ウマ娘、一周年で色々とイベントもあり、新ウマ娘の発表ありと盛り上がっております。
自分、現状ではなかなかアプリのゲームは時間がなくて出来ていないのですけれど、なるべくチェックは続けているのですが、先日の諸々の発表で自分的に一番テンションあがってしまったのは、やはりこの馬のウマ娘としての発表でありました。

ヤマニンゼファー。


トウカイテイオーやナイスネイチャの同期であり、トウカイテイオー以外では唯一のG1馬。
この馬のことは本当に好きでねー、本来はニホンピロウイナーの仔という事もありマイラーまでだったんでしょうけれど、見事に天皇賞(秋)を勝った事で中距離でも覇を示したんですよね。
私、なんでか2000前後の中距離が強い馬、特に天皇賞(秋)とか大阪杯とかを勝つ馬がものすごい好きなんですよ。ネーハイシーザーとかアーネストリー。結局G1に手が届かなかったけれど、ショウナンマイティとか凄く応援していました。
その原点とも言えるのが、このヤマニンゼファーだったのです。今でも五指に入るほど好きな馬なんじゃないかな。
彼の1200から2000までの距離三階級制覇は、競馬史でも稀代にして最強のスプリンターであるサクラバクシンオーやニシノフラワーという高すぎる壁に阻まれてしまいましたけれど、いやなんでよりにもよってこの時の相手がニシノフラワーだったりサクラバクシンオーだったんだよ、って話でさぁ!
うん、まあこの時に印象はとても強くて、結局このあと、スプリントG1、マイルG1、そして中距離の2000メートルG1の三種を制覇するような馬、どころか三階級制覇を目指すような馬も現れなかったのですけれど、だからこそグランアレグリアの挑戦には燃え上がったし手に汗握ったんですよね。
グランアレグリアのこと、あれだけ好きになったのは過去のヤマニンゼファーの姿が間違いなくあったと思います。

競馬史に残るマッチレースと言えば、ダイワスカーレットとウォッカの天皇賞(秋)、ナリタブライアンとマヤノトップガンの阪神大賞典などがウマ娘関連では良く語られますけれど、このヤマニンゼファーとセキテイリュウオーの天皇賞(秋)での一騎打ちもまた競馬史に残る激アツの一戦なので、是非映像を見てほしいし、ヤマニンゼファー実装の際には再現してほしいなあ、と願っております。



アニメの二期にもイクノディクタスの回想でワンシーンだけ登場しているんですが、あのデザインと勝負服はけっこう好きだったので、あのまま来てくれても良かったんですけどね。結構、デザイン変えてきましたねえ。
マイルの皇帝ニホンピロウイナーと、皇帝シンボリルドルフの最高傑作が同じ年に生まれていた、というのは運命的とも言えるだけに、皇帝の後継者たちによる対決が叶わなかったのは非常に残念でもあるだけに、ウマ娘シナリオの方では期待してしまいますよね、これ。

さて、他にもアニメの特別編ではまだ名前も明かされない新ウマ娘が登場していましたけれど、サトノクラウンは元より、もうひとりの白と青ベースの帽子被ってる娘は、わりと速攻でシュヴァルグランじゃない?とわかりましたね、あれは。キタちゃんの同世代見渡したら、シュヴァルの勝負服とあの帽子の印象そのまんま一緒でしたしねえ。帽子の錨マークには気づきませんでしたけど。
着々と新世代が登場してくるのは、ワクワクしてしまいますなあ。