令和のツインターボ爆誕! なんて、言われてますけれど、パンサラッサ、これガチで強くないですか!?
最初の200メートルこそゆっくり目で後続をひきつけて、そこからぶっ飛ばしての最大加速。そこから6ハロンを全部11秒台で疾走してますからね。
この高速レースに、先行してパンサラッサを追走していた馬たちが軒並みすり潰されちゃってるんですよね。
前に居た馬がほぼ脱落していく中で、パンサラッサは悠々と後続をぶっちぎり、さすがにラスト200は速度が落ちたものの、後ろが追いつけるような距離ではありませんでした。あれ、後続も脚使わされちゃってたんだろうなあ。
前に居た馬は、ほんとに壊滅。あがり3F見てもバテバテだったのがよく分かる。

負けた時は大敗、ということからツインターボ師匠の名前が出てきたんだろうけれど、師匠には悪いけれど泥臭いレースっぷりだったターボと比べても、パンサラッサは快速が目立つんですよね。1000メートル通過タイム57秒6でぶっ飛ばして、最後まであの勢いで走りきれたのは速いし強いですよ。
有馬記念は流石にロードカナロア産駒という事もあって距離的に長すぎでしたから度外視として、2000メートルのリステッドから同じ2000の福島記念、そしてこの中山記念と勝ちが続いていますからね。こりゃG1も狙える逸材として覚醒してきたんじゃないでしょうか。
と、思ってたらちょうど、ドバイターフへの出走が決まったとのニュースが。
これは期待してもいいかもしれません。なんか、パンサラッサってわーい遠征大好き!という珍しいタイプの馬みたいですし。まあ、国内移動は遠足気分でも、海外となると本格的な旅行になりますから同じ心持ちでいけるかどうかですけれど。

一番人気だったダノンザキッドは案外と言うべきか予想通りというべきか。ホープフルSを勝ったG1馬ではありますけれど、上の世代を喰いまくってる最強世代の一角でありながら、クラシックでは泣かず飛ばずでマイル戦線に活路を見出そうとしているみたいですが。どうもひ弱な印象が抜けないんですよねえ。それにしても7着はいいところが全然なしでしたけれど。
これなら、同じ世代でもアドマイヤハダルの方が将来性ありそう。
2着のカラテは本当に安定感が今年に入って出てきましたね。これなら菅原くんに3つ目の重賞をプレゼントする日も遠くないと思います。今回もチャンスだったと思うんだけれど、パンサラッサが想像以上に出来物だったなあ。このご時世にここまで本格派の逃げ馬の登場を見られるとは。