エフフォーリアつよおおい!! 横綱相撲だこれ。
今年終わってみれば、皐月賞を獲り、ダービー2着。この秋は天皇賞・秋で次のジャパンカップを勝つ三冠馬コントレイルを撃破。そしてこの有馬記念で現役最強のグランプリホース・クロノジェネシスを撃破。一つ上の世代のコントレイルに続く二番手であるだろうディープボンド。菊花賞馬タイトルホルダーを下し、名実ともに現役最強を継承してみせたわけだ。

昨今、天皇賞・秋と有馬記念を同じ年に勝ったのってキタサンブラック以来になるんじゃないだろうか。しかも3歳馬が、となると……シンボリクリスエス以来!?
実績見ても、これは滅茶苦茶強い馬ですよ。もはや伝説になる事を決定づけられてしまったと言っていいくらい。
2500の有馬記念を勝ったことで距離が伸びても問題ないことを証明。来年、どんなレースを走るのかはわかりませんけれど、これは本当にすごい馬になるぞ。

2着はディープボンド。凱旋門賞で大敗しましたがそれが結果的には良かったのかも。あのどろんこの酷い馬場で披露を溜め込まずに済んだとも言えますしね。
コントレイルが引退した今、現4歳世代では筆頭と言っていいでしょう。エフフォーリア以外の他の3歳世代に先着を譲らなかったのは先輩の意地というものですね。未だG1タイトルには縁がありませんけれど、来年はどこかで一つ獲って欲しいものです。目標は天皇賞春か。

3着はこれが引退レースとなるクロノジェネシス。史上初のグランプリ4連覇を狙った女傑でしたが、残念でした。凱旋門賞の激走のダメージが地味に残ってたのかなあ。調教師先生も慎重はコメントでしたし。エフフォーリアと並走していたにも関わらず、直線入るまでで前に押し出していったエフフォーリアから仕掛けがワンテンポ遅れたんですよね。結果、その時の差がそのままゴール板を通過した際の差になってしまったように見えます。
牝馬クラシックで三冠を分け合ったグランアレグリア。ラブズオンリーユーが有終の美を飾っただけに、クロノも見事にラストを飾って欲しい、という想いもあったのですが。
桜花賞・グランアレグリア。
オークス・ラブズオンリーユー。
秋華賞・クロノジェネシス。
この三人娘はほんと、伝説の三女神になりましたよね。それぞれが、競馬史に名を残し記録を残し記憶を残した名馬となりました。この3頭が牝馬クラシックを分け合った、というのはもうなんかドラマチックすぎて、現実感がないくらい。
クロノは最後勝てなかったけれど、無事走り終えることが出来て本当に良かったです。願わくば、鞍上には北村友一くんに乗っていて欲しかったですけどね。北村くんには頑張って怪我を治してはやく復帰して欲しいです。できれば、クロノの子供に乗れるように。

4着はステラヴェローチェ。5着にはタイトルホルダーと3歳世代が続き、来年こそがこのエフフォーリア世代の黄金期のはじまりだと宣言するような結果だったように思います。
ステラも一個、G1欲しいですよね。タイトルホルダーはあれ体重ちょっと太かったんですかね? 前行った馬が潰れたのを見ると、よく粘ったというべきか。しっかり5着に入っていますし、来年はもっと期待したくなる馬です。

これが引退レースとなる名バイプレイヤーだったキセキ。最後に主役に、とは残念ながらいきませんでした。代名詞である逃げも見られなかったのは、少し寂しいですね。長きに渡ってG1戦線で活躍し、いつもその名を見ることの出来る息の長い活躍をシてくれた馬でした。幾つもの名レースの見せ場を作ってくれた馬でもありました。なんだなんだと最近まで掲示板の常連であり続けた強い馬でもあったんですよ。7歳となるこの一年を走りきり、よく頑張った。お疲れさまでした。

タイトルホルダーの実姉であり、オープン馬としては歴代でも最少の馬格を誇る? ことから、一部で合法ロリお姉ちゃんとか言われてるとかなんとか、なメロディーレーン。
今回は352キロ。勝ったエフフォーリアが516キロだから164キロも馬体重が違うんですよねえ。ちなみに弟は476キロで標準くらいなので、お姉ちゃんだけなんでか小さいんですよねえ。
弟のタイトルホルダーが菊花賞を勝った翌週の古都ステークスで勝ち名乗りを上げて、お姉ちゃんもいるぞーと見事に主張してみせた彼女ですが、さすがに有馬記念はちょっとしんどかったですか。15着、無事完走してよかったです。ってかメロディーちゃんには2500でもまだ短いんかなあ。
来年はなんとか重賞勝ってOP馬からもう一つ上にあがってほしいものです。

エフフォーリア、素晴らしいレースでした。今年の締めくくりに相応しい、激戦でありました。
来年のエフフォーリアのさらなる飛躍が待ち遠しいです。

って、まだもう一日あるんだよなあ。有馬記念が最後じゃないの、こればっかりは未だに慣れない。