もう発売前じゃない作品もありますけれど、遅ればせながら師走の前半に発売の作品からピックアップです。
しかしここにはあげてませんけれど、新刊のラインナップ見ているとラブコメはラブコメでも背徳系とでも言えるタイプの作品が徐々に散見されだしたなあ。


【時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん 3】 燦々SUN(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W
アーリャさんとお家デート!?ロシアンJKとの青春ラブコメ、第3弾!

討論会で勝利したことで一躍、クラスメート達からの称賛を浴びるアーリャ&政近ペア。
沙也加の思いを背負い、二人は会長選に向け決意を新たにする!
まずは目の前の期末試験に向け勉強に励む政近であったが、消し去れぬ周防家との因縁が思わぬ形で現れ、政近は体調を崩してしまって――
「有希さんに頼まれたの。あなたを看病してあげて欲しいって」「……」【嘘だけど】(うぐふっ!)
心配でいてもたってもいられなくなったアーリャさんが政近の自宅に押しかけてきて!?
不器用で献身的な"孤高のお姫様"の介抱はニヤニヤ必至!
大人気ロシアンJKとの青春ラブコメディ第3弾。
【このライトノベルがすごい!】のランキングで9位にあがった今ノリのノッてるラブコメ作品の一作。だいたいシリーズ続き出したラブコメって1,2巻でキャラが出揃い舞台背景も明らかになってきて三巻くらいから大きく動き出す、つまりさらにブーストが掛かる、物語としてもよりドライブがかかってくるのがこのくらいからなんですよね。今後を占うためにも注目の第3巻であります。


【軍人少女、皇立魔法学園に潜入することになりました。 2 〜乙女ゲーム? そんなの聞いてませんけど?〜】 冬瀬(一迅社ノベルス)

Amazon Kindle B☆W
エリート軍人ラゼがセントリオール皇立魔法学園に潜入してから4ヵ月。全生徒の能力を披露するトーナメント戦『バトルフェスタ』の開催が近づく中、乙女ゲームのメインキャラである1年生は害獣を観察する特別授業を受けていた。
この友人カーナの破滅イベントを回避するために、ラゼは暴走する彼女のフォローや、暴れ出す予定の害獣を密かに無力化してきた。対策は完璧だった! でも、より危険な魔物が現れて、攻略対象のアディス目掛けて襲いかかる!
しかも、シナリオの強制力に苦戦するラゼのもとに、帝国から刺客が送られて――!?

前世知識と軍人としての技能をフル活用しても、このミッションは難しすぎませんか?
軍人ラゼの異世界転生ラブコメティ第二弾♪
一巻が思いの外面白くて続きを楽しみにしていたら、思っていたよりも早く出てくれました。エリート軍人、それも諜報関係にも強いおかげで周りに違和感を抱かせずに見事に生徒として潜入したラゼ。でも、周囲の大人たちはまだ子供の彼女を年相応の学生として普通の生活を送らせてあげたい、という好意から任務という体裁を整えて送り込んだんですよね。でも真面目なラゼは気を抜かずに任務を忘れず、大人たちの期待通りにただの女の子として友達を作り、学生生活を楽しみだす。軍人の少女が普通の生活に戸惑う、なんてギャップがないのがむしろラゼの優秀さを感じさせてくれるのですが、そんな彼女が素直に楽しそうに過ごしているのを見るのが微笑ましく、一方でいざという時特務隊の隊長という肩書に偽り無い頼もしさを見せてくれる痛快さが合わさった、良作の続編。期待しております。


【虚ろなるレガリア 2.龍と蒼く深い海の間で】 三雲岳斗(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W
亡命政府の艦が帰還する。龍の巫女の祈りと謀略を乗せて――

武器商人ギャルリー・ベリトと龍を殺す契約を結んだヤヒロは、民間軍事会社ギルドが統治する街、横浜要塞を訪れる。そこでヤヒロを待ち受けていたのは“沼の龍の巫女”姫川丹奈と、三人目の“不死者”湊久樹だった。
そのころ彩葉の元には、欧州の大企業ギベアー社から企業コラボのオファーが届いていた。初めての企業案件に舞い上がる彩葉。だがギベアー社は日本人生存者による亡命政府“日本独立評議会”の支援者であり、彼らの目的は彩葉を日本再独立の象徴として担ぎ上げることだった。そして日本独立評議会の背後には、新たな龍の巫女と不死者の影が――!
廃墟の街で出会った少年と少女が紡ぐ、新たなる龍と龍殺しの物語、待望の第二巻!
日本人が絶滅し、滅びた日本の地で各国の暗闘と龍、そして不死者たちの戦いが繰り広げられる、という衝撃的な展開ではじまった【ストライク・ザ・ブラッド】の三雲岳斗先生の新シリーズ、その第二弾。
わりと日本人生き残ってるじゃない、と言いたくなるけれど、残ってるといってもこれ多分国として成り立つ人数じゃないんだろうなあ。せめて街一つ分くらいと言いたいけれど、村レベルだったらキツいなあ。


【ルーン帝国中興記〜平民の商人が皇帝になり、皇帝は将軍に、将軍は商人に入れ替わりて天下を回す〜】 あわむら赤光(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W
それは、奇跡の一夜の物語。
商人、皇帝、将軍が一つの酒席で議論を交え、互いの立場を批難し、最後に声を揃えてこう言った。
――だったら、おまえが代わってみろ!
売り言葉に買い言葉で、立場を入れ替える三人。
帝室に伝わる秘伝の魔法を使い、その夢物語を現実のものとしたのだ。
そしてその夜をきっかけに、滅びかけの帝国で終わらない復活劇が始まった!
「じゃあ俺、今日から皇帝やりまーす! 」
商人セイは皇帝となり民が富む善政を敷き。
皇帝ユーリは帝室魔術を戦場に持ち込み。
将軍グレンはその剣で市井の平和を守る。
そう。彼らは今、ここでこそ輝けるのだ!
己の真価を発揮させ、適材適所に響き合う三英雄共鳴のシャッフル戦記、開幕!!
身分が違う二人が入れ替わって、という話は度々見るけれど、まさかの三人シャッフル、しかも戦記物である。先日、【我が驍勇にふるえよ天地】という魔法抜きの戦記シリーズを無事完結させたあわむら先生が新たに挑むファンタジー戦記。発想からして面白そう、でも将軍様って商人になると言いながらあらすじでは剣ぶん回す気満々に見えるんだけれどw ちゃんと商人として勝負するんだろうな、この将軍様w