【姫騎士様のヒモ】  白金 透/マシマ サキ 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

悪徳の迷宮都市を舞台に、 一人の『ヒモ』とその飼い主の生き様を描く!

★第28回電撃小説大賞《大賞》受賞作★

灰と混沌の迷宮都市『灰色の隣人(グレイ・ネイバー)』。
数多のモンスターと財宝を孕むダンジョンの鮮烈な灯りの影には、必ず害虫が潜む。そんな掃き溜めに咲く汚れなき深紅の花が姫騎士・アルウィン。王国再興を志し秘宝を求めるダンジョン攻略の急先鋒――そして彼女に集る元冒険者・マシューは、この街に数いる害虫の一人だ。
仕事もせず喧嘩も弱い腰抜け、もらった小遣いを酒と博打で浪費するクズ、そう人は罵る。

――しかし、彼の本当の姿を知る者はこの街にはいない。

「お前は俺の飼い主(おひめさま)の害になる――だから殺す」
「おい、てめぇ! ただの腰抜けじゃ……ッ!」
「内緒にしてくれよ。俺たちみたいな害虫が何をしているかなんて、彼女は知らなくていいんだ」

――彼は自らの手を汚すことを厭わない。

「マシュー、お前は私にとって大切な命綱だ」
「君が必要とする限り、俺はこの手を離さない。言っただろ。俺は君の『ヒモ』だって」

――全ては姫騎士様のために。

選考会騒然! エンタメノベルの新境地をこじ開ける、衝撃の異世界ノワール!




これはまた……電撃大賞にこの作品を選んだのか。思い切ったなあ、電撃文庫。
ちょっとこれは読み終わったあと、感情が落ち着かなくなってしまっています。多分、思っていたよりも遥かに、主人公のマシューが重たい人間で、その行動原理……というよりもその結果、容易に彼が超えてはならない一線を超えてしまった事に、ショックを受けているのでしょう。うん、そうだ。衝撃を受けているのだ。
多分、その一線さえ超えなかったらマシューというキャラクターは自分の中ではダークヒーローの区分だったんですよね。決して善い人間じゃないけれど、良心があり仏心があり冷酷に徹する事があっても友情を大切にし小さい子を慈しむことができる、無頼漢で悪徳に塗れ残虐行為も辞さない男だけれどだからこそ人らしい人、人間らしい混沌を内在した男だと、そう思っていたのだ。
でも違った。いや、違わないけれど、彼はそういう様々な要素を混在させた複雑で一言で言い表せない地べたを這いずって、でも確かに生きている息吹を感じさせる人間性を、人間らしさを……確かに彼の中にあるそれらを、優先順位に従ってゴミクズのように掃き捨てる事のできる男だったのだ。
みっともなく、己の中にある友情や親愛によって結ばれた関係にしがみつきながら、それらを求めながら、一番優先すべきもののためならば一瞬の躊躇いもなく無価値に置き換えられてしまう人間だったのだ。
それは、彼が憎み憎悪し殺意を滾らせる太陽神に、すべてを捧げる信者たちに、どこかそっくりに思えてしまったんですよね。
マシューにとってのその対象は、神ではなく姫だ。てっきり自分はそれを愛情によるものだと思っていた。或いは、まだ二人がどうしてヒモとその飼主になったのかのエピソードが開示されるまでは、何らかの義務感や責務、離れがたい因果が関わっているのかとも想像していた。
でもどうなんだろう。彼の余りにも重たい、ヒモみたいな軽薄でいい加減な職業……職業?の男にしては、あまりにも重すぎる感情は、忠義や愛情などではなく……これはもう、信仰といっていいんじゃないだろうか。
彼は、狂信者というやつじゃないのか、これ?

