【美少女エルフ(大嘘)が救う! 弱小領地 ~万有引力だけだと思った? 前世の知識で経済無双~】  長田 信織/ にゅむ 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
見てろよ、異世界。ボクがこの弱小領地を経済大国(イギリス)にしてやる!

アイシアは激おこした。育ての親で、いつもデレデレに甘やかしてくれるエルフのロリママが政略結婚するというのだ。
アイシアに政治はわからぬ! でも経済はちょっとわかる。貨幣足りない、特産品も無い。それがダメじゃね?

こうなったら、ボクがその土地を経済大国にして、ママの婚約をぶっ壊してやる!
……そう、イギリスの造幣局長だった前世――アイザック・ニュートンの経済知識を使ってな!

ハッタリをかまして資金調達! 魔族から徴税し、公営ギャンブルで経済を回す! 一見、悪徳商人めいたアイシアの奇策は、弱小領地をどんどん大国に染め上げていき……!

『数字で救う! 弱小国家』著者による、爽快【経済】無双ファンタジー開幕!



はい、万有引力だけだと思ってましたーー!!
アイザック・ニュートン、マジモンの怪物じゃないですか。なんだよ、ただの学者じゃなかったのかよ。歴史の偉人って知れ渡っている功績だけでも半端無いのに、中にはそれですら氷山の一角だったりする人がわりと多いものですが、ニュートンはその中でも際立った一角だよなあ。この人、経済史においても相当の偉人なんじゃないのか?
それにもまして、明らかに人格的に問題があるんじゃねえの? という人格破綻者としてのエピソードも盛りだくさんなのですが。
なので、そんな彼ニュートンが生まれ変わった時…彼女、女性になってしまっていた。いわゆるTS転生した結果、メスガキ化していたとしてもさほど違和感がなかったというか……。
折々に触れて過去のニュートンの際のエピソードをアイシアが語るのですけれど、財政改革の知見と経験、ロジックを語ると同時に人としてどうなんだろう、というアレなエピソードも開陳されてしまうために、頭がよい意外は人間的にダメなダメエルフ、お調子者で傲慢で自信過剰で生意気でイキリ倒しているメスガキなキャラクターも、アイザック・ニュートンならさもあらん、この人が女になって転生したらこうなっても仕方ないなあ、と思えてくる不思議。いやこれ、ニュートン氏への深刻な風評被害になるんじゃないだろうかw
でも、各エピソードは史実であるそうな。

ともあれ、どんなに性格が悪かろうとも。ハーフエルフだから、という出自じゃなく多分その性格からエルフの里で浮きまくっていたくらいのヤバいマザコンだったとしても、アイシア・アイザック・ニュートンの経済人としての知見は本物である。学者としての理論のみじゃなく、経済官僚として組織をぶん回し、組織の構造改革から財政改革からそれ造幣局の職掌じゃないんじゃね?というところまで手を伸ばして蹴り倒しまくって暴れまくった豪腕は、そのへんの小物の悪徳商人や寂れた辺境領地程度の代物では妨げられない知と実行の暴力でありました。
いやもう、これ暴力ですよね。暴力の範疇ですよね。ただ、面白いのは勝者と敗者の居る暴力ではなくて、行き詰まりの閉塞の壁をぶち壊す暴力であったこと。正直、あの小物の悪徳商人は自爆した上に自分自身が閉塞の壁の一部になろうとしたために巻き添えくらっただけで、商人としてまっとうに判断していればこのバブル経済発展に普通に乗ることも出来たでしょうに。
あれだけ雪だるま式に経済規模が膨らんでってたら、相乗りしただけで爆儲けですよ。阻止しようとしたことはほんと自分の権力に目が曇っていたとしか言いようがない。まあ、その権力の維持のために犯罪に手を染めて、意図的にこの地域に閉塞をもたらしていたのだから、後に引けなかったというのもあるのでしょうけれど。
本来なら、ここまで盛大な構造改革をやろうとしたら、治安なんぞ覚束ない辺境の土地なら、それこそ物理の暴力に狙われることも不思議でないのだろうけれど、何しろパートナーが辺境とはいえ領主の嫡男であり、傭兵から貴族に成り上がった軍人貴族でその中でも極めつけの武力の持ち主ときた。この地域の政治権力と武装暴力の頂点がパートナーなんだから、やりたい放題出来るよねえ。いちばん大事な「信用を得る」ための背景が望み得る最大限でしたし。
権力構造がシンプルだったのも助かるところだったんじゃないだろうか。前作の【数字で救う! 弱小国家】だと主人公のパトロンとなる姫様が権力基盤もなく武力もなく貴族勢力からは異端視され、とないない尽くしでしたからねえ。
ティンダリオス君てば、幼馴染なんだからこのメスガキ半エルフがどれほどえげつない人物かわかっていたにも関わらず、よくまあチップ全部賭けたもんである。彼女がやろうとしていることがどれほど詐欺じみて悪辣であると理解できて、しかしその仕組がどうなっていてどういう結果が起こるかよくわからない、という状況にも関わらずである。これ信頼できる要素皆無に近いんだけどなあw
幾らロリママを、このダリオスくんに嫁がせたくないからといって。そのロリママへのマザコンっぷりこそが信用できたのか。
……このどうしようもないダメエルフに、ほのかに好意を抱いてるっぽいのがまた、ダリオスくん趣味悪いとしかいいようがないんだが、人の趣味はそれぞれだからなあ。
でも、孤児の子たちをこっそり支援していたり、命がけの状況でビビり倒しながらも自分だけ逃げずに、献身のために殺されようとしている人を助けに行ったり、と自堕落に見えて本当に困っている人は見捨てないし、身を粉にして助けようとする娘でもあるんですよね。そういうなかなか外側からはわかりにくい面をダリオスくんはちゃんと見ている、と思えば幾ら暇さえあればマウントとろうとするメスガキには得難い勿体ない幼馴染なんじゃないだろうか。いい加減、弟弟子なんてマウント取ろうとせずに、お兄ちゃん呼ばわりすればいいのに。わりと一撃でコロッと行きそうだけど、ダリオスくん。いや、結構アイシアの方がデレると堕ちそうでもあるか。もうちょっとティンダリオスくんには分からせる押しの強さが必要ですか?