恒例の読んで面白かったウェブ小説を紹介していこう、という企画です。
夏に上半期。この年末に下半期の分をまとめていますが、今期は随分と紹介したい作品の数がたくさんになったので、数回に分けてお送りしたいと思います。

これが上半期の記事です。




<ハーメルン>から

TS悪役令嬢神様転生善人追放配信RTA (佐遊樹)



悪役令嬢にTS神様転生して実は善人だけど追放されるRTAの様子を配信しようとした。
気づいたら金!血筋!権力!女!女!イケメンヤンデレ!暴力!暴力!暴力!って感じの異世界ライフを送る羽目になっていた。
そういう感じのお話。
今年一番ドハマりしたちょっと盛りすぎなくらいのTS悪役令嬢モノである。
「小説家になろう」でも連載されているのですけれど、主人公の彼女マリアンヌ・ピースラウンドのRTAを観覧している神様たちのチャットや魔術の詠唱シーンの演出なんかがハーメルンの仕様の方がかなり映えるので、こっちの方がオススメですね。
とにかくもう滅茶苦茶おもしれーー!! 基本的に全体的に頭おかしいのですが、特におかしいのはやっぱり主人公にして最強を自称するマリアンヌ。頭マリアンヌ、という単語が作中で誕生して常態化してしまうほどには、頭おかしくその上アホで煽り耐性ゼロなのだが、この人脳筋じゃなくむしろ頭滅茶苦茶イイ天才系なんですよね。だがしかしアホだ。天才でアホって始末に負えない上に暴力!暴力!暴力!というパワー系悪役令嬢である。もう見てるだけで面白いってこの娘の事を言うんですね。
バトルものとしても、インフレ上等! な痛快なアクション満載の上に、初っ端から本来の原作ゲームの展開を軽くぶっ飛ばして神様たちも知らないルートを爆走していくので、チャットで発狂する神様たちの阿鼻叫喚がまた愉快。
章を重ねるごとに加速度的にアッパーになっていく作品ですが、特に個人的には夏休みRTAがマリアンヌのハチャメチャっぷりに世界そのものが引きずり回されていくようなすさまじい勢いが楽しすぎて、一番好きだなあ。
今一番楽しく読んでる作品です。



<小説家になろう>から

オルクセン王国史 〜野蛮なオークの国は、如何にして平和なエルフの国を焼き払うに至ったか〜 (樽見京一郎)
「平和なエルフの国に、オークたちが攻め込んできた」
よく目にする、そんなフレーズ。
では、彼らは一体なぜエルフの国に攻め込むのか。
国を亡ぼすほどの大軍勢を、どうやってその場に送り込んだというのか。
そんな疑問に挑む、ひとつの近代軍事ファンタジー。連載です。

ほんのつい先日に完結した、ガチに、ガチに兵站とは何たるかというテーマに挑んだと目されるファンタジー世界を舞台にしつつ、時代背景は第一次世界大戦より僅かに前くらいで、近代国家同士の戦争を描いた仮想戦記でありました。
いや、圧巻ですよ。近代の戦争を扱った戦争ものの中でもこれほど重厚でダイナミックな内容を、これほどのエンタメ性を備えながら描ききるとは。思わず夢中になって読んでしまいました。
分量内容質ともに圧倒的すぎるので、読み始めると容易に時間消し飛ぶと思うのでご注意を。
タイトル通り、オーク種族を中心とした近代化をいち早く達成した国家が、エルフが収める国を故あって攻めることになったのですが、これ完全にタイトル詐欺ですよね。野蛮どころか、その時代もっとも先進的で文明的な国家に発展した、グスタフ王というオークキングによって本物の近代国家へと生まれ変わった幾つかの魔物種族によって構成される連合国家が、凄まじい民族浄化をはじめとする人権問題を起こしたエルフ国家に、国際的な承認を経て宣戦布告する。むしろ悪者はエルフの側になるのですが、当然のように国際政治に勧善懲悪など存在せず、それぞれの理由をもって戦争は起こってしまうわけです。もっとも、エルフの側は大いにやらかしまくっていて、その失点をオーク側は見事に自分たちの得点へと変えていくのですが。
加えて、なかなか扱いづらい、そもそも兵站とはなんぞや、とその言葉の意味する所すら定義しきれない「兵站」という難しいテーマに真正面から挑んでいるんですよね。オルクセンという国家そのものが、オークという普通の人間や他の魔物よりも圧倒的にエネルギーの消費量が激しく、頻繁に補給を必要とするが故に、近代国家として生まれ変わる際にとにかく餓えない事を最重要視最優先して最大限のリソースを放り込むシステムを根幹として構築したために、往時のアメリカ合衆国に匹敵するんじゃないだろうか、という未曾有の兵站システムを基盤にした国家になっているんですね。
そのオルクセンをして、いざ戦争がはじまってみると過剰なほどに積み上げた見積もりがドンドンと破綻していって、これ以上ないほどの高度さと冗長性、柔軟性を確保して作られたはずの兵站システムが、ボロボロになっていくさまは人類の叡智の限界を見せられるようで、戦争という行為の途方もなさを別方面から見せつけられるようでした。
でも、最優秀のオルクセンだからその程度で収まっていて、この当時の近代化にまだ片足突っ込んでいるだけの旧来の国家、エルフの国の方ではもう話にならないくらい酷いことになっていて、改めて戦争とは、とまたまた別の方面からそのえげつなさが見せつけられていくんですよね。
いや、なんにせよ戦争小説として文句なしの一級品であり、グスタフ王をはじめとするキャラクターも大変魅力的に活発に動いていて、その意味でも見せてくれる傑作でありました。
正直、戦争が終結したあとの、占領政策の方をこれほど緻密に見たのははじめてかもしれない。
見事にキレイに完結させてくれたのも、素晴らしかったです。時間のとれる年末年始にぜひ一気に読んで見てほしい作品でした。