ヒモなんてものをやってる男は、まあチャランポランでいい加減で軽薄で責任感なんて欠片も持っていない、刹那的に享楽的にただ今が楽しければそれでいい、みたいな生き方をしている人間のことを言うんじゃなかったんだろうか。女性を食い物にする、と言ってしまうとヒモを買っている女性の失礼かもしれないが、彼女らは彼女らなりに納得ずくで飼ってる場合もあるしねえ。でも、女性を良いように利用して寄生しているだけのヒモも少なくないはず。
空っぽで軽い、それがヒモのイメージだったのに。このマシューというヒモと来たら、鋼鉄のワイヤーでも編み込まれているんじゃないか、というくらいに重い。感情が重すぎる。普段の言動も行き方も軽薄で刹那的もいいところなのに。クズはクズでも、重いクズというのは粗大ごみとか産業廃棄物とか言って、処理に困るんだ。ヒモならヒモらしく、もっと適当に生きて適当に死ねばいいものを。この男は、思い定めてしまっている。決め込んでしまっている。アテられたのか? 何を見出してしまったのか。
その対象である姫さまは、姫騎士さまは決して完全無欠の超人などではなく、ただの女でただの弱い人間だった。いや、弱い人間どころじゃない、この物語の大半の人間に該当する「弱者」に分け隔てられるたぐいの人間だ。
そりゃさ、完璧超人だとは最初から思わなかったよ。弱い部分があってこそ、自分の立場に苦しんでもがいている側面があってこそ、ヒロインとしても登場キャラクターとしても映える部分がありますからね。弱さを抱えているからこそ、弱さに負けずにそれでもっと頑張れるからこそ、人物像に深みが出てくるのですから……なんて思ってたら、負けてるっ、この姫、弱さに屈しちゃってるッ!! これはあかん! あかんことになってるやないかッ!! ちょっとここまでラインを超えちゃっているとは思っていなかっただけに、ショックを否めず……この作品、あらゆるところで想像の向こう側を、本来なら超えてはいけないだろう向こう側へと踏み越えちゃうものだから、感情をぐちゃぐちゃにされるんですよ。
それでも、姫様は自分の命綱を見つけて、それにしがみついて何とか踏ん張っている。一度堕ちたであろう状況から、命綱を手繰って崖っぷちにしがみつくことに成功している。意思も折れていない、なんとか折れたのを接ぐことは出来ている。頑張っているのだ。
その彼女の命綱がこの男だよ。この男の昏すぎる重すぎる決意こそが命綱だよ。これ、ハッピーエンドがありえるんだろうか。なんもかんもが、もう取り返しがつかないような気さえする。
ある意味、ヴァネッサが訴えた解決法が、逃げてしまえという助言こそが、ハッピーエンドへの最後の筋道だったのかもしれない。ただの当たり前の幸せを穏やかに受け取れる、最後の一線だったのではないだろうか。
でも、マシューはそんなヴァネッサの親愛に、あんな答えを出してしまった。答えてすら、応えてすらやらなかった。眼中になく、一顧だにせず、彼は信仰に殉じたのだ、最悪なことに。最悪だよ、本当に。
でも、もうそんなだからこそ、マシューはそんなだからこそ、もう既に幸せなのかもしれない。もう彼はとっくの昔に、姫に魅入られたあの瞬間から、ハッピーエンドを迎えてしまっているのかもしれない。今、彼は幸せの真っ只中なんじゃないだろうか。なにしろ、ヒモを堪能し全うしている真っ最中なんだから。
……地獄だ。
この汚くて暗くて胸糞悪い灰色の迷宮都市自体が、地獄で監獄なんだろう。誰も彼もが、囚われたみたいにこの街から出ていこうとしない。弱さゆえに、この悪徳の街に皆がしがみついている。離れられなくなっている。振り返ってみれば、この街から出ようとして出れた登場人物はいただろうか。やり直すために、やり直させるために、この街から出ようとした、送り出そうとしたキャラは、軒並みろくでもないことになったじゃないか。無事に出れたと思った人まで、あんな無残なことになったじゃないか。
暗鬱になってくる。誰か一人でも、メリーバッドエンドな幸せじゃなく、当たり前の幸せになってくれる人がいるんだろうか。エイプリルが最後の砦だよなあ。アラモ砦かよ、という感じだけれど。