【ヘルモード ~やり込み好きのゲーマーは廃設定の異世界で無双する~ 4】 ハム男/藻 アース・スターノベル

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ローゼンヘイム戦争編、突入!

エルフの女王が治める国、ローゼンヘイムは、魔王軍の進行を受けて滅亡寸前となっていた。
アレン達は、王国の要請と学友であるローゼンヘイムの王女、ソフィアローネの願いにより、国を救うために戦うことを選ぶ。
首都が陥落し、負傷者で溢れるローゼンヘイムへと到着したアレン達。300万もの魔王軍の軍勢が相手では、明日にでも滅亡するだろうと語る女王に対し、アレン達は街の周囲を囲む魔物を一掃することで、希望を与えるのだった。

これまでの召喚獣と成長した仲間の力を総動員して、魔王軍との戦況を次々とひっくり返していくアレン。しかし、魔王軍にいるのはただの魔物だけではない。魔族達が占拠した拠点を取り戻すため、エルフの協力も得ながら策を講じていく。

さらに、ローゼンヘイムを攻める魔王軍の将は、かの勇者ヘルミオスすら敗北したことのあるという「魔神」だということが発覚する。
これまでの敵とはレベルの違う相手に対し、アレンに勝算はあるのか……!?

300万の軍勢VS召喚獣軍団
勝つのはどっちだ!?
前回、これ大丈夫なの!? と驚かされた仲間たちのレベルキャップ。みんなレベル60になったところでそれ以上あがらなくなっちゃったんですよね。そこが頂点、システム上の上限にまで至ってしまったわけです。僅か1年のダンジョンアタックでみんなまだ10代なのにですよ? それ以上成長できなくなってしまった、って絶望じゃないですか?
そんな人類の上限値に達したにも関わらず、魔王軍にはさっぱり敵わないレベル差が横たわっていたわけで。いやさすがにこれで打ち止めはないだろう、と思ったらちゃんと主人公のアレンがねじ込んでくれました。
亜神精霊王を通じて、ローゼンヘルムを救う報酬としてシステムへの干渉を申し込んだんですね。ってか、他の人達に断り無くいきなりみんなをヘルモードにしてください!はないんじゃないかな!?
 相談! そういうのは相談してから! 人の人生勝手に決定しちゃだめ! いやもうノーマルモードの上限値に達しているんだから、望む以外にないにせよ。
幸か不幸か、モード変更ほどのシステム弄りは神様をして不可能なのか、システム自体機能に支障をきたしてしまうのか、却下サれてしまったのですが、代わりに転職システムが導入されることに。現状、パーティーの仲間たちの職業は☆でいうと1つだけの人が多いんですね。クレナだけは剣聖で☆多いわけですけれど。その職業をレベル1に戻るかわりに上位職に転職させてくれる、という報酬だったわけです。
思いっきりRPGの転職システムだわなあ。ドラクエ3は偉大です。
一年でレベルキャップまで辿り着いたこれまでの育成を鑑みるなら、今後のレベルアップはさほど行き詰まりはないでしょうし。まあやる方は地獄でしょうが。
それでも、成長限界が事実上取っ払われたのは幸いになるのでしょう。このままだとどう考えても魔王軍に勝てないもんなあ。

ともあれ、今回はエルフの国ローゼンヘルムを舞台に、押し寄せてくる魔王軍数百万を相手に決死の防衛戦。ってか、敵の数が完全にインフレしているのですが。50万とか100万とか、実際に一所に集める数じゃないんですよね。本来なら雲霞のごとく、魔獣の海、というような表現で視界全部を埋め尽くすような敵の軍勢が津波のように押し寄せてくるなんて光景はド迫力になると思うのですけれど、なんか大雑把に数字だけで100万とか300万とかで出てくるので、なんか全然実感湧きませんでした。そんでもって、それ全部倒しちゃうわけですしねえ。
まあ攻められていたローゼンヘルムの人達にとっては、亡国寸前だった戦況を一気にひっくり返されてしまったのですから、そりゃアレンの言うこと一から十まで聞きますわ。途中から、アレンの言うとおりに軍の首脳部も女王たちも従うどころか率先して意見を求め、作戦を出してもらうようになっていましたが、まあ仕方ないよね。
最強の精霊使いの人は、なんか反発に近いリアクションあるのかなあ、と思ったら最初から最後まで特に意見もしなく終わってしまった。いや、あの人なんだったんだろう。名前だけ出てるくらいで特に存在感もなかったのだけれど。
まあ全体的にキャラに関しては弱いんですよね。剣聖であるクレナからしてあんまりパッとしないですし。今回はドゴラがクライマックスでエクストラスキルに目覚めるように彼にスポットがあたっていたと思うのですが、ドゴラという子がどういう子なのか、なんか書いてある部分で全部って感じで想像の広がる余地がないんですよねえ。これは他の人達にも共通するところ。
勇者ヘルミオスくらいじゃないだろうか、バックグラウンドとか過去とか内面などに色々と掘り下げる余地がありそうなのって。
敵である魔神レーゼルについても、巻末の書き下ろしで過去エピソードが描かれてましたけれど、これで掘り下げたか、と言われるとちょっと首を傾げてしまいました。

しかし、あの転職システムってアレンの仲間限定なんですよね。アレンの交渉によって成立したわけですし。これ、せめて人類全体に広げないと、犠牲者全然減らないぞ、と思うんだけれどシステム上では無理なんだろうかねえ。