去年も同じような記事を書いたのですけれど、今年はちょいと早めに、まずその当時の新人さんから取り上げたいと思います。
新人と言っても、今から10年前ですから今も作家を続けていらしたらもうベテランでしょうね、10年現役なら。
今から10年前の2011年に各ライトノベルのレーベルからデビューした方々は、現在と違ってほぼほぼ新人賞の受賞者とそこからの拾い上げ、によって構成されていました。
現在の小説家になろうやカクヨムの連載からのデビュー、というのは皆無……ではなかったんですよね。
実は、2011年にあの【魔法科高校の劣等生】が第一巻を発売しております。【ソードアート・オンライン】がこの2年前ですから、ようやくちらほらと界隈でも名だたる大作がようやくチラホラとデビューしだしたという時期だったんでしょうね。本格的にウェブ小説からのデビュールートが増えてくるにはまだ数年を待たなくてはならなかったはずです。



さて、こちらが当時の2011年の暮れに纏めた新人作品のラインナップとなっています。
だいたい初年度かその翌年には姿を見なくなってしまうのですが、その最初の山を超えると結構長きに渡って作品を出し続ける方も多くなってくるんですね。
しかしやはり10年というのは長いようで、今もなお現役でバリバリと作品を書き続けている人となるともう数えるほどになってしまいますねえ。
【はたらく魔王さま!】の和ヶ原聡司さん。
望公太さんも、様々なレーベルで書きまくっている上に脚本なんかも手掛けてるのかしら。今脂が乗ってる作家さんですよねえ。
他にもHJ文庫で超長編シリーズ書き続けている鷹山誠一さん。
【裏世界ピクニック】でブレイク中の宮澤伊織さん。
最近【幼なじみが絶対に負けないラブコメ】が大ヒットした二丸 修一さん。
新作【魔女と猟犬】も相変わらずのキレキレっぷりでエッジのきいた作品を出し続けているカミツキレイニーさん。
上総朋大さんも今年、新作久々に出してたなあ。
コンスタントに作品を出し続けて、講談社ラノベ文庫の主力を担い続けている澄守彩さん。
アニメ化もされた【魔法少女育成計画】の遠藤浅蜊さんもこの年のデビューでした。
八針来夏さんは書籍化はされないのですけれど、偶に新作をウェブで発表してるのでいつかまた本で読みたいです、絶対買うので。
他にもまだポツポツと新作出してる方もいらっしゃるんですかね。10年経って今なお現役で頑張ってくれている方がこれだけ居る、というのは果たして多いのか少ないのか。でも今まさにブレイクして絶頂期という人もいるのが凄い。
なかなか生き残るのが難しい業界ですし、昨今はさらに毎年ちょっと追いかけるのが不可能な数の人がデビューして飽和状態のライトノベル界隈ですけれど、さらにもう10年後でも新作を出し続けてくれていたら、嬉しいんですけどね。