勝利馬にして古豪・ペルシアンナイト。
先週菊の冠を戴いた弟に続けと気合の入る横山和を鞍上に、夏の勢いをそのままにG1勝利を目指すトーセンスーリヤ。
年明けに金杯、中山記念と連勝して一気にG1戦線に参戦、としたかった所体調を崩して春夏を休養で過ごし、ようやくこの秋戻ってきたヒシイグアス。
とまあ、メンツは揃ってはいるのですけれど、どうもワールドプレミア以下、急仕上げでようやく間に合った感が強くて調教師もあんまり強気じゃないんですよね。まだまだ万全には程遠いという感触がありありと。
これはほぼ、3強プラス・カレンブーケドールの勝負になるんじゃないだろうか。
先週の菊花賞に匹敵するような歴史に残る名レース、期待したいところです。