ダンビュライト、途中からズルズルと馬群から落ちていって大丈夫か!? 怪我!? と心配したのだけれど、心房細動だったのか。無事みたいで良かった。彼も長く一線で走り続けた馴染みの馬ですしねえ。

さて、レースの方は圧倒的一番人気のディープボンドがもうこれは完勝といっていいでしょう。危なげないのない競馬で、去年に引き続きこの阪神大賞典を連覇。ただ去年よりも貫禄みたいなものを感じるなあ。ってか、まだG1馬じゃないの? と思うほど。
これは天皇賞春、負けらんないぞー。相手は菊花賞馬タイトルホルダーか。これは名勝負になりそう。

2着は石橋騎手鞍上のアイアンバローズ。見た限りではほぼほぼ文句なしのレース運びしてるんですよね。3着のシルヴァーソニックを最後突き放しているところを見ても、石橋くんのコメント通り良く伸びている。これをゴール前でスッと躱しちゃうのだから、むしろディープボンドの強さが目立ってしまったところですか。
でも、決して悪くない二着でしたから、次走も期待できそう。
2番人気のマカオンドールは3コーナーからピッタリとディープボンドの後ろに付けていたのですが、直線入ったところでワンテンポ、ギアが入るの遅れた感じだなあ。直線伸びてきているのは間違いないだけに、反応の遅さがまずかったのか。父ゴールドシップ譲り? これはレース運び次第でなんとでもなりそうだし、まだまだ見放す段階じゃないよね。
でも、早いところ重賞の一つはほしいよねえ。