メイケイエール、ちゃんと走るとあそこまでガチンコに強いのか。
いや、このシルクロードSで重賞四勝目になるんだから、実績からしても十分強い馬なんだが、去年の春以降のあのまともにレースにならない頭に血が昇ってしまう暴走っぷりを見せられていたから、強い弱い云々より以前に、普通にレースで制御不能の馬という印象になってしまっていましたからね。
それも、前走で悍馬の達人とも言うべき池添騎手に乗り代わって、スプリンターズステークスでちゃんと騎手のコントロールが効いてひょいっと4着に入ってしまったのを見て、復活の気配はただよっていたわけですが。
これはもう陣営が立て直しをよくやってのけたという他ないですよ。
あのパシュファイアとか馬具ガチガチにつけての出走は、拘束具つけまくって走っているようにも見えてしまいましたがw
でも、これは本格的に高松宮記念、見えてきたなあ。一瞬、騎手と喧嘩したようにも見えましたけれど、馬群の中ですぐに我慢して走ってましたし、直線入った時のあの抜け出した方は強いの一言でした。
正直、メイケイエールは気性の問題でスプリンター路線行ってますけれど、もっと長い距離も行ける馬だと思っているのでマイル戦線まで行ってほしいものです。今回の勝利で色々と希望が膨らんできました。

カレンモエちゃんの方は、いささか力不足になるのかなあ。あれで馬群に沈んでしまうというのは。重賞、一つは獲ってほしかったんですけどね。お母さんのカレンちゃんほどとはいかないかあ